彼女を作りたいなら、婚活イベントが手っ取り早い

ぼくも、ついに念願の彼女(32歳)が出来ました。(仕事が決まった時より嬉しいw)

30代の転職応援ブログをやってる間に40歳になってしまって焦っていたのですが・・。

 

婚活イベントや、合コン、出会い系サイトなどで異性を求め続けていたので一安心。

ただ、ニートやフリーターといった道を歩んできたぼくに彼女が出来たことは、就職したことより大きな意味があると思うんですね。

 

なぜなら、結婚や恋愛を諦めている30代の方も多いからです。そんな30代に向けて婚活イベントに参加すべきという話をしてみます。

婚活イベントは、女性の気持ちがダイレクトに可視化される

色々と彼女探しに奔走しつつも、ぼくは婚活イベントで彼女をゲットできました。婚活イベントの良いところは、やはりお相手の気持ちが分かるという点

第一印象カードで、良かったと思う異性に「〇」をつけるんですが、これを付けてくれるということはその異性に取ってあなたは「アリ」と言ってくれているようなモノ。

 

これに助けられて、今の彼女が出来たのがぼくです。

第一印象は向こうが「あり」をつけてくれていて、ぼくは「特に何もなし」という感じだったのですが・・(汗)いいと言ってくれているのだから、迫ってみたという話。

 

こうやってどの異性がじぶんを評価しているのかが分かると言うのは、すごくありがたい話。

就活などだと、面接に行ってもどう思われてるかわからないまま終わりますが、婚活イベントなら違います。

相手がこちらに好意を寄せてくれると分かった瞬間、狙っていけば高確率でカップリングできますからね

 

30代婚活者は、有利な条件が整いやすい

ぼくの場合、年齢的に一部の人にしか相手にされませんが、それでも10人いたら2~3人から良しとされる具合

打率3割!?と聞くとすごいように見えますが、これはトリックがあって「複数人に〇を付けても良い」というルールがあるから、女性も気楽に付けてくれるんですw

 

カップリングを見ていると分かるのですが、この「〇アリ効果」で複数のカップルが誕生しています。

年齢的に30代は結婚適齢期ですし、20代後半くらいの女性なら「30代で遊びは無いだろう」と見られているのも大きいでしょう。40代に入ったぼくなんかは、ガチ以外の何物でもないですからw

 

事実、20代後半くらいの男性がカップリング無しのケースを見ていると、「本気度の査定」で女性からは不利になるのだろうという印象もあるほど。

ぼくのように、過去にニートやフリーターをしていることは事前に言う必要も無く、ただただ適齢期というだけで相手にされる確率が上がると言うことです。

 

20代後半くらいの女性なら、30代くらいがいちばん落としやすいように思います。そのせいか40代のぼくは、ほぼ20代に相手にされていないです・・w

 

どういう婚活イベントを狙えばいいのか

コツとしては、第一印象チェックがある婚活イベントならどこでもいいです。ぼくはシャンクレールという婚活イベントで上手く行きました。

3回ほど参加してようやく彼女をゲットしたのですが、年齢的に不利を受けていたので30代で行っておけばよかったと後悔。

39歳と40歳では、1歳差でもイメージ違うじゃないですか(汗)

 

30代ならもう少し評価されていたのに・・とか思っちゃダメなんですがw それでも時間は過ぎ去るので30代で動くに越したことは無かったですね

 

第一印象を「良し」としてくれた人に対して、こちらからフリータイムで話しかける。

これが彼女を作るポイントになりますね。

 

シャンクレールだと、イベントの種類もバリエーションがあるので「狙いたい異性」との出会いを探すのにも向いています。

20代女性のみと知り合いたい30代男性の枠なども多いですから。まあ、ぼくはその枠に入れなかったんですが(汗)

 

お綺麗な女性も多かったので、悪くない環境だと判断しています。

就活情報とは違いますが、異性と仲良くなると仕事にもハリが出来るので頑張ってみて下さい。

 

年収とか書かされますが、ぼくはいちばん少ない350万未満でもそこそこ女性に相手にされたので大丈夫。(350万未満より下は突っ込まれないので安心できますよw)

あまり気負わず参加してみることが、手ごたえを感じる唯一の手段。ぜひぜひ彼女を作ろうではありませんか!


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。