住宅ローンを組めるだけの保証が非正規には無い

正社員になれずにもがいている人の中には、「非正規だと住宅ローンが組めないから困る」と考えている人も少なからずいます。しかしちょっと待って欲しい。

 

そんなに住宅ローンを組みたいですか?

正社員の特典として、「住宅ローンが組める!」がすごく良い話になっている風潮がおかしいなと思いまして。

踏み込んで言わせてもらうと、正社員の「35年の住宅ローンを組める権利」って別に羨ましくないんですけどw 「マイホームを持たねば」と思いつつ苦しんでいる人の、考えるきっかけになれば幸いです。

正社員になれても「35年ローン」を背負う生き方は苦しいと思う

ぼくは正社員として働いていますが、特に家を買おうと思わないんですね。

「せっかく正社員なんだからローン組んで家を建てた方が賃貸よりも得だよ」とか親に言われるんですが。そもそも結婚もしてないのにww

 

賃貸物件に住んでいると、「家を買った方が将来的に安心できる」と考える人がいるのも事実です。「賃貸=出費するだけ」と考え、資産にならないという意味からなんですけどね。

確かに非正規よりは、正社員の方がローンを組みやすいですし、それは否定しません。ただ、「ローンを組んででも家を建てる」という発想が生きる力を奪うのではないかと思うわけです。

なんというか借金を35年ってキツクね?と。

 

ぼくは「30代からでも正社員になれる!」というメッセージブログを書いていますが、一般的に言われるような苦しそうな正社員を目指して欲しいわけではないんですよ。

35年ローンを組んで、死ぬまで借金のプレッシャーを背負うというのは、果たして本当に望んだものなのかと。

賃貸でもいいのに、ムリしてまで家を建てなければいけないと思う人を見ていられないのです

 

例えば、みなさん「夢のマイホーム」みたいなことを言っていても、実際に家があるがゆえに起こりえるデメリットから逃れられなくなると思うんですよ。

ちなみに、ぼくがマイホームに憧れない確固たる理由ともリンクしています。

紹介しておきましょう。

 

持ち家ローンがあるために、仕事を失うことを恐れるようになる

ローンを組んで家を建てる人が大半だと思いますが、その場合は「仕事で都合が悪くなっても辞めにくい」という状況が起こりえますよね。

ネガティブな話では無く、現実レベルで辞めたくなることはありえます。

 

ブラック企業に勤めていたりすると「家のローンが残っているから今の職場で踏みとどまるしかない」と考えがち。

パワハラや賃金未払いなど、いつトラブルが起こるかわかりません。

先行きが不透明な時代なので、むかしのように「正社員だから安心」とも言えないわけです。特に家のローンで「仕事を辞められない」なんてなると、何が夢のマイホームなのかわからなくなるという話。

 

ご近所トラブルや、学校トラブルに弱い

さらに、持ち家であるがためにトラブルから逃げにくいケースが生まれることです。変なご近所さんがいると、その人の影響が生活に入り込んでくることも考えられます。

「いちいち嫌な人と近所で暮らすなんてありえない」と思う人が当然ですが、持ち家ローンを払っていたらどうでしょう。

急に動きが鈍ると思いませんか?

 

仮に「我慢できるレベル」だったとしても、我慢をしながらその地域に住むことは続くわけで・・。これは、精神的に良くないと断言できる話です。

また、子どもが出来たと仮定してイジメなどが起こっても「解決のために逃げる」という選択が取りづらくもなります

深刻な問題なのに、家ローンがあるために逃れにくい。住む家を売り払わないといけない。これもまた、普通にある話。

 

こういった「トラブルに弱い」というのも、持ち家が必ずしも良いと言えない理由なんですよね。

 

正社員になるメリットが、じぶんに本当に必要なものか考える習慣を

「正社員にならねば」と考えて下さる派遣スタッフさんのお声をよく聞かせて頂いています。

ただ、今回書かせていただいたように、「別に無理しなくてもいいんじゃないの?」という正社員特典まで狙う人が多いのも確かです

 

住宅ローンなどはまさにそれで、周りが持ち家を騒ぎ立てるから必要だと思い込んでいる人も多いわけです。

派遣の登録スタッフさんから「持ち家を急がないといけないので正社員になれる道を!」みたいなことを言われると謎のモヤモヤが残ります。人様の価値観だけど、なんか焦りすぎてないか?と。

 

家など「高額な物を買うためには正社員でなければいけない」という法律などはありません。

じぶんの価値判断で物事を見るべきです。正社員になれなくて困っている方が、実はそんなに急いで手にする必要でないメリットを正社員に見出してしまい焦ることのないようにだけご注意くださいませ。

ゆっくりでもいいのです。仮に非正規で働いていたとしても、確実に一歩を踏みしめて前に進めれば問題ないんです

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。