2月に入ってから、企業側からの求人要請が増えています。4月という新年度を目途に、新しく入ってくる人を調整したい動きも関係しています。以前にも書いたのですが、繁盛記は3~4月になります

その準備段階として2月はすでに活発という事なんですね。

 

応募者も増えると同時に、採用率もアップしているためウィンウィンの関係になりやすいということ。

いつの時期でも転職はできるのですが、、まさに2~3月は就活をガンバったほうがいい理由があるのです

① 同時期に入社してくる人が増えやすいから

当たり前ですが、4月を目途に人材の入れ替わりはピークを迎えます。新年度は動きのある時期なので、その時に向けて一足早く就職しておくのは理にかなっていると言えるでしょう。

2~3月に就職しておけば、4月に入ってくる人に対して、少しだけ先輩面ができつつ、かといって仕事の始まりが同じなので分からないことも共有し合えます

 

人事の移動など、新しい人の流れの中に一緒になって入り込めれば、じぶんだけ外から来たという疎外感を受けずに済むのもメリット。

全然関係ない時期に入社することをイメージすれば、2~3月で仕事を決めてしまうことが有利なのは言うまでもありません。

 

② 採用されやすい企業も増えている

また、この時期に採用するという事は、少し人材の調整に急いでいる企業でもあるということです。

ウチの派遣事業にも、2月になって求人を出してくる企業はいますが、新卒で採用する予定だった学生の内定辞退があったりするそうです。

 

また、すでに働いている人でも、ここぞとばかりに辞めるタイミングを作って消える人も。入れ替わりの激しさから、採用を急いでくれる企業もあるのは受かりにくい人にとってはプラス材料です。

もちろん、即採用すぎて怪しいなどのケースもあるので、しっかりと注意しておく必要はありますけどね。

この時期は、トラップ求人が少ないのでそこまで警戒を強める必要はありません

 

③ 30代の社員がよく動く時期

また、30代の就活に最も適した時期なのも2~3月です。既婚者の方など、家庭の事情によって移動していたりするので、タイミングと言えばここになります。

 

子供の学校事情などを考えて、ちょうど4月を境に転職しちゃう人もいるということです。同世代の人と新しい職場で一緒に働き始める確率なども上がるので、狙い目の要素として大きいですよ。

子供が小さすぎる20代くらいのころは、微妙に家庭を動かしにくいこともありますよね。(親の協力を頼んでいるケースなど)

ある程度大きくなった子供を連れて動く会社員は30代くらいから増えてくるのです

 

2~3月の就活は、30代にとってのボーナスタイム

総括すると、30代にとって2~3月に就活することはボーナスタイムになりやすいということです。

4月に入っても求人は増加の傾向にあるのですが、切羽詰まって探すよりはきっちり2~3月に決めておいた方が楽になれます

 

精神的にしんどいと、どうしても就活は焦ります。そのため、今から求職活動をしておけば、3~4月がゆったりと進められるので頑張っていただければと思います。

リクナビNEXTDODAもまた、求人のピークをこれから迎えるので、登録して応募することから始められるといいですよ。

関連リンク:履歴書の写真の使いまわしに注意

関連リンク:小論文の対策講座


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。