携帯電話を持たないまま就活をされている方」はいないでしょうか?

もし所持していないなら、早く持った方が良いです。そのままだと「就活に置いて不利になる」ことが予測されます。

 

元旦の話です。

疎遠になっていた友人で、電話もメールも繋がらなくなった人がいたんですね。その友人から久しぶりに年賀状が届いていました。

そこに書かれていたのは「携帯電話を解約しているので電話番号を書いておきます」の内容。「それで連絡がつかなかったのかー」と思い連絡。

 

久しぶりにメシを一緒にしてきました。新年早々、蕎麦をすする男二人組w

聞くところによると彼は無職で、今も就活中との事。

これは携帯が無いから就職できていないのでは?」と思うところがあったので書いてみます。

携帯を持たないと就職できない?

彼の話を聞いていると、とりあえず面接は受けていると言います。

ぼくも派遣営業で人材サービスの仕事をしているので相談を受けますが、特に彼に悪い点も見当たらず。

ただ、気になると言えば携帯を持っていないことただ一つでした。

 

スマホ代金も、それなりに値段が掛かり月額5000円とかを支払っていたそうで。

節約も兼ねて、自宅電話で済ませようと考えての解約だったそうです。節約してもいいのかと思う話ですがw

 

話を聞くと節約していて堅実っぽいのですが不便な気がしました。特に就活中ですからね。

ぼくも派遣事業所から派遣スタッフさんに電話をしますが、やはり携帯が無い人というのはやや電話が面倒に感じるんですね

 

ダイレクトに本人さんに繋がる携帯ではなく、ワンクッションご家族さんを通すためです。

これは企業も同じで、採用しようかと考えた時に連絡を入れる手段に自宅電話だと・・「手間」をイメージしやすい。

そういう意味で、就職できない可能性が上がってしまうんですよ。

 

完全に一人暮らしで自宅電話だけという人も少ないと思うので、携帯を持っていない人はせめて格安の月額1000円くらいの携帯は持った方が良いです。

(関連:電話による就活トラブル)

 

携帯を持っていない人は、一般社会では「非常識」にも見える

社会の流れというのは重要で、やはり携帯を持っていない人というのは程度の差はあれ非常識にも見えます。

言葉に語弊があるかもしれませんが、常識的に考えると携帯の一台くらい無いと違和感があるということ。

おそらく、ここの読者さんも友人に携帯を持っていない人がいると「何だか変わった人だな」と思うはずなんですね。

お金は必要ですが「携帯所持による一般社会との繋がり」を連想させることが大事

社会と繋がりがあるんだなということが伺えるのは重要です。ぼくも引きこもり時代など携帯を持たなかった時期もあるので(汗)

携帯が無いと、人間関係が特にないことを意味します。

 

繋がりが無いということは、社会性などにリンクするのでやはり会社側にもイメージ的によく見せられませんよね。

こういう話から、携帯くらいは持たないと就職は厳しいという印象を新年早々に受けました。

友人にこの話をすると、携帯を持つのはお金がかかると反発するのですが。

 

今なら格安スマホなどで持てば、月額1000~2000円くらいを支払えばふつうに所持できます。

ぜひ携帯を持っていない人は所持することをオススメします。

 

携帯が無くても、仲介に入る事業を通すと多少緩和はされます派遣やエージェントですね。

ハロワなどだとお互いに直のやり取りなので、やはり携帯的なものは必須だと言えるでしょう。

派遣営業マン厳選!おすすめ派遣&エージェント





派遣&転職エージェント選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各求人会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事でのモチベーションとなるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要です。

そのため派遣営業マンとして実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んでおります。
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんのレベルが高いDODAのサポートが非常に良いです。

    成長企業の筆頭格であり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため就職しやすいですね。

    もし転職に悩む30代の方であれば登録で見れる非公開案件だけでも聞きにいかれると違います。 資格・スキルがある方はもちろんフリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため充実感は得やすいのでオススメです。

    DODAに登録する
  • リクナビネクスト


    リクナビネクスト

    派遣が中心ではありませんが求人サイト利用者の8割が使っているリクルート系列の総本山です。

    フリーターはもちろん、現役の正社員向けに網羅された非公開求人は登録することで全て見れます。

    ぼくの派遣事業所に来られるスタッフさんのアンケート結果でも良く使っていた求人サイト№1だったので間違いありません。

    登録と同時にリクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断も使えるようになってオトク。派遣以外の通常求人でも就活する予定なら外せないですね。

    リクナビNEXT
  • リクルートエージェント




    リクナビネクストのエージェント版というポジションです。上記2社と同じように、実際にお世話になりました。

    取り扱う求人は少なくなりますが、現職場(ハケン事業所)への求人紹介はここで見つけています。無職だったのですが、経歴なども一緒に作成してもらい感謝感謝。

    上記2社の求人に納得できなければ、抑えとして利用されることをオススメします

    リクルートエージェントに登録する
派遣営業をしていると分かるのですが、やはり大手であるDODAやリクナビのポジションになると条件交渉で優位に立てます。

知名度のある会社ほど、企業側も予算を組んで出してくれるので使わない手は無いです。

スキルや資格を条件に紹介してくれるところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、まずは登録しないと分からないことも多いです。

まずは登録して見られる非公開求人をチェックして、そこから進むと意外と早く仕事が決まるのでまずは行動を起こして良い転職を決めちゃいましょう。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。