「転職をして年収アップだ!」という話もあれば、「転職すると年収が下がるのでやめたほうがいい」という意見を聞くこともあります。

もはやどっちの意見が正しいのか分からなくなりますよね。ぼくも派遣営業マンとして聞かれると、「上がることもあれば下がることもある」としか言えません。

 

じぶんの転職体験からも、上がった仕事もあれば下がった仕事もありますので・・。という話をすると身も蓋も無いことになりますがw

むしろ「転職と報酬」を関連付ける方が無意味だとも思っています。

考えて頂くとわかるのですが、「転職=年収が上がるか下がるか」という軸でしか考えていない人が多いんですよ。30代くらいになると、もちろん年収は大きな部分で気になりますが・・。

 

これらの話を含めて、「転職と報酬はホント関係ないよ」ということをお伝えさせて頂きます。給料のことで転職するにできない人ほど参考にして下さいませ。

転職をする「本当の理由」を忘れてはいけない

派遣登録に来られた方から、「今の職場で月に○○万もらっているんですが、転職するとこれより下がりますよね」と聞かれることがあります。

この場合、本当にどこに応募するかにもよるので年収の変動が一概に言えないのは誰にでもわかる話だと思います。

でも問題なのは、転職によって得られる恩恵がお金でしか確認できない仕事観なんですよ。

 

転職したいと思う理由は何か」を考えるとわかります。確かに、お金の面で不満を持つ人が転職を考えることは多いです。

しかし、本当に転職したいのはお金だけじゃなかったりするんですね。

給料に不満はないけど、「人間関係が悪い」とか「サービス残業が多い」というポイントを気にしている。

 

ただ、転職となるとそういった問題の解消より目に見える形での条件アップを期待してしまいます。それが報酬のアップなんですね。

確かに、新しい勤め先で環境が変わらず収入が下がったら嫌だな・・と思うのは当然です

 

そこで、ぼくの勤める派遣事業所では「転職で給料アップができるか?」という問いに対しては次のように考えてもらうことにしています。

転職に求める条件グラフを書いてもらうわけです。

ちょっと会社が特定されては困るので、適当にアレンジしていますw 身バレは困るw

 

転職に求める条件グラフとは?

たとえばですが、こういったグラフで今の会社の状況を考えてもらいます。上のグラフのようになる方は、露骨に勤務時間に不満があることがわかるんですね。

それ故に、「しっかりと時間が決まった働き方」ができるところを求めているわけです。

 

そのため、転職における狙いとしては給料や人間関係よりも、少しでも残業が減らせてプライベートを充実させる職場を狙った方が良い。

そう考えて、転職の条件を派遣コーディネーターはヒアリングします。ぼくも、派遣営業として「定時終わり」の職場情報を提供することになります。

 

こういったことを考えずして、転職にいきなり「収入はアップしますよね?」と聞くのはめちゃくちゃだというお話なのです。

転職で解決したい問題のベクトルをどこに向けているのか、その人によって変わります。

 

すべての基準値を満たすような職場は無い

そして重要な話なのですが、「オールA」を獲得するような職場は基本的に無いということです。どんな企業にも一長一短があることは間違いありません。

どんなに大手で有名な企業でも、ブラックな業務実態で訴訟されていたり、ネットで叩かれていることなどを見るとお分かりの通りです。

 

パーフェクトな職場を求めたくなるのが転職の心理ですが、「良いとこ取りできた場所は無いに等しい」と思うくらいが気持ちラクだと覚えておくといいですよ。

そのため、グラフを作って今のじぶんが不満に思い改善したいことを明確にする必要があります。その不満を埋めてくれる条件を整えれば、じぶんが希望する転職先もイメージできるようになるわけです。

 

「30代で転職すると報酬が下がる」という不安のある人がいるなら、給料に特化したグラフを作ろうとするはず。

給料も含めて、こうやって転職について考えを深めていくことが重要なプロセスとなります。

 

企業を知っている担当者に、希望は絶対に伝えるべき

これらのことから、希望を言えるならできるだけ伝えた方が良いです。これは派遣やエージェントサイトを使うことでより通りやすくなります。

少なくとも、企業を下見している営業のフィルターを通しているわけですから。むやみやたらに就職してしまうよりは、効率的な転職活動になると言えます

 

ぼくのケースだと、リクルートエージェントDODAといった、求人がリクナビ並みに豊富な会社を頼れたのは良かったと思っています。

派遣会社も含めて、なるべく企業を知っている担当者に希望を伝えることは無駄にはなりません。相手企業に直接言うのではないので、あくまで希望としてアドバイザーに相談する形ですね

収入を含めた希望にマッチする会社を、より近づけるためのテクニックとして覚えておいていただければと思います。

(参考:転職にはキャリア相談を使うべき)

派遣営業マン厳選!おすすめ派遣&エージェント





派遣&転職エージェント選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各求人会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事でのモチベーションとなるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要です。

そのため派遣営業マンとして実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んでおります。
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんのレベルが高いDODAのサポートが非常に良いです。

    成長企業の筆頭格であり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため就職しやすいですね。

    もし転職に悩む30代の方であれば登録で見れる非公開案件だけでも聞きにいかれると違います。 資格・スキルがある方はもちろんフリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため充実感は得やすいのでオススメです。

    DODAに登録する
  • リクナビネクスト


    リクナビネクスト

    派遣が中心ではありませんが求人サイト利用者の8割が使っているリクルート系列の総本山です。

    フリーターはもちろん、現役の正社員向けに網羅された非公開求人は登録することで全て見れます。

    ぼくの派遣事業所に来られるスタッフさんのアンケート結果でも良く使っていた求人サイト№1だったので間違いありません。

    登録と同時にリクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断も使えるようになってオトク。派遣以外の通常求人でも就活する予定なら外せないですね。

    リクナビNEXT
  • リクルートエージェント




    リクナビネクストのエージェント版というポジションです。上記2社と同じように、実際にお世話になりました。

    取り扱う求人は少なくなりますが、現職場(ハケン事業所)への求人紹介はここで見つけています。無職だったのですが、経歴なども一緒に作成してもらい感謝感謝。

    上記2社の求人に納得できなければ、抑えとして利用されることをオススメします

    リクルートエージェントに登録する
派遣営業をしていると分かるのですが、やはり大手であるDODAやリクナビのポジションになると条件交渉で優位に立てます。

知名度のある会社ほど、企業側も予算を組んで出してくれるので使わない手は無いです。

スキルや資格を条件に紹介してくれるところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、まずは登録しないと分からないことも多いです。

まずは登録して見られる非公開求人をチェックして、そこから進むと意外と早く仕事が決まるのでまずは行動を起こして良い転職を決めちゃいましょう。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。