何でアイツが受かるんだ?

自分より明らかに能力が無さそうなのに、面接を受けるだけで採用されている人っていますよね。ええ、これは僕の友人なのですが、彼は現在ニートで仕事に関してはすぐ辞めるタイプ。僕が言うのもなんですが、ダメ人間っぽさが滲めている男です。

僕も大概にすぐ辞めますが、彼の場合は2~3日で辞めることも多いのですwちなみに彼は、寒いのでもう少ししたら働くというのですが、思考的に似た者同士でくっついているせいか、あまり違和感がありません・・w

そんな彼が面接に受かったと聞くたびに「なぜそんなに受かるんだ」と思っていました。傷つけてはいけないと思うので、あまり聞かなかったんですよ。

しかし今では、僕が面接に受からずフラフラとニート状態を継続しているところ。久しぶりに、ラインで話していたら思わずアドバイスを求めていました。けっこう良い事を言い出したので、メモがてらブログに書いておこうと思います。

ずばり、面接に受かる方法です。

受かる奴は、堂々とデキる男になる

気持ち的に落ち込んでいたので、憂さ晴らしも兼ねていたのですが、「受かる人はマグレで受かっているわけではない」という事に気がつきました。

ニートとはいえ、面接中の彼は紛れもなく一人の「デキる男」になっていたのです。

その方法とは、役者のごとく求職者になりきる事だそうです。例えば、面接を受ける前って僕を含め普通の人は、「どんなことを聞かれるのかな」とか「スーツにシワがないかな」など常識的なレベルを気にしますよね?

しかし、このニートの友人はそういうことはむしろどうでもいいと言います。

そして、考えていることは「もしも半沢直樹が面接に来ていたら」と考えるんだそうです。冗談っぽく聞こえますが、これを真剣に遂行するだけで面接に受かる率が上がるといいます。

確かに、半沢直樹が受からない面接なんて想像できません。ではどういう意味なのか。

もしも半沢直樹が面接したら

「もしも半沢直樹が面接をしたら」

もうこの文言だけで吹きそうですが(笑) でも彼は本気で半沢直樹である、堺雅人を演じると言い切りました。堺雅人はたとえなので、身近にある完璧なデキる男を演じるのもアリですよ。

「この段階で、すで面接に受かる気しかしない」と友人は言います。「半沢直樹が面接でガチガチに緊張して、そのまま何も言えずに不採用になるわけがない」と。

なので、面接では聞かれたことに対しては”半沢になりきって答える”というシンプルな行動を取る事が答えです。もちろん、中身はスカスカでもいいらしいですよw

政治情勢を聞かれても、分からなければ答えようがないですからw

でも、答える際には半沢らしくハキハキと、迷いなく面接官を見つめ答える。だから、印象的にはデキる男と映り、高評価を勝ち取れるようです。

ふざけている・・と半分思いましたが、よくよく考えると受かるための行動として本質的には間違ってないんですよね。

確かに面接前にはガチガチになるんですが、半沢を演じようと思ったらそれどころではないですからね。

俳優は、「なりきる」を仕事にしている

テレビに出ている人などもそうですが、フリートークになったらまるでダメな人っているじゃないですか。あれも一種の役者スイッチが切れてるからだと思うんですよね。

誰とは書けないですが、めっちゃカッコいい俳優でも、トーク番組になると残念な人もいますからね。女優も、役柄ではきれいでも話すと賢くなさそう・・とか普通にあります。

これは、僕らも真似すべきポイントだなと感じました。練習量としては1度や2度でバシバシに採用される演技に昇華できるとは思えませんが、やってみないと能力が培われません。

「なりきる」を仕事にして食べて行くのは無理でも、例えば「面接中の自分だけは役者のようにバッチリと自信に満ち溢れた人間になる」ということは可能ですよね。

面接だったら早ければ5~10分で終わるので、その時間だけ集中してなりきっちゃうのもアリでしょう。面接で答える内容や、自分の話すべきことは事前に準備しておくので、気持ちだけでも役者になりきって面接してみるべきです。

僕も、今後の面接では半沢になりきって就活していこうと決めました。これについても報告していきますww

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。