ニート状態が長いけど、就職できますか?

先日、32歳のニートの方が派遣事業所に来られこう言っていました。ぼくもニートやフリーターを経て就職した身。心配される気持ちはわかるので、「大丈夫です。ぼくもです。」とお答えしてサポートすることになりました。

 

ただ、30代までニートをしていたわけですから、何らかの事情があって働けていないのも確か。働くにあたり「苦手なことがある」と想定できます。

そこで、ニートの人に伝えたいのは「何が苦手で働きにくいのか」を明確にすべきだということ。苦手なことが明確化できれば、必ずニートから働き始めることも可能なのですから

「苦手を避ける働き方」から考える。そんな就活があってもいい。

よく「苦手を克服しろ」とか「できない事から逃げていてはダメだ」といったアドバイスをする人もいます。しかし、これらのアドバイスは10代くらいの子供に向けて言うならいいんですね。

 

今回の32歳までニートをしてきた男性に、「今から苦手克服を頑張って就職しろ」というのは酷なんです。甘やかしでもなんでもなく、単純に非合理なんですよ。

ぼくがそうなのですが、20代の段階でも苦手なことに向き合い続けて、結果的にダメになったことが多くって。長所に向けるより、出来ない短所に目を向けると良いことが減るんです

もっと好きな事や得意な事に目を向けていれば、こういう人生は無かったとも思っています。

 

じゃあ、どうするかというと、「苦手を避ける」という就活。何が苦手なのかをハッキリさせたうえで、仕事を探す方法を伝授しておきます

 

コミュニケーションが苦手な人の就活

コミュニケーションが苦手で、働くことに恐怖感を覚えているニートも少なくありません。正直、コミュ障と呼ばれる状態の方でも正社員になれているので、気にすることはないのですが。

30代くらいまでニートをしたり、少しフリーターから感覚ができ、人と接していないのと苦手意識が強くなりすぎる傾向があるのも事実。

 

こういう方は、あえて苦手なコミュニケーションがある仕事を選ばなければいいのです。全くコミュニケーションゼロで働くことは不可能ですが、減らすことはもちろん可能。

 

工場勤務や、配達業務など人といる時間を減らす業種を探してみるのです。ぼくも工場経験がありますが、やはり人との触れ合いは減りますので。

バイトでも正社員でも、黙々と作業する仕事を選べば、少なくとも苦手な分野を意識する量は減るのです

 

厳しい環境が苦手

厳しい上司の元でグチグチ言われながら働くのが苦手な方もいます。プレッシャーをかけられて、結果的に辞めた経験のあるぼくもよくわかるという状況。

得てして、環境的に厳しくなりがちなのは、上司がなかなか指導してくれないケース。「仕事を見て盗む」ということは当然必要ですが、最低限の質問をしても不機嫌になる人はいるもの。

 

そこで、こういった厳しい環境下で働くのが苦手な人は、「初心者」や「未経験者」を大事に育ててくれる職場を目指すべきです

こればかりは、就職してみないとわからないのですが、ぼくだったら派遣会社を通します。それにより、内部情報と同時に新人に対するフォローアップがなされているか聞けますから。

エージェントサイトなども活用して、企業と通じた担当者がいるところで就活されるとプラスに働きやすいですよ。

 

知識や職業スキルがない。能力的に足りないので苦手

「能力的に、仕事に通用するものが無い」という人もいます。これはぼくも理由として持っていた時期があります。能力が追い付かないから仕方なしで働かないという負のループ

 

「未経験でも出来る仕事があるから」と言われるのですが。絶対的に、自分の能力を感じられない人はニートを選択し続けていることもあります。

この場合は、踏み出す一歩が必要なのですが、まずは未経験者が多い業界に入る前提で考えることをオススメします。

 

未経験者を採用している業種は、本当にど素人みたいな人がよく集まる傾向があります。

ぼくも派遣事業から、各業種に素人スタッフさんが派遣されるのを見ていますが、素人感が満載の人は本当に多いのです

パソコン仕事でいうなら、タイピングが片手操作しかできないくらいの素人さん。介護をしていたぼくは、まさにこういう感じでした(笑)介護は誰でも始められるので、必然的にそうなるのです。

 

ニートの方は、恐ろしいほど仕事にプロ意識を持ちやすいので、こうやって自分の中でハードルを上げる傾向があるんですね。これは、崩しても大丈夫なのです。

そういった、能力の無さや不足した部分を企業も想定して採用しますから。そもそも、能力が必要なら採用すらされない。こういう現実があるのです。

能力が無いのに採用されたとしても、焦ることは一ミリもありません。ゆっくり、マイペースで頑張ればいいのです。

 

苦手要素、働きにくい事情がある人は相談を受けよう

ぼくは派遣やエージェントサイトを利用して、「苦手な事」を伝えるようにすることをオススメしたいです。話の中で、明確化する苦手への対処も考えてもらいやすいからですね。

 

自分の中で抱え込んだ迷いや、不安はいつまで経っても解決しないんですよ。そういう時に、相談しつつ「こういう仕事もあるよ」と言われると、意外と勇気は沸くものです。

別に働かなくても相談に行くだけでも効果はあります。「ニートで苦手な事ばかりな自分だけど、しっかり仕事は紹介されるのだな」と。

 

「30代でニートだけど、仕事に誘ってもらえる」というの何よりの自信になりますから。ぼくの勤めているところも、30代ニートは受け入れているので働けないことはないのです。

「苦手」を克服できなくとも、サポートしてくれる態勢があるところ働いてみることをオススメします。ぼくは、カウンセリング付きでナビゲートしてくれる派遣がベストだと思います。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。