派遣会社に登録したら、しつこく電話がかかってきてウザい

派遣事業所で働いていると、派遣に対する良くないことも耳にします。その中でも、「派遣会社に登録したら電話がしつこいからキケン」といった話。言っておきますが、全然キケンじゃないですよw

 

率直に派遣営業マンの立場で言わせてもらうと、そういう面倒臭い会社もあるということなんです。この場合、「もう仕事が決まりましたので電話は不要です」と伝えれば問題ありません

それでもかけてくるようなら、派遣会社にこちらから電話してしまっても構いません。「しつこいですよ」と。そういう会社は、そもそも派遣事業所として長く続かないので潰れてるんですけどね。

 

という話なので、派遣会社の電話がしつこいというのはそんなに頻繁にあるケースではないんです。

ぼくにも先日、むかし働いていた派遣会社から電話があったのですよね。その話も含めて解説しておきます。

派遣会社からの電話は「状況確認」というスタッフ調査である

ぼく自身、20代のころから職を転々としてきたので派遣会社からの電話は時々あったんですね。

しつこいと感じるかは人それぞれですが、ぼくの場合は「仕事が無くなったら派遣も頼れる」という考えだったので電話を断ってはいませんでした

 

回数にして年に1度くらいですね。就職して派遣で働くことが無くなっても「状況確認」という電話が来ます。まあ、ウチの派遣事業所もやってるんですが(汗)

これには理由があって、「状況確認」という名目でスタッフさんの現状がどうなっているかを聞きたいという思いが派遣サイドにあります。

 

もし働いていなければ、派遣会社も「じゃあこんなお仕事はどうでしょう?」とお誘いできるので。お互いの利益になることもあるので、一概に電話がかかることがダメとも言えない状況があります。

特に、ニートやフリーターという立場にある方だと、じぶんから動くのがしんどいことも多いです。そういう時に、偶然誘われたことで働いてみたというきっかけになることも多いですから

ちょうどスタッフさんが不足したりすると、確認名目で人材を呼ぶことが出来ればラッキー的な感じですね。

 

ぼくの場合、同じ派遣業界で働いている状況を伝えると察してもらえました・・(笑)

これも「今後はかけないで欲しい」と言えば、ふつうの派遣会社ならかけてくることは無いのでご安心を。

 

「安定して働けている」という状況になるまでは、念のため籍を置いておいた方がいい

ちなみに、ぼくの場合はすでに働いていながらも定期連絡を拒否しておりません。年に1度くらいなので、別に苦にもならないからです。

理由は色々とありますが、やはり仕事を辞めた際にまたイチから問い合わせたりするのが面倒だからです。登録もやり直したくないw

 

ウチの派遣事業所だと、「今後の連絡は不要です」と言われたら即刻データを削除するようにしています。何度もかけて嫌な思いをされては、派遣事業としてマイナスのイメージにしかならないので(汗)

ただ、ウチの事業所も登録に来られたばかりの方以外には、年1度の電話もするかどうかわかりません。決まってないのです。

 

逆に登録して1ヵ月以内くらいだと、働く意欲があることも分かっていますし、人材を逃さないためにもしつこくかけている派遣もあることは知っています。ぼくの勤めている所ではないですよw

 

そこでベストな派遣との付き合いとしては、しつこいところは切っておく。感じのいいところは置いておくというスタイルでしょう。

しつこい派遣会社は地方の小規模なところに多いんですけどね。ぼくがブログで紹介しているような派遣会社と違い、規模が小さいのでスタッフさんも常に足りない状況が生まれやすいということ。

 

今回お話したような、しつこい電話を避ける意味でも、なるべく大きい派遣会社に登録することをオススメします。下記で紹介している派遣会社などは、どこも大手で安心できるので参考にどうぞ。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。