3月ということもあり、求職希望者の方が増えています。ぼくの派遣事業所も、問い合わせが増加しています。

そういった中で、すぐにでも仕事を紹介できる人材がいらっしゃったんですね。

 

先月来られたAさんという男性(34歳)でフリーターをされている方なのですが、スキルに関しては特に問題はありません。パソコンを使え、過去に営業もされており紹介できる職場があったのです。

彼の場合、ちょうど病気で前職を辞めてフリーターをしつつ再起を願っていたところ。そのため、派遣事業としても応援したいと思ったのです。

 

ところが、フリーターであるにも関わらず、企業側との面談日程が埋めにくい状況が発生

Aさんいわく

  • バイト先のシフトが動かせない
  • 勤務時間の都合で、先方企業の予定に合わせることができない

ということが起こりました。ふつうに考えればバイトを軽く放置して、正社員としての仕事面接を優先するものですが。

 

それがムリだと分かったのは、実はブラックバイトに、このAさんが陥っていることで判明したのです。

学生の間で問題になったブラックバイトは、30のフリーターにも起こるということ。この問題が、今月に入って解決したので方法論を書いておきます。

 

正社員のいない場所で、フリーターが正規雇用並みに働いてしまう

Aさんの問題はすぐにわかりました。飲食チェーン店の1つで働いており、ほぼバイトだけで回している職場だったんですね。正社員1名(店長)を中心に、他は非正規パートやバイトで埋めている状態。

必然的に、年齢が上になっていたAさんをバイトリーダーとして雇っていたということです。リーダー手当として、時給を100円多くもらっていたようで責任を感じていることがわかりました。

 

こうなると、フリーターでも正社員並みに責任を感じますよね。(100円で弱みを握ってるようで悪質だと思いますが)

彼のような「正社員になるために、面接に行きたい」という人でも休みが取りにくくなるわけですから。

 

すぐさま、当社のアドバイザーと対策を打ちバイトを抜ける手続きを取るように勧めました。

ここから、彼がブラックバイトを抜けた方法は3つあります。

 

①    客観的におかしいことを認識する

まずは、彼が洗脳に近い状態にあったことを認識してもらうことにしました。

「転職がしたいから派遣に来ました」と言っているAさんですが、いざ転職のお誘いをすると「バイトがあるので、その都合だとどうしても無理なのです」とふつうに返すんですね。

 

もちろん、こちらに申し訳ない気持ちで語っているのですが、彼はじぶんが置かれている状況を見失っていました。

ぼくもブラック企業で働いていた経験があるのでわかりましたが、明らかに客観性を見失っている状況です。「今いる場所の規則が絶対で、逆らえない」と思い込んでいたのです。

 

これは、丁寧に事実をお伝えして、「転職がしたい」という彼の気持ちを確認してもらいました。

「バイトが休めない」というのは、一般常識で考えればありえないのです。ここをお読みの方でも、正社員になりたいのに今の職場が時間を与えてくれないという状況があるかもしれません。

でも、今の職場ではどうあってもバイトしか席が無いことを客観的に考えるべきです。おかしいなと思えば、そこから動き始められるのですから。

 

②    「会社ルール」は、「法律とは別物」として行動してもらう

また、Aさんは「じぶんがバイトリーダーなので抜けてしまうと責任を問われる」と言っていました。バイトなんだから、仮にバックレしても大丈夫なんですけどね。

とはいえ、ぼくたち派遣会社が「バックレを示唆」というわけにはいきません。ぼく個人的には、バックレしてもいいと思っていますがww

 

Aさんの会社は、飲食チェーン店ではあるものの、ルールとしておかしなものがありました。ぼくらも聞いて驚いたんですけど・・。

 

「勝手な休暇や、無断欠勤は1日あたり3万円の損害賠償をする」

 

確かに、こんなのを事前に言われていたら正直なところ怖くて休めません。とんだブラックです。でも、これらはあくまで会社の勝手な言い分

仮に勝手に休んだ、無断で欠勤したとしても法的な力はそこに介在しません。会社内のルールは作れても、法律まで会社で左右させることはできないのですから。

 

ましてや、バイトに過重な責任を押し付けて縛っている悪質な経営です。この場合は、仮に休んだとしても訴えられることは無いという話を聞いてもらいました。

こういうことを知った上で行動してもらわないと、ハラハラしたまま転職活動をすることになるからです

派遣会社やエージェント会社は、こういう会社を絶対に扱いませんし許しません。社会的に悪質な企業は、長期的な目で見れば人を不幸にするからです。

 

③    違法残業について指摘し、予定をあらかじめ埋めて面談に行ってもらう

これらを踏まえた上で、Aさんから「バイトを継続する意思がなく、早く正社員になりたい」という要望を会社に伝えてもらうことになりました。

仮に伝えられない人がいる場合は、労働局などに訴えれば代理で電話してもらうことなども可能です。角を立てないために、Aさんは一人で言えたようです。

 

彼の場合は、「本来なら定時で終わって帰れる時間に上がれていない」ということが常態化していました。そのため、面接にも行けないことを職場に伝えたようです。

そして、「面談に行くためには予定を空ける必要がある」と前もって、早退することを告げることができました。これで、彼は面談に進めたということです。

 

違法性を指摘された職場は、やはり正論で言われると返す言葉もなかったようです。

今までは、会社ルールでAさんを縛り付けていましたが、「バイトよりも正社員になる」という要望を飲まざるを得ないのは職場も理解していました。バイトを縛る権限など会社にないのですから

もちろん、Aさんが正社員だったとしてもです。会社に縛られて転職できない方は、彼のケースを参考にしてみると良いでしょう。

 

ちなみに、彼は面談に行った後日に採用が決まりました。ちょっと不器用で気弱なところが見受けられるも、会社のために頑張ってくれる姿勢が伝わったからと企業さまから伝えられています。

このケースから「ブラックバイトは許してはいけない」と、改めて思わされました。

ちょうど転職シーズンですが、会社に縛られている方は毅然とした態度で、行動を起こして頂ければと思います。相談機関はありますし、派遣やエージェントも手助けしてくれるため悩みを抱え込まないことが大事なのです

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。