気になる会社の応募条件に該当していないため面接チャンスすら無い

求人条件をチェックしていると、気になる仕事を見つけても条件が揃わず応募できないことがありますよね。ぼくも就活していたころは、条件を見て諦めて来たので悔しかったです。

 

それが最近になって、例外的に条件外の人材でも応募チャンスがあることを知りました。派遣会社で働いていると、本当にいろんな求職の在り方を見れてしまいますね。

その例外的に応募チャンスを手に入れる方法は、「条件に満たないけれど応募させて欲しい」と頼み込むことです。特に30代くらいですと、なりふり構わず仕事を見つけないといけない状況。

 

条件外から仕事に応募、そして面接に進める可能性を高める方法をまとめました。

応募条件に該当しなくても、熱意で突破する方法

求人の質にも関係しているのですが、応募している企業が絶対に人材を確保できるかというとそうでもありません。派遣で求人を出しても、やはり掲載期間内に見つからないこともあるんですよ。

そのため、例外的に条件に該当しなくても受け入れる姿勢を見せる企業もいます。それが「熱意とやる気に満ちている人」ということです。

 

ただし派遣会社に限りませんが、条件提示している側がわざわざ条件に満たない人に声を掛けることはありません。←ここ大事です。待ってるだけではダメ。

 

しかし、応募者側にたまーにいるんです。

「この仕事をどうしてもやりたいけど条件に満たなくても出来ないでしょうか?」という方。こういう方から、「企業に問い合わせて欲しい」と言われると、とりあえず声だけは届けるようにしています。

 

すると、企業側も「条件に満たないのに応募したいとは・・」とやる気を買って面接に繋がることはあるんですね。最近このパターンで採用に進んだ方をぼくも見ています。

これには、「20代中心に募集していたけど30代も雇おうか」という話なども含まれてのことなので、30代求職者に取っては行動価値のある話。

 

熱意はバカにできないもので、ダメ元で伝えてみるといいでしょう。ぼく自身は「条件がダメ」と突きつけられたらそのまま問い合わせもしなかったので、今にして思えば損をした就活でしたね・・(汗)

 

どのように問い合わせするか迷ったら、メールで伝えることを意識せよ

ちなみに、問い合わせをする方法は利用求人サービスによって異なります。派遣、エージェントなど個別担当者がいるなら「どうしても働きたい」と伝えてもらうのが早いです。

しかし、求人サイトなどから見ただけの仕事の場合は伝えてもらう術がありません。そこで活用したいのはメールでの問い合わせ。急な電話で迷惑にならないですし、メールという相手の隙間時間に読まれるメリットを活かすべき。

 

応募条件に該当しないところから声を掛けるため、ここは慎重にならざるを得ないということです。

では、問い合わせメールの書き方について例文を用意してみました。問い合わせしたい時の参考にどうぞ。

 

問い合わせメールの書き方

設定として、「20代までの営業スタッフ」が募集条件に入っている企業に、33歳で応募すると仮定して書いていきます。

 

【件名:「(求人サービス名)」営業スタッフ募集への問い合わせ】

〇〇営業会社 採用ご担当者さま

突然のメールにて失礼いたします。私〇〇と申します。

現在募集されている貴社の営業スタッフ募集(20代まで)を拝見させていただきました。

 

そこで、ぜひ面接の機会をいただけないかと思いメールさせて頂いております。しかし、年齢制限で応募が出来ないことが分かりました。

私は現時点で33歳です。応募条件である「20代まで」に該当しておりませんが、今後も30代での採用予定はございませんでしょうか?

どうしても貴社での仕事に興味があったため、教えて頂ければと思います。

 

氏名、年齢、最終学歴、職歴

志望動機(条件に満たなくてもどうしても働きたい意思を伝える)

連絡先(住所、携帯番号、メールアドレス)

 

ザックリとしていますが、このように大まかに伝えたい話と軽い経歴を添えておくと良いです。相手にされなければ、それはそれでご縁が無かったと割り切って次に進めますので。

重要なのは、やる気と熱意があることをしっかり伝えることです。このケースでは年齢オーバーでの問い合わせを書いていますが、人によっては全く別の書き方になります。

 

条件に満たないということは受け入れた上で、それを上回るアピール内容があれば書くのも手。

ちなみに「30代の採用予定はないか?」と聞くことで、「この人材なら30代でもいいかな」と思わせる狙いで書いてみました。

 

リクナビなら、問い合わせの窓口も用意されている

分かりやすい例でいうと、リクナビなどは求人の最後に問い合わせ窓口が用意されています。「メールでの問い合わせ」なので、くれぐれも電話してしまうような失礼の無いよう気をつけて下さい。

また、条件外の求人を目にするまでも無くオススメしてくれる「スカウトシステム」などがリクナビNEXTにはあるため、登録しておくだけでも仕事のチャンスは広がります。

ぜひ積極的に活用することをオススメしておきます。


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。