親を見返すために就職してやる

オヤジにうるさく言われるので転職で収入を上げたい

派遣事業所には、さまざまな理由で就職・転職を求めて来られる方がいます。ぼくがニートや引きこもりを経験してる影響か、話が合う方もいらっしゃいます。

 

元ニート・フリーターという肩書(?)は、周りのアドバイザーより頼りになるようで(汗) 話していると、転職のアドバイスよりも「親を見返すには」といった話も出てくるんですね

「親を見返すために働くなんて・・30代にもなれば自分のために働けよ・・」と思う人もいるかと思います。でもぼくを含め、ニートやフリーターという社会的に認められない環境で育った人は「見返す力」は時には大事なんです。

 

どんな人にも、「見返したい力」があると思いますが、今回はニート・フリーター限定でお話させて頂きます。

「親を見返すための就職」を希望する人は、とても多く存在する

  • 収入アップしたい
  • 職場が嫌い
  • 興味のある仕事がある

 

何でもいいのですが、みなさん仕事探しに来られる以上は動機があるんですね。ただ、中にはニートやフリーターという立場から「親を見返したい」という人も来られます。しかも、それなりに多く。

かくいうぼく自身もブログで転職記録を書いていますが、過去にニートやフリーターで苦い思いばかりしている人間。あまり露骨に書いていませんが、周りの人間を見返したい気持ちは強くありました。

 

特に、身近にいる親などはニートやフリーターという立場であることをディスるんですね。「まだ働かないのか」「いつまでバイトなんだ」と。

こういう言葉に、ぼくは傷つき生きてきたので、派遣に仕事を探しに来られた同じような方の気持ちがわかります。

 

そして、何よりお伝えしたいのは「見返したい」という動機だけで働くことは非常に有効な手段になってくるということ。きれいな理由なんて要らないんです。

給料が欲しいとか、やりがいのある仕事とか。世間はそういう動機を求める傾向があるけれど、自己肯定感が育ってなかった人などは「見返す気持ち」だけで十分働けます。

 

「志望動機は見返したいから」だったとしても、そこはサポートの人たちがしっかり考えてくれるわけですから。実際、「親を見返す」と仕事を探しに来られた37歳男性の志望動機を、なぜかぼくが考えたことがありますので(汗)

今、全くやりたいことがなくても現状を動かすための就職は悪くありません。もし、親がうるさくて見返したいなら就職で勝負することが必殺技になることは多いです

 

親御さんを見事に見返した37歳男性のケース

先ほどの37歳男性ですが、今回書いているのも親御さんを見事に見返したからです。この方は、28歳から9年間ほどニート状態だった方。(守秘義務があるので、少し年数はごまかしてます)

さすがに9年も働いてないと、親御さんにめちゃくちゃ言われていたようで・・。病院などに連れていかれて病気扱いされることで悩んでいました。

 

彼が働かないのは理由があり、「過去に職場で嫌な思いをしたトラウマ」があっただけなのですが・・。そういう理由を親御さんは受け入れなかったんですね。

そこで、ぼくは彼とお話した際に「職場環境をまずは見学してみてはどうでしょう」と持ち掛けたんです。(職場って働かないとわからないけど、雰囲気だけでも見ておくと違うので)

 

それが功を奏したというか、何となくフィーリングで「この職場なら大丈夫だろう」と就労を決意。3社ほど見学に行ける職場の中から、1つに絞られました。

紹介予定派遣からなので、正規雇用に向けて動いてくれています。

 

動機は、まさに親御さんとのトラブルからの「見返し」でしたが進歩がすごい。ぼくもニート時代を思い返すと、やはり家に閉じこもっているだけでは苦しかったのでじぶん事のように嬉しかったです。(参考リンク:ぼくのニート時代)

 

今の彼は働いていて、家での居心地もすごく良いようです。ドヤ顔ではありませんが、まさに働く男として見返している状況。次は、正規雇用されて稼いだら家を出る資金を作ると前向きになっています。

ネガティブに考えがちな方は、こういう「見返し力」を前面に出して就活されることを経験上オススメしたいですね。

 

30代ニートやフリーターの方でも、こういったケースは本当に多いです。

働くためのハードルを感じる方ほど、企業との間を仲介してくれる人材コーディネーターのいる求人環境を選ばれるといいでしょう。

 

転職エージェントや派遣会社なら、担当者がついてアドバイスをもらえるので。ぜひ当ブログも参考にしつつ探されてみて下さい。オススメはDODAリクルートエージェントですね。

誰かを見返すために働いて、結果的に幸せな道に進めるなら一石二鳥ですからね。良い未来に進まれてくださいませ。

 

(参考リンク:DODA利用の経験談)

(参考リンク:リクルートエージェント利用の経験談)

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。