この会社、ブラック企業だから辞めようかな?

でも、これくらいどこの会社に行っても常識なのかな

なーんて考えている人は多いですよね。ブラックどっぷりな会社に勤務していても、「どこに行っても同じだから辞めない」という方は多いです。

 

ぼくも、まさにこの状況に陥っていたことがあって、「どこに行っても同じ」だと思い始めると、いくらブラックでも転職する気が起らなくなるんですよ。

この会社はブラックだけど、今どき常識なのかな~とか思うのです。そのまま悪循環して、精神的に病むまで続けるという・・w

 

でも、辞めたい会社が本当にブラック企業なら、さっさと転職をした方がいいです。特に社風でおかしいところは、常識そのものが歪んでいるわけですから

ぼくが辞めるべきブラック企業の特徴を3つ挙げておきます。

社風は、「俺ルール」という独裁者の思考だと考えよ

そもそも、どこに就職しても同じという前提は崩した方が良いです。社風なんて、会社のトップが考えた「社会とはこうあるべき理想論」なわけですから。

仕事にやりがいを持つことに意味を見出す会社もいれば、仕事は金稼ぎの手段と割り切って、ドライに結果を求める場所もあるので。

 

つまりは、「俺ルール」なんです。

これを、あたかも常識にとらえてしまうと、痛い目を見るのは他でもないアナタになると思っておきましょう。独裁者という会社のトップの思考に合わす必要はありません

そんな独裁者のルールでも、これは辞めた方が良いという判断はつけておくべきです。

ぼくは、以下3つの特徴がある企業ならブラックと認定してさっさと辞めた方がいいと考えますね。

 

① 給料の未払いが頻繁に起こる

論外というべき話ですが、給料の未払いが起こり始めると辞めた方がいいです。ぼくも1度働いている時に、給料未払いというか遅延による支払いを経験したのです。

会社の空気的には、「遅れてでも払うから安心してね」という態度だったのですが・・。

 

この遅れてでも払う会社側はそのつもりでいいのですが、受け取る側としては心的な負担がハンパないのです。本当に払ってもらえるのか、疑心暗鬼で継続して働くわけですから。

賃金の未払いや、遅延が起こる仕組みそのものから、会社が上手く行っていない証拠とも言えます。

いつ支払いが停止されるかわからないので、さっさと辞めるべきブラックの代表格ですね

 

② サービス残業が、明らかにじぶんの我慢の限度を超える

「サビ残はどれくらいからがブラックですか?」と聞く人がいますが、これはその人によるとしか言えません。

一分でも我慢できない人もいれば、「逆に1~2時間くらいならふつうだよね」と感じる人もいるからです。

 

さすがに定時になって「はいーおつかれー」とはなかなか行きませんが、じぶん基準で「これならいいかな」と思うレベルの範囲にとどめた方が良いです。

残業も、1日1時間やれば毎月20時間は会社に奪われるわけですから。時間は奪われると損ですからね

考えておかないと、ダラダラ付き合うだけの関係になりがち。ご注意を。

 

③ 罵声、叱責が日常的に起こる

罵声、叱責が日常的に起こっている場合は、早々に辞めることをオススメします。「会社の社風として、うちは厳しいからねw」と誇らしげに思うようではダメです。

人権に踏み込んでいる可能性も高く、会社としてというより、人としてどうかと思う人の集まりになるでしょう。

人間関係によるストレスというのは、本当に積もり積もれば心を病ませる最悪なものです

 

ぼくは、上司から怒鳴り散らされる時期も長かったので、今もなお人とのかかわりが嫌だったりします。

こういうトラウマめいた状況にならないためにも、「ダメだここは」と思えば逆にこちらがキレ気味で辞めるという道もあるのです。

30代で就職できないなんて迷信だぞ!と言っているように、何歳からでもやり直しはできるのですから。諦めない姿勢が大事ですよ!


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。