労働意欲が湧かないのでツライ・・・」

「就労のための意識向上する方法はないものか・・・」

働かないといけないことを理解しつつも、気持ちの面で全く前に進めない時ってありますよね。ぼくも、労働意欲が低いタイプだったので、お気持ちを察するばかりです。

 

しかし、働くための意欲が向上する方法があることを、とあるブログを読むことで気がついたんですね。それは、じぶんの力で稼ぐこと

ブログを紹介しつつ「労働意欲が高まるポイント・方法」をまとめてみます。

うつ病歴16年の男性が、自力で稼ぎ始めて変化した

47歳からの発達障害@無職さん」というブロガーの方のですが、この方はクラウドソーシングを通してじぶんで稼いで労働意欲が増したとおっしゃっています。

うつ歴があったり、発達障害などで苦労されており非常に努力されている方なのですが、就労不可とドクターに診断されるなど色々と働く弊害がありました。

状況的には、とても働ける空気ではなかったのです。それにもかかわらず、じぶんで稼ぎ出して、労働意欲が湧いたことを書いてるんですね。

 

労働意欲が止まりません」というタイトルがすごいw めっちゃ頑張り始めてるw

在宅ワークとしてクラウドソーシングに登録して、そこからじぶんで出来ることを見つけて稼いでいるのです。アンケートなどに答えるというものですが、これも労働です。

 

お金は会社から与えられる物という認識から、じぶんで稼ぐという自力で出来る道を見つけたことは人生に大きな影響を与えます。

30代のみなさんも、例外なく自力で稼ぐことは、労働意欲に変わるのでポイントを押さえたいと思います。

 

① やればやっただけお金になる

まず、会社と違ってクラウドソーシングは固定給がありません。やればやっただけ、お金になるので正直なところ青天井なのです。稼ぎたいだけ稼ぐ仕組み!

もちろん、在宅ワークなのでがっつり大きなお金をもらうのは一筋縄ではいきませんが。それでも、やった分だけ稼ぎになるというのは気持ちに変化を起こします。

 

「どうせ働いても同じ給料だし・・」と感じている人ほど、クラウドソーシングなどネットで稼ぐ方法はマッチするはずです。

会社員経験、バイトなどだけだと、やればやった分をもらう経験が培われないんですよね。残業とは違う面白さを、彼は見つけていると言えます。

 

② やる気が満ち溢れてくるので、就活にもプラスになる

やればやっただけお金になることで、仕事が無いと焦りを逆に感じるんですね。なあなあの仕事で、働きたくないなーと思う人ほど自力で稼いだことがないのです。

 

実際、無職さんも自力で稼いだことから、次のステップを見据えるようになっています。クラウドソーシングサイト内で、長期の仕事を探しているなど、意欲の変化ですよね

就活している方も、リアルにお金を稼ぐという経験から前のめりに仕事に向き合うことが可能になると言えます。

 

固定給はもちろん、歩合制で稼ぐことは気持ちに変化をつける

 

会社員の経験しかないと、固定給のお金のもらい方しか経験がないんですよね。もちろん、固定したお金がもらえるのは良い事なので、ぼくは就職することをオススメしています

ただし、固定給の場合は「いくら頑張っても増えない」という不満につながりやすいです。実際、サビ残などで疲弊している人も多いですので。

 

そういう方は、やっただけ稼げる歩合制を体感する意味で、ランサーズでアンケートに答えたり、記事を書くだけでも稼ぎ方に幅ができます。

固定したお金をもらいつつ、頑張った分だけお金になる働き方も知る。これによって、労働意欲に変化が起こることは言うまでもありません。

在宅ワークは、もちろん職歴にもなりますからランサーズに関心がある方は、試しにチェックされるといいですよ。


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。