じぶんが家族を養っていけるか不安だな

フリーターとして働いていると、収入面で不安がありますよね。ぼくも収入がほとんど無いフリーター時代は、そう思ってました。今もやはり変わらず、収入が少ないので結婚はきついかなと不安。

しかし、派遣事業で働くことでこれらの考えは、時代にマッチしない悩みであることも実感しています。結論から言えば、フリーターでも結婚できるということ。

 

今の若い世代はわかりませんが、30代くらいの人は「養う」という意味で結婚を考える人も多いと思うんですね。

男性なら、じぶんの給料でやっていけるんだろうかと。女性なら、専業主婦でもオッケーしてくれる人はいるのだろうかと。

共働きが当たり前の時代でも、旧時代の価値観を持っているわけです。でも、男性が働き、女性が家を守るスタイルはもう古い!

低所得でも、結婚はできるんです

夫婦は支え合いの時代に

派遣には多くの既婚女性が登録しているんですね。でも働く理由は、「家計の足しに」と考えている人がほとんどです。

非正規の男性を支える奥さんもいますが、雇用者の3人に1人が非正規の現状ですから、そういうケースも多々ありますね。

 

「一家の大黒柱」という表現が残っているため、ぼくなどは稼いで嫁も子供も支えねば・・と思っていたのですが。

派遣事業所に就職してからは、「支え合えばいいのかな」という考えが芽生えるようになったのです。「あ・・俺だけが背負う必要もないのかな」って。

「男性が頑張って稼ぐ」というプレッシャーがキツイことを察した女性は、女性で感じ取ってくれているようです。

 

男性は非正規から正社員になることをまず目指そう

正社員になっても低所得だから・・と諦めてはいけません。逆に、今の時代は「正社員」というだけでも肩書になるのです。

不安定な時代ですから、女性も多くの非正規スタッフさんが働いています。派遣もそうですが、パートやバイトで生計を立てている人も多い。そこで、男性が正社員であれば、少しは肩書にもなるのです。

そのため、フリーターの人なら正社員を目指せばいいですし、低収入の正社員であっても、自信を持って働けばいいということです。

 

正社員は、社会保険を始めとした保証が完備されているため、女性も安心してサポートができます。

ぼくの担当しているスタッフさんには、30代の女性もいるのですが、「夫の給料でなんとか生活できるけど、万が一の時の貯蓄を作っている」と働いている人もチラホラ。

 

夫に頼るところは頼るけれど、正社員だからこそサポートできるという意味合いは大いに含んでいるものだと感じました。

ちなみに、旦那さんは結婚当初はフリーターだったそうです。

結婚後に子供ができたことで頑張り、そこから正社員になれたというエピソードは、ぼくも聞いていて嬉しく思えました。じぶんにもチャンスはあるかなとw

 

まとめ 低所得や非正規ならば、頑張って支え合う道を模索すればいい

結論としては、非正規や低所得の男性でも、軸となって稼いでいれば、奥さんにサポートしてもらえるということです。

ひと昔前なら、旦那さんが稼いでくることを期待している女性も多かったと思いますが、今の時代は話も違います。

いくら旦那さんが稼いでいても、会社が倒産してしまえば収入源は途絶えてしまいます。これらを想定して、旦那が稼いでいようがいまいが女性も働くというわけです。

 

男性も事情があって、正社員で働けていない人もいますよね。しかし、じぶんの人生に女性がサポートをしてくれると思うと、少しは将来のイメージも変わるはず。

「どうせフリーターだから」、「非正規だから」という考えを改めて、少しでも生活をバージョンアップさせる働き方を目指すべきだと思います。

結婚を視野にしている方は、モチベーションとして結婚を目標にすれば頑張る気力もわいてきますよ。


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。