30代後半(むしろアラフォー)で職歴の無い人というのは一定数いらっしゃいます。

これは派遣営業で働いていると分かるんですが、おそらく皆さんの思う以上に多いかと。

 

でもご安心を。一般的に難しいと思われがちな年齢(30代後半)や職歴ナシでも、きっちりと就職する事は可能です。

なぜなら、ぼくが就職業界の裏事情も踏まえた上でここで流せるから

 

闇雲に応募して、何だか手ごたえを感じないまま不採用・・な日常を繰り返していたのでは結果も出ません。

就職するための方法」を、ここで学んで頂ければと思います。

30代で職歴が無いなら「担当者」をつけるべき

ひとまず言えることは、30代で職歴がないなら担当者をつけた方が良いです。

担当者は各求人サービスによって違うんですが、ひとまず固定の相談員がいるかどうか。

 

  • ハローワークなら窓口の相談員
  • 派遣会社なら就職アドバイザー
  • 人材エージェントならコンサルタント

 

こういった、求職者と一緒になって仕事を探してくれる人です。

人材業界で働いていて威力を思い知ってるんですが、担当者のフォローは絶大な影響を持ちます。

 

特に30代で職歴が無いと、その人の個性や特徴がなかなか見えにくくなりますよね。

そうなると評価されたくても評価ポイントが経歴では見えないので不利になりがち。

「担当してくれる人」が出来ると、自分という存在を客観的に評価してくれるチャンスも増えるのでオススメです。

 

何度か顔を合わせて顔なじみになってしまうと「担当者目線からの人材の良さ」も分かりますから。

そこから、仕事の紹介が上手く機能していく事に繋がります。

 

ぼくも元々がバイトやフリーターをしていましたが、結果的にいい担当者に巡り合って仕事が見つかったケースが多いんですね

同じように、派遣営業マンになった立場からも「その人となり」が見えた時に仕事の紹介がしやすいと実感しています。

 

行動力は正義。気になる求人は一通り受けるべき

就活というのは、行動力がすべてだと言えます。

先ほど、担当者を付けて相談をしなさいと言いましたが、結果的には行動したもの勝ち。

 

求人で気になる案件があればまずは行動。

行動こそが正義になるので、良いなと思う仕事があれば面接くらいは受けに行くようにしましょう。

とにかく受けるというのは、それなりに意味を持つんですね。

 

そもそも、面接でアピールする事は中途採用では大きな効果を発揮します。

新卒学生との違いでもあるんですが、中途採用者はどうしても面接重視になるんですよ。筆記が無いところも多いですからね。

そこで上手く面接への応対ができればいいですが、これも場数が最後はモノをいう世界です。

 

ぼくもお顔合わせについて行くことは多いですが、職歴が無くても回数をこなしている人はどんどん上手くなっているのが分かります。

企業の担当さんも、ふつうに応対できる方であれば「この人は大丈夫だ」と信じてくれるので採用してくれる傾向アリ

 

せっかく根が真面目で、面接も丁寧にこなせたとしても場慣れしてなくて声を詰まらせていたら説得力に欠けますよね。

ぼくはこの点で、行動した人だけが慣れて行く現実を知って欲しいと思うんです。やった分だけ、自分に結果が返ってくるんだと。

複数社を受ける行動力があれば、それだけ職歴の有無など気にしない会社にふつうに当たりますから。

 

「職歴が不要な仕事」は見極めよ

ちなみに、就活の実行に移るには「職歴不要」な仕事を選ぶ必要があります。

職歴の要らない仕事は意外と多く、以下のパターンに分かれます。

 

独学で学びながら出来るタイプの仕事

営業・事務関係

例えば「営業職」など仕事を独学で学べる系なら職歴は不要です。

営業は基礎的なビジネスマナーを元に、相手と交渉したりアポを取ったりするお仕事。

幅広い分野で言うと、ぼくの派遣営業も同じですが他社に行ってお仕事を貰ったりサービスを利用してもらう仕事ですね。

 

業界未経験からのスタートになっても、書店にある「ビジネスマナー」や「売れる営業マンの仕事術」といった本でカバーできるのが魅力

「営業なんて絶対無理だわw」と思っていたぼく自身も、ぶっちゃけ派遣営業をやってみてノウハウが少しずつ分かってきたので。

 

30代で職歴が無い方でも、一から教えてくれる会社も多いのでチャレンジする価値はあります。

仮に転職しても、ビジネスマナーというのは役立つ事ばかりなのでオトクな仕事ですよ。

 

行動しながら身体が覚えて行くタイプの仕事

工場・製造

職場に入ってから仕事を覚えて行く業種です。

工場労働など、ウチの派遣事業所でも多く扱っています。ぶっちゃけ、30代の職歴ナシくらいなら問題なく採用されますよ。

 

工場や製造現場は、ひとまず身体が覚えないと続きません。そのため座っているより身体を動かしていた方が良い人は向いています

あまり考えたくないという方もいるんですが、そういう方が流れ作業を自然と身につけているケースは多いですね。

 

働き方は個々によって適正があるので、身体を動かしたい人はこういった仕事から入るのをオススメしたいです。

色んな人がいるのが工場の特徴で、全くの異業種から来た人たちで構成されている職場もあります。

ホワイトカラーの仕事でもあるため人気してますね。

 

対面で接客するサービス業

販売・飲食

対人スキルが求められますが、販売などもゼロからスタートできる仕事です。

これは企業さんから言われていることですが

商品知識はいくら事前に勉強していても役に立たない。時の流れと共に商品は変わっていくから。

それよりも、新しい物を売りたい気持ちが重要だ。

 

なんか飲み会の席だったんですけどねw

仕事上、まったくの職歴ナシの方でもどんどん採用するという話でした。

 

商品知識がある人を雇っても、また違う商品が出てきたら古い情報なので必要なくなるんですよ。

それよりも、新しい物を売りたいという気持ちで攻める人を求めるようです

特に販売員の方などは、商品を売る事が目的なので職歴はあまり関係ありません。

 

ぼくも日々、新しい求人が到着するたびに「この仕事を案内するには・・」と勉強してますw

 

体力・肉体労働などタフさが求められる仕事

トラック運転・介護

肉体自慢の方なら、軽い資格や免許を持つだけで働けるものが選択肢に入ってきます。

トラック運転手なども人気ですが、長距離を運転できる体力が必要。

 

「途中で疲れて休憩したい」となると、仕事が進まないですからね。だからこそ元気な人が重宝されます。

運転していればいいのですが、緊張感で疲れるので肉体的にタフな人がいいですよ

 

介護も同じで、今のところはロボットなどが入れてないので体力勝負なところがあります。

トラックも介護も夜働くことになれば、収入も上がりやすいですし

 

お金の面でいうなら、30代職歴ナシの人でも一気に貰える夢のある業種。(※夜勤をする必要あり)

ウチの派遣もですが、大抵のところで見つかる仕事なので興味があればやってみるといいでしょう。

(介護でブラックな職場を選ばない方法)

 

「担当者つき×豊富な職種」ならDODAがおすすめ

最後はどこで仕事を探すかですが、個人的にオススメできるのはDODAです。

理由は上記に挙げたポイントがまとまっているからです。

 

相談できるコンサルタントがついて、同時に職種が豊富で選び放題になるというのは大きい。

遠方であれば電話相談もありますし、近ければ直で会えば履歴書の書き方なども教えてくれますから。

かなり便利な時代になっていることを体験されるといいですよ。

 

登録しておけば、いつでも非公開求人が見れるので職業選択の幅も広がります

このように考えてみると、意外と30代で職歴が無くても就職できそうに思えてきませんか?

 

実際、ぼくの勤める派遣会社でも職歴ナシ30代の方も就職しているのでぜひチャレンジしてみて下さい。


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。