「30代になるとフリーターは転職先を見つけるのも大変」と言われます。

僕はあまり気にせず35歳で正社員に転職できたので、不利を感じる事も少なかったですが・・。周りにそういった体験をした人がいないと焦りますよね。

そういった声が聞こえてくる影響か、在職中転職活動をして「次の仕事を見つけてから辞めたい」と意気込む人も多いです。

 

しかし、在職中に転職活動をするというのはなかなか骨の折れる作業

フリーターであろうと、就労している事に変わりは無いので転職活動をすると都合の悪い事もあります。

 

しっかり現職を全うして、余暇を使って仕事を探す。

これは簡単なようで、2つ3つ同時行動に取りかかるため、不器用な人には在職中の仕事探しはとてもキツく感じがち。

 

僕も1度だけやっていますが、現在の仕事が手につかなくなるんですよねw

「在職期間中か離職後か」今回はどちらが転職活動をするのに向いているかメリット・デメリットを踏まえて書いてみます。

在職中に転職先を決められている方が、精神衛生上は良い

僕は在職中の転職活動は一切できなかった人間です。毎回のように、辞めてからしばらく時間を置いて次に働く職場を探してきました。

失業保険を少しでも早くもらう方法を書いていますが、いつも貰えるとは限りません。

 

一時的であっても、収入が途切れている事に変わりは無いので精神的な負担は相当のモノでした。

子供ならいいですが、大人に収入が無いのは何かと不自由です

 

僕は不器用です。在職中の仕事で手いっぱいだったので、退職後に仕事を探すしかありませんでした。これは僕に限らず、同じ人はいると思うんですね。

なので、在職中に次の仕事を探せる人は探す。探せない人は、転職活動はせずとも次の仕事に向かう為の準備をするくらいの感覚でいましょう。

履歴書職務経歴書くらいは家で書けるはず。

 

無理をして体調を壊してしまうと、転職どころの話ではなくなりますので。

自分に向いている方法を選択してください。それでは、転職の時期についてメリット・デメリットで解説しておきます。

 

在職中に転職活動をするメリット・デメリット

メリット・収入が途切れない

先ほども書きましたが、在職期間で転職先を見つけられると、収入が途切れないメリットがあります。

すぐに仕事を開始できるので、「仕事が無い」という無職プレッシャーも緩和されます。

空白期間ができてしまう不安も避けられるので、できる事ならこの姿勢がベストになるでしょう。

 

メリット・次の仕事場を入念に選ぶ事ができる

収入が途切れていないので、「緊急で仕事に就かねばならない」という状況を回避できます

焦ってしまうと、「もうどこでもいいから就職してしまえ」というヤケが起こりやすいです。

せっかく良いところに転職したいのに本末転倒になりかねない危険性があります。

 

デメリット・転職先が決まっている事が分かって辞めなければいけない

転職先が決まっている場合、「辞めてからどうするの?」と聞かれた場合が少し厄介

「次の仕事はすでに決めている」と伝えてもいいですが、人によってはこれを答えるのが面倒に感じる人もいるかと。

 

僕もこれが面倒で、離職後に転職活動をする事が楽だと感じていたというのは否めません。

少し休んで仕事を探します」くらいに伝えておけば安心なのではないでしょうか。

 

デメリット・転職先と現職の切り替え時がややこしい事も

「現職はいつ辞められますか?」と問われるなど、両社の調整をするのが難しい事もあります。

冒頭で書いていますが僕も一度だけ、在職中の転職を考えて面談を受けさせてもらったことがありますが、これを聞いてしんどくなりました。つまづきポイントですね。

 

「現職を責任持って終わらせたい」とは伝えましたが、すでに次の会社を待たせた状態に近くなり「早く辞めなければ」というプレッシャーがきました

耐えきれず、「今回は無かった事に。。」とスルーさせてもらった苦い思い出が(苦笑)

一応、現在の職場にもお世話になっているので騙しているような感覚が。気持ちの面で申し訳なさが出る事もありました。

 

離職後に転職活動をするメリット・デメリット

メリット・どこにも遠慮なくストレートにぶつかっていける

仕事を辞めているので、何も遠慮することなく新しい職を探せます

在籍中だと、どうしても仕事の合間を縫っている感が出るので、後ろめたさを感じながら転職活動に向かう事も多くなります。

「会社に嘘をついてる」という気持ちを、ずっと負担するのはしんどいのでストレスフリーで新しい仕事を探せるのは当たり前ですが気楽な物です。

 

デメリット・収入が途切れる

失業保険が無い場合、一瞬で収入が途切れます。

実家住まいの方などは、親からの支援を受けられるので何とかなりそうですが、すでに一人暮らしの状態にいる方などは慌てる事もありそうです。

離職をするなら、転職活動もゆっくり行えるようゆとりある貯金をしておきましょう。

 

在籍中の転職を支援してくれるサービスを使おう

上記のように、在籍している状態から転職を探すことで生じるデメリットも少なからず存在します。

そういった際には、事情を考慮してくれる転職サービスを利用してしまうのも一つの手。

 

現在の職場に不満を持つ人も多いので、ニーズに合わせて転職支援してくれる求職サイトも増えてきました

自分にあったペースで、無理の無い転職活動ができるといいですね。

 

すぐに動けない方も、リクナビNEXTのグッドポイント診断をするなどして、仕事への適性をチェックしておくのもアリだと思います。

僕もやっているのでよろしければ読んでみて下さい。(参考:仕事適正を診断してみた)

派遣営業マン厳選!おすすめ派遣&エージェント





派遣&転職エージェント選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各求人会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事でのモチベーションとなるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要です。

そのため派遣営業マンとして実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んでおります。
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんのレベルが高いDODAのサポートが非常に良いです。

    成長企業の筆頭格であり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため就職しやすいですね。

    もし転職に悩む30代の方であれば登録で見れる非公開案件だけでも聞きにいかれると違います。 資格・スキルがある方はもちろんフリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため充実感は得やすいのでオススメです。

    DODAに登録する
  • リクナビネクスト


    リクナビネクスト

    派遣が中心ではありませんが求人サイト利用者の8割が使っているリクルート系列の総本山です。

    フリーターはもちろん、現役の正社員向けに網羅された非公開求人は登録することで全て見れます。

    ぼくの派遣事業所に来られるスタッフさんのアンケート結果でも良く使っていた求人サイト№1だったので間違いありません。

    登録と同時にリクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断も使えるようになってオトク。派遣以外の通常求人でも就活する予定なら外せないですね。

    リクナビNEXT
  • リクルートエージェント




    リクナビネクストのエージェント版というポジションです。上記2社と同じように、実際にお世話になりました。

    取り扱う求人は少なくなりますが、現職場(ハケン事業所)への求人紹介はここで見つけています。無職だったのですが、経歴なども一緒に作成してもらい感謝感謝。

    上記2社の求人に納得できなければ、抑えとして利用されることをオススメします

    リクルートエージェントに登録する
派遣営業をしていると分かるのですが、やはり大手であるDODAやリクナビのポジションになると条件交渉で優位に立てます。

知名度のある会社ほど、企業側も予算を組んで出してくれるので使わない手は無いです。

スキルや資格を条件に紹介してくれるところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、まずは登録しないと分からないことも多いです。

まずは登録して見られる非公開求人をチェックして、そこから進むと意外と早く仕事が決まるのでまずは行動を起こして良い転職を決めちゃいましょう。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。