少しは気を利かせてくれ

若いころの仕事における苦しさで思い出すのは、「気を利かせろ」という上司からの注意でした。今は40歳とオッサン路線を進んでいるので過去の話としてクリアしていますが。

 

要領が悪く、気を利かせた仕事ができなかったぼくは大いに悩んだものです

これはぼくだけの話にならないんですね。派遣先の担当者さんと、スタッフさんの間に入って話を聞くこともあるのですが、「気が利く・利かない」という問題は仕事のポイントにも繋がります。

 

企業担当者さんから、「〇〇さんは気が利かない」と言われるので営業としてはスタッフさんに伝えることも・・。またスタッフさんはスタッフさんで「気を利かせるように」と言われて参っていたりします。

ぼくも「気が利かない人」のレッテルを貼られて働いてきたので、どうにも気を利かせられないという人に向けて対策を書いてみます。

「気が利く・利かない」は生活習慣から生まれてくるものである

「仕事で気が利かない」というのは、すぐに対策して改善できるものでは無いところが難しいポイントですよね。

これは派遣スタッフさんを見ていると、じぶんの若いころにそっくりなので気持ちもわかります。

 

というのも、「気が利く人」というのは仕事以前の段階から「習慣化された行動を取り続けている人」であることが多いんですね。

ぼくが飲食をやっていたころは、まさに気が利かない人の典型でした。

 

例えば、すべてのテーブルを拭いてくるように頼まれて拭いて帰ってきたら怒られるわけです。

何がいけなかったのかというと、単純に言われた通りにテーブルを拭いていただけだから。テーブルはキレイになっていたけど、メニュー表がキレイに整っていなかったり、切れていた塩やソースは見落とされていたり。

 

逆に気が利く人は、こういうところも抜かりなくチェックして帰ってきます。テーブルを拭いてくるけど、気を利かしてその周りも見てるんですよね。

学生バイトの子などでも、親の代わりに毎日料理をしている子などは気がつくんですよ。日常生活が染みついているので、これもやっておこうと気がつく

これが、「気を利かしてテーブル拭きにプラスして予備の仕事をして帰ってくる」という仕事術ですね。

 

これは、日常的に行っている生活習慣があったからこそ自然に出来ているというわけです。家ではぐったりしているぼくとは、差がついていて当然なので恥ずかしくも思いました(汗)

ではどうすればいいのか。

 

気が利く人になるには、「頼まれた仕事+1」を見つける訓練をする

仕事で「気が利かない」と言われる人は、ぼくがそうだったように言われたことだけやっているケースが多いです。これは、派遣先の企業さんからも言われることなので間違いはないです。

でも頼まれたことがあるなら、そこに「プラス1」の仕事を見つけて行うことで「気が利く人」になっていく習慣も生まれるんですね。

 

先ほどのテーブル拭きの話なら、テーブル拭きをして塩やソース切れがあれば補充する。これでプラス1です。これができると、「あいつに仕事を頼むと気を利かして追加でやってくれる」と言われる人材になるわけです。

 

気を利かせることを習慣化させていくと、「頼んできた人はこういう仕事をしておくと喜ぶだろう」と分かるようになるんですね。

そうすると、好循環が起こります。頼まれて仕事を遂行すれば、「あれもやってくれてありがとう」が増える。こうなると怒られないので、もっと頑張る気持ちややる気も生まれる。

 

こうやって気が利く人になっていくわけです。この方法論は一般的ですが、ぼくはお恥ずかしながら30代後半にもなってわかってきたこと。

派遣でも意外と30~40代の方が「気が利かない」で悩まれていたりするので、決して不思議な光景でもないんですけどね。

 

「気が利くようになるか・ならないか」は日頃の訓練次第なので、諦めずに努力してみて下さい。「気が利かないな」というレッテルをすぐに無くせなくとも、段階を経て直せるようになりますから

周りのスタッフとコミュニケーションをなるべく取りつつ、どういうことをして欲しいのか需要を知っておくのも手ですよ!

 

派遣などだと、企業さんとスタッフさんの間にアドバイザーが入ってどういう働き方をすればいいのか教わることもできます。企業の求めている行動を聞きながら働くなら、派遣スタートの道もあるので参考にどうぞ。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。