派遣スタッフさんに気になる女性がいます。あ、恋愛とかそういう意味では無くw

春先に向けて就活を始めた36歳の女性がいるんですよ。聞くところによると、彼女もぼくと同じでニート経験をされていたとのこと。

 

大卒後は事務職をやっていたけど、職場いじめからそのままニートに。

「話が合いますね」なんて言っていたら、共通点も多かったことでお互いにニート経験が話せました。

 

その中で思ったのが、この女性は「頑張れ」と言われた方がいい方ではないかということ。

時代でしょうか。なんか、気安く「頑張れ」を言えない風潮があるので迷うんですけどね(汗)

もし、「絶対に頑張れは言わない」と決めている方がいるなら参考に読んでみて下さい。励ましの言葉として、役立つ言葉だよな~と思うばかりです。

悩みどころで使ってみたい「頑張れ」の言葉

先に言っておくと、うつ状態がヤバいみたいな方に「頑張れ」は言わない方が良いですw

ぼくも実際に、ニート時代は超ウツだったので言われて潰れそうになりました。

 

ですが、同じニート経験があっても仕事を探そうか悩まれている状況。

求人を探して「この企業案件などいかがでしょうか?」と提案すると、少し悩んだようになるんですね。

 

希望されている事務職ですし、特に残業も無い良質な会社。

それでも悩むところは、ニート期間があったことによる不安であることは伝わってきます。

そこで、悩みながら動けない彼女に言ってみました。

 

「せめてお顔合わせ(面接)に行ってみるくらい頑張ってみてはどうでしょう?」

こんな感じで緩い言葉なんですが、彼女の気持ちを考えつつ伝えてみました。

こちらも派遣営業マンなので働いてもらえた方が助かるのはあるんですが・・(汗)

 

ニートだったから「頑張れ」を封印されている人もいると思うんですよ。何か無駄に煽ってはダメだ的な。

彼女もその言葉の意味を察知したのか、「頑張る自信はないですが・・」と言いつつもお顔合わせにだけ行く事が決定。

ちょっとしたことですが、本当は後押しされたいという気持ちもあったんじゃないかなと。ニート経験のあるぼくにすると思ってしまいます。

 

圧力はダメだけど、応援の意味で「頑張れ」と言ってくれる人に出会おう

その後、お顔合わせをしていますがまだ彼女は仕事が決まっていません。

でも収穫はありました。彼女も一回面接に行ったことからハードルを一つあっさり超えた感が出てきています

 

ニートをしていた頃に比べれば、一回お顔合わせするというのはかなり頑張っているわけなので。

「継続して、次もお顔合わせできる企業があれば行ってみたい」と言ってくれるようになりました。

あの場面で「まだ無理なら辞めてもいいですよ」と言わなくて良かったなと、結果論ですが思うんですよね。

 

これはぼく自身にも言える事なんですが、圧力めいた言われ方だとやはりツライです。

逆に「あ、応援されてるな」と捉えられると前に進みやすい。

この絶妙な言い方が出来る人が、ニートやフリーター支援を担ってくれるといいんですが。

適度な応援をする大切さを感じる場面でした。

 

頑張れの言葉は受け止め手次第でもある

気安く頑張れっていう人もいるのですが、受け手も受け取り方を柔軟にしておいた方が良いです。

気に入らない人からの頑張れはスルーするじゃないですか。

「この人に言われたからプレッシャー」となるか
「この人に言われるならまだ頑張れる」となるか。

 

相手次第で何とも言えないんですが、受け止め方次第ではエネルギーになるんだということを考えて頂ければと思います。

ウツ患者の人に言ってはダメという言葉が、いつの間にか病気で無い人にも使いにくくなるという世の中

ちょっとは励ましの言葉も聞き入れてみてはいかがでしょう。

 

求人サイトも応援してくれるアドバイザーさんがいるところを選ぶ方法もあります。

ぼくも使っていますが、転職エージェントなどであればプロがサポートしてくれるのでオススメですよ。

派遣営業マン厳選!おすすめ派遣&エージェント





派遣&転職エージェント選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各求人会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事でのモチベーションとなるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要です。

そのため派遣営業マンとして実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んでおります。
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんのレベルが高いDODAのサポートが非常に良いです。

    成長企業の筆頭格であり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため就職しやすいですね。

    もし転職に悩む30代の方であれば登録で見れる非公開案件だけでも聞きにいかれると違います。 資格・スキルがある方はもちろんフリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため充実感は得やすいのでオススメです。

    DODAに登録する
  • リクナビネクスト


    リクナビネクスト

    派遣が中心ではありませんが求人サイト利用者の8割が使っているリクルート系列の総本山です。

    フリーターはもちろん、現役の正社員向けに網羅された非公開求人は登録することで全て見れます。

    ぼくの派遣事業所に来られるスタッフさんのアンケート結果でも良く使っていた求人サイト№1だったので間違いありません。

    登録と同時にリクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断も使えるようになってオトク。派遣以外の通常求人でも就活する予定なら外せないですね。

    リクナビNEXT
  • リクルートエージェント




    リクナビネクストのエージェント版というポジションです。上記2社と同じように、実際にお世話になりました。

    取り扱う求人は少なくなりますが、現職場(ハケン事業所)への求人紹介はここで見つけています。無職だったのですが、経歴なども一緒に作成してもらい感謝感謝。

    上記2社の求人に納得できなければ、抑えとして利用されることをオススメします

    リクルートエージェントに登録する
派遣営業をしていると分かるのですが、やはり大手であるDODAやリクナビのポジションになると条件交渉で優位に立てます。

知名度のある会社ほど、企業側も予算を組んで出してくれるので使わない手は無いです。

スキルや資格を条件に紹介してくれるところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、まずは登録しないと分からないことも多いです。

まずは登録して見られる非公開求人をチェックして、そこから進むと意外と早く仕事が決まるのでまずは行動を起こして良い転職を決めちゃいましょう。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。