履歴書欄に「車の免許があった方が就活有利」というのはよく聞きます。僕も派遣会社で聞いたので現場の声としては王道なのでしょう。

でも、僕の場合は免許なしの状態で採用されていた時期もあります。また、「車の免許がないから不採用だ!」という企業かどうかは職種によります。

 

極論ですがトラックの運転手やるなら、免許がなければ話にならないというやつですね。

そんな免許問題ですが、僕の友人にはお「金がなくてどうしても教習所に通う余裕もない」という人もいます。

だからといって、彼が就職できていないかというと、そうでもありません。ケースバイケースと言えるでしょう。

 

では、どういったケースなら必要で、また必要にならないのかを実体験を交えてお伝えします

就職、転職活動のために自動車免許を取るべきかお悩みの方は参考にしてみてください。

営業を中心とした仕事では、社用車の運転が必須になりやすい

「仕事を始める上で、最低限は車の運転ができねばならない」と言われる由来は、営業職を中心とした仕事をこなす名目にあります。

昔から営業は仕事として歴史もありますからね。

 

営業なので他社に売り込みに行ったりすることはもちろん、別の業種でも同業者との会議に出たりと用途は様々。

急ぎで送りたい書類があった場合、郵便では間に合わないので「社用車で行ってきて」とおつかいを頼まれたり。

 

僕の勤めている介護現場でも、同じように勉強会や研修に乗っていくので運転できる人材は求められます。

お年寄りの送迎のみに限定されていないため、免許があるに越したことはないです。

 

このように、外にでる可能性のある仕事はなるべく車を運転できたほうがいいとも言えるでしょう。

顔つきで見せることのできる、身分証明にもなるので便利なのは言うまでもありません。

では免許がなければ、どういったデメリットがあるのかが気になるところ。僕が知っている限りのケースを紹介します。

 

自動車免許がなかった影響で、デメリットを受ける働き方

免許の有無で給料に差が出る

まず思いつくのは、うちの職場です。介護なので送迎は日課なのでw

ここで「運転できるかどうか」は評価に影響を与えます。僕の職場には、介護の専門学校を出て働いている女の子がいるのですがまだ22歳と若く、免許は取っていません。

 

会社側はおそらく、採用時点では若いからいずれ免許も取ると見込んでいると思うのですが、もちろん運転できない分だけ少し給料は低いようです。

どれくらい低いかは聞いてないのでわからないのですが、運転する人としない人でしっかり給与にも反映させていると聞いています。

自動車に乗ると、事故などのリスクも背負うので当然といえば当然ですね。

 

与えられる仕事の質が下がる

また、この女の子は運転者の補助員として一緒に乗ります。

(運転手だけでは、お年寄りに何かあったときに対処できないので、送迎には二人乗らないとだめなので)

ただ先ほども書いた通り、運転者と補助なら仕事の差も出てしまいます。

 

付き添いみたいな感じで乗るので、道を覚える必要もあまりないんですね。毎日のようにトラブルが起こるほど、お年寄りも危険があるわけではないので・・。

そうなると、毎日運転して、どんどん道を覚えて、急な利用者さんの送迎が必要になった場合にも起点が利くようになるのは運転者なのです。

 

乗っているだけだと、そういったケースに対応するための土俵にも上がれなかったり。

このような、些細なことの積み重ねで、上がるべき評価が上がらないのは切ないかもしれません。

 

結論:自動車免許が必要なところで働くなら、免許は所持しておいた方がいい

やはり免許はあるに越したことはないんですよね。もちろん、社用車を頻繁に使う可能性のある業種に限られますが。

僕は初めて勤めたスーパーと、次に働いた工場勤務では免許が求めらないので良かったのですが、それでも次のデータ入力の仕事終わりに時間があったので取っています。

 

そのため実質的に不利を受けるという事は少なかったですね。もし職務に運転があれば、評価に関わっていたとは思いますけれど。

職種を見極めて入社を選ぶか、入社後速やかに取れるように、面接の段階で「免許は取りに行きます」と意思表示するだけで採用はされやすくなると思いますよ。

 

僕の体験を通した考えとしては

業務に必要だと想定できる ⇒ 取るべき
業務に不要だと想定できる ⇒ 現段階では不要

というそのままの理屈になると言えます。

免許は受かりやすい資格なので、もし必要であればお早めに取得されるといいでしょう。僕はお金が足りなくて親に借りましたが・・(汗)

 

 

必要な身分証など準備から教えてもらえ、就職まで一気にサポートしてくれる転職サイトも増えました。

人材コンサルタント業者のDODAであれば、対面で分からないことはすべて教えてもらえます。

求人豊富&アドバイザーの安心は、ぼくもDODAを利用した記事に書いているので参考にどうぞ

派遣営業マン厳選!おすすめ派遣&エージェント





派遣&転職エージェント選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各求人会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事でのモチベーションとなるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要です。

そのため派遣営業マンとして実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んでおります。
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんのレベルが高いDODAのサポートが非常に良いです。

    成長企業の筆頭格であり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため就職しやすいですね。

    もし転職に悩む30代の方であれば登録で見れる非公開案件だけでも聞きにいかれると違います。 資格・スキルがある方はもちろんフリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため充実感は得やすいのでオススメです。

    DODAに登録する
  • リクナビネクスト


    リクナビネクスト

    派遣が中心ではありませんが求人サイト利用者の8割が使っているリクルート系列の総本山です。

    フリーターはもちろん、現役の正社員向けに網羅された非公開求人は登録することで全て見れます。

    ぼくの派遣事業所に来られるスタッフさんのアンケート結果でも良く使っていた求人サイト№1だったので間違いありません。

    登録と同時にリクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断も使えるようになってオトク。派遣以外の通常求人でも就活する予定なら外せないですね。

    リクナビNEXT
  • リクルートエージェント




    リクナビネクストのエージェント版というポジションです。上記2社と同じように、実際にお世話になりました。

    取り扱う求人は少なくなりますが、現職場(ハケン事業所)への求人紹介はここで見つけています。無職だったのですが、経歴なども一緒に作成してもらい感謝感謝。

    上記2社の求人に納得できなければ、抑えとして利用されることをオススメします

    リクルートエージェントに登録する
派遣営業をしていると分かるのですが、やはり大手であるDODAやリクナビのポジションになると条件交渉で優位に立てます。

知名度のある会社ほど、企業側も予算を組んで出してくれるので使わない手は無いです。

スキルや資格を条件に紹介してくれるところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、まずは登録しないと分からないことも多いです。

まずは登録して見られる非公開求人をチェックして、そこから進むと意外と早く仕事が決まるのでまずは行動を起こして良い転職を決めちゃいましょう。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。