30代後半で転職すると、年収は大幅にダウンしても仕方がない

このように転職で年収がマイナスになることを考えていると、本当に年収ダウンが当たり前になってしまいます。(参考:転職における年収の増減)

 

転職に対してネガティブな印象を持たれている方は、「30代で仕事を変える=年収ダウン」と安易に考えがちです。こういうケースは、間違った転職情報から生まれるんだなと思うばかりです。

そう思ったのも先月から、ちょうど転職にネガティブな考えを持つ男性(36歳)がウチの派遣事業に来られていたんですね。もう仕事を決められましたが、転職によって大幅な年収ダウンをさせてしまいました。(止めようがなかったのもあるのですが)

 

彼の年収大幅ダウンを巡って、上司が怒っていたため社内ではしばらく問題になってしまったわけです。なぜ大幅な年収ダウンが起こったのか、30代転職を考えられている方には参考にしていただければと思います。

36歳の男性は、もっと上を目指せるハイスペックな人材だった

上司が怒ったのも無理はなく、この36歳の男性はいわゆるハイスペックな人材だったんですね。前職がアプリ開発をされていて、プロジェクトリーダーを任されるほど。

有名な国立大学を出られていて、ニートや引きこもっていたぼくとは真逆な経歴だなという印象を受けました(汗)

 

年収も細かくは言えませんが、600万円ほど貰っていたようです。腕は確かで、「彼なら転職でさらに収入アップも期待できるだろう」という話でアドバイザーが対応していたのですが・・。

彼は、大卒からずっと同じところで勤めてきたためか、「転職することは状況を悪くする」という考えを持っていました。今回の転職も、やむを得ない事情があって(特定されてはいけないので細かくは書けないのですが・・)とのこと。

 

「転職したら年収も下がって良いこと無し」という間違った情報だけが頭にあるので、逆に好条件のところは怪しくて眼中になくなってしまっていたわけです。(初めから超ブラック企業と決めつけるという具合に)

ウチの派遣事業も、そこまで高給なIT業を扱っているわけでは無いですが、最低でも彼の年収維持はできそうだったのですが・・。プラス50万くらいなら狙えそうな気配もあったんですけどね。

 

本人さんは、「転職するんだから、また一から足場を組み立てるつもりで頑張らなければ」といった考えが強く、そのまま年収500万という大幅ダウンしてしまう会社を選ばれたわけです。

ウチの派遣事業的にも損失なので、ここは上を狙ってもらう方が良かったのですが、彼の考えは変わらず・・。

 

ぼくは担当してなかったのですが、同僚は勿体ないと言ってましたね・・。真面目だけど、転職で収入が上がる方向に意識が無いのも怖いなと考えさせられてしまいました・・。

 

最初から年収アップを諦めている人材は勿体ない

今回の男性に限りませんが、転職の誤解の1つに「年収アップは厳しいけど、年収の大幅ダウンはよくある」というデマはまだまだ社会に残っています。

確かに容易に年収が上がるとは言いません。下がることもありますよ。

 

ただ意識的な方向が、「年収は下がる」にしかないと下がるしかありません。そっちの方向しか見えないわけですから。「上がる可能性」に目を向けると、やはりチャレンジ精神は必要ですし相応に仕事も難しくなることもあります。

「諦めてしまった状況か、それとも上を見ているのか」の問題は、何もこの男性だけの問題ではないんですよね。ニートやフリーターからでも、やれると思ったら収入は少しでも多いところを目指せますし、叶えば思っているより条件の良い仕事は見つけられますから。

 

年収だけがすべてでは無いですが、最初から転職で年収が下がると決めないことを心がけて欲しいと思うケースでした。

 

また、彼のようなケースだと、「年収が上がるか下がるか」はじぶんで判断できないこともありますよね。そんな時は、転職アドバイザーがいる機関を頼るのがベスト。

30代転職まとめサイトにも掲載していますが、DODAリクルートエージェントならぼくも相談経験があるのでオススメできます。「年収は上がりますか?」から質問されてみる習慣を持つべきですよ。


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。