就職に顔は影響するのか

よく、学生の就活などでテーマに上がる就職と顔の関係。いわゆる、美男美女が有利に採用されるという話ですね。あまり30代になってくると気にされないテーマなのですが・・。

 

実は、派遣事業で働いていると「顔は影響しているかもしれない・・」と思うことがたまーにあります。すべての業種がそうだとは言いませんが、傾向として「顔が絶対に決め手だよなー・・」という仕事もあるという話

大声で言えない話なので、こっそりブログに書いちゃいます。

就職に「顔」の良し悪しは影響している

派遣営業として、色んな方を企業さまに紹介しているのですが、一部の企業に関していうと「顔」の良し悪しで採用を決めているところはあります

 

これは、ぼく個人から見た美男美女の基準に沿っているのですが、実際に採用されているのを目の当たりにしたので間違いないかと。

ただし、業種によって違うことや採用担当によって違うということは言えます。大事なことですが、顔で選んでない会社の方が多いですからね。

 

男性より女性の方が顔を重視されている?

顔の話になると、男性より女性の方が条件を付けられているところがあると感じることがありました。もちろん、こちらから「顔で判断してませんか?」とは言えませんし、企業側も「キレイな方を」と言ってくることは無いです。

これは、とあるホテルフロントの受付募集がかかった時のこと。女性限定で募集されていました。

 

お顔合わせに3人ほど紹介させて頂いたことがあるんですね。ホテル担当の方から要望があったのは、「できれば英語か中国語が話せる」というスキル。

そのため、英語を軽く習っていた方を最初に。次に中国へ留学経験のあった方をと・・これで2回紹介。しかし、どちらの方もそのまま不採用となってしまいました。

 

「ペラペラで話せるレベルじゃないとダメなのかなー」と思っていたんですね。ウチの事業所は高スキルの必要な派遣でもないので、採用が決まらないかもと考えていた矢先のこと。

「英語も中国語も話せないけどホテルフロント経験がある」という方から、どうしても同じフロント業をしたいと申し出られたので紹介を決定。「できれば話せる人」と言いつつ、ちょっと話せる人も不採用なので厳しいとは思ったのですが・・。

 

・・・採用が決まったんですね。

顔の話をすると、最初の2名はふつうの女性だったのですが。最後の3人目の方は、30歳になったばかりの女性ですが、「可愛らしい人だな」とぼくも思ったので。

 

担当の方は、「経験があるなら」と言っていたのですが、「英語も中国語も話せないなら、顔じゃないか!?w」と思うばかり。担当さんの好みじゃないかな・・と邪推してしまったケースです。

 

あまりないケースですが、露骨だなー・・と感じるのはこういう時ですね。

男性はこれがあまり無いので、ぼくは男性に生まれてよかったのかなと思いつつ、何だか派遣営業として微妙な気持ちに。こちらから「顔で決まってませんか?」と聞くのもおかしいですので・・(汗)

同僚の女性と話していると、女性目線では「もっと見た目で採用の合否が決まっているはず」といいますね。男性目線では分からないところもあるようです。

 

男性のケースで顔が必要だと思ったケース

男性だと、あまり顔で決まったと思うケースは無いんですよ。ですが、顔はやはり大事。

それは、ふつうの顔をしているのに、「口角」が下がっていたり「ムスっとした表情」をした人は不採用になりやすいということ。これは、無意識のことなので本人さんは悪くないです。

 

ただ、営業職などは印象の世界なので、表情が良い方が採用される傾向にあります。

これは、ぼくも上司から言われているので分かるのですが、「笑顔が出たり表情が豊かでないと信頼を築けない」ということに関係しているのではないかと。

 

ぼく自身も、今の派遣営業の面接で「少し頼りなさそうですが、ニコニコされているので営業でも役立てて下さい」と言われた覚えがあります。信頼を築く手段に顔を使うので、顔の良し悪しでなく表情の使い方は重要だと感じています。

実際、じぶんの20~30代のころを振り返っても、表情が明るかった記憶の方が少ないです(苦笑) もっと表情を意識しておけばよかった。

 

「愛想笑いができるかどうか」などは、派遣登録に来られた段階で分かりますが、面接結果にも繋がる部分として意識されるといいですよ。ぜひ、表情づくりにだけは気を抜かないようにお願いします。

ちなみに派遣会社や転職エージェントでは表情を含めた面接練習も、練習できるようになっています。セミナーと違い、個人都合のマンツーマン指導が受けられるところがポイントなので興味があれば活用してください。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。

 


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。