情報に踊らされている30代が非常に多いので、少し言及しておきます。

ドキュメント30代非正規社員の実態~貧困から抜け出せない~

ニュース番組を見ていると、こういったテーマで特集が組まれていたりしますよね。こういった報道はじぶんと重なることもあってずっと見てきました。

 

この手の番組を見ると、次のような風景が報道されます。

  • 職安に行っても仕事が見つからない(落胆している当事者が映る)
  • 食事は健康に悪そうなインスタント麺やコンビニ弁当を食べている
  • 不採用通知をいくら受け取ったかという不幸映像

という具合に、「30代で非正規だとこういう生活になっていますよ」といった報道になりがち。

 

もちろん、当事者は本当に苦しいので問題提起として出演しているのは分かりますが。

でも、これらの報道から情報を得ても、あまり参考にならないんですよ。何というか、よし!未来は明るいぞ!という気になれない

ぼくもそうですが、これらの情報を過信して落ち込んでいた時期がありました

マスコミの報道は確かにその通りだけど、断片的な物でしかない。

テレビや新聞などで、30代以上の失業者とか非正規雇用者について取り上げられることは多いですよね。「30代の〇割が非正規で、将来的に保証がない!」みたいな内容です。

でもこれって、本当に断片的な「ある種のネタ」なんですよ。

 

テレビ的には、視聴者に見てもらうために「悲惨な実態」を放送しないといけませんし、新聞などフェアな情報メディアでも読まれないと意味がないと不幸なネタを取り上げます。

特に、就労の環境についてはブラック企業など雇用状況の悪化がありますから、食いつく人は多いのです。逆に「働くとこんなに楽しいよ」という会社を映しても、嫉妬されるだけですよね

 

30代非正規の報道など、部屋が荒れてたり少しオタクっぽい人が出てたりしますけど、別に非正規は関係ないです。

ぼくも正規で働いてても悲壮感のある部屋に住んでいます。漫画とか、ちょっとオタク系の部屋ですね。

こういう風景は、1~2回だけ見るなら問題ないのですが・・。何度も見ると、思考がどんどん落ち込んでいく方向に流れるのです

ぼくも陥っていた諦めの境地に・・。

 

情報を鵜吞みにして、諦めてしまう30代が多い

派遣事業をやっていて思うのですが、本当に諦めの心でやってくる30代の方は多いです。ぼくがもうすぐ40歳になるので、ある意味では過去のじぶんを見ている感覚ですね。

テレビやマスコミの悲壮感バイアスにかかった彼らは、情報を鵜呑みにして「じぶんたちには未来が無い」と諦めているのです

 

「こういう仕事から正社員はどうでしょうか」とお伝えしても、「正社員は20代しかなれないので期待させないでください」と言われてしまうことも・・(汗)

ぼくとしては、じぶんが非正規のフリーターで30代の途中までやっていたので、気持ちが分かるだけに申し訳ない気持ちにもなります。

 

「大丈夫だよ!」と言っても、ぼく自身がたまたま求人サイトから見つけた仕事をやっているだけなので・・。(参考:リクルートエージェントの紹介で見つけた派遣事業)

でも、過度にマスコミの情報を信じてしまうのは危険です。諦めてしまうと、就職以前の問題として「行動する気にならない」ということにも繋がる恐れが・・。

 

情報は時として、こういった無気力な30代を生む最悪のバイアスにもなるということ。

まさに「情報に踊らされない力」が求められる時代になりました。

 

正社員は、すぐには見つからないかもしれない。だけど見つかる。

ぼくも、ここで30代就職を応援するだけで直接みなさんに何かができるわけではありません。それだけ苦労しているから、ここを読んでいるわけですから。

しかし、行動を起こすことは諦めないで欲しいんですね。ハロワで仕事を探す、求人サイトに登録する、派遣アドバイザーに相談する。何でも方法はあります。

こういった求人関係に目を向けていると、何気ない瞬間に仕事が見つかることはあるんですね。少なくとも仕事を探そうとしている時にやってくる情報が増えますから、悲壮感もありません

 

むしろ、「就職できる・見つかる」というポジティブな情報に触れているとも言えます。同時に30代が就職できている実態に迫ることも可能になるわけです。

同じ情報に踊らされるのであれば、少なくもスマホで悲劇的なコメントを見るより、前向きに進む人たちの集まる場で情報を浴びた方が道が開かれるという事なんですよ。

 

正社員になるには時間が掛かるかもしれない、だけど見つかる。これを心に秘めて、できる限りの就活に挑むことを目指して頂ければと思います。

まずは「30代ならふつうに正社員に採用されますよ」という言葉を聞きに行ってみて下さい。就職の自信が無い人ほど、実際にアドバイザーの声に耳を傾けるべきなのです。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。