派遣で働くと有給休暇は取れるの?

派遣会社で働く際に、どのように有休を取得すればいいかをお話します。派遣会社での就労は、少し一般的な働き方と違うため「有給が取れない」と思っている人がいます。

 

毎月のように、何人かの派遣スタッフさんから「有給って取れるんですか?」と質問されることから関心の高さが伺えます。ぼくも有給は権利として使う物だと考えているので、気になる派ですw

そんな派遣の有給ですが、もちろん労働者の権利です。一定期間を勤めて有給取得の権利を持てば、誰でも申請して受けることが可能。

 

ただし、これは派遣会社によってルールが違うようで、取るにも取りにくいと感じる人も多いようです。ウチの派遣事業を例に、どのようにすれば有給の権利が奪いやすくなるのかをお話します。

有給時の給料を支払うのは派遣会社

有給休暇における給料の支払いなのですが、これは派遣先の会社ではなく派遣元である派遣会社が支払う決まりとなっています。そのため、有給が欲しいなら派遣会社サイドに訴えないといけません

この点は、職場で「有給が欲しい」と訴えにくい日本社会の中で、意外と有利に働きます。職場内でじぶんが休むというのは、いい顔をしない同僚もいるからです。

 

もちろん、派遣元もスタッフさんの休みの間に給料を支払わないといけないので、本音を言うなら払わない方が得をすると考える人もいます。でも権利は権利。働いているのだから、主張することに問題はありません。

では、派遣元での交渉の仕方をお教えします。

 

先ほど、派遣会社によって有給ルールは違うと書きましたが、本当にバラバラです。良い派遣会社だと、特に問題なく「了解しました!」と取れる流れに入ります。

逆に、かなりシビアな派遣会社だと「なるべく有給取得を避けよう」と話を持って行くこともあるんですね。ぼくの勤める派遣会社も、多少のルールがあるので参考にしつつ上手い言い方を話します。

 

原則1ヵ月前に申請(病欠時の申請は別)

派遣によりますが、急な申請はなかなか通らないことが多いと思います。勤務シフトを決める兼ね合いもあり、一か月前に伝えてきた人に有給権利があれば認めるという形。

例外的に、病欠時は急な申請でも受けることにしています。派遣スタッフさんは出勤して始めて給料になるので、休んでいる間を保証する意味でぼくの事業所では使われています。

 

派遣会社によっては、「完全に病欠のみ」と決めてるところもあるそうで・・。さすがにそれは有給の権利とは言えないので、ぼくはもっと権利主張をして良いと思います

 

派遣先にスタッフさんから伝えてもらう

また申請する場合ですが、ぼくの勤める派遣事業所では派遣先に報告だけは伝えてもらうようにお願いしています。

もちろん、派遣元がすべて交渉して有休をスタッフさんに取らせるのですが。

 

派遣スタッフさんが「勝手に有休取得して休んだ」という印象を持たれないためにという意味ですね。

「今度、派遣会社と相談して有休を取ることになったのでよろしくお願いします」のひと言があると、派遣先の心象も悪くないですから。

 

ここで有給が下りないとなれば、それは派遣元の仕事であるので問題ないですから。

派遣先の会社は支払わないでいいため、よっぽど重要な任務についているスタッフさん以外はそんなに止められないですけどね。

 

じぶんから言い出した方のみ有給を使える

何よりも、じぶんから切り出すかどうかが重要です。

ウチの会社の方針なのですが、こんな感じです・・。本当は、こちらから「有給がありますよ!取りましょう!」と言って差し上げたいのですが・・。ぼくも雇われの身で、言うに言えないというジレンマがあります(汗)

 

派遣会社もよっぽど運営が上手く行っているところならいいのですが。そうじゃないところも多いので。知識として「有給が取れる」と知っている人は有利になるという感じ。

切り出し方が分からないというスタッフさんは「派遣会社でも、有給は取れると聞いたので取得したいのですが」と伝えてみましょう。派遣アドバイザー・営業のどちらでも問題ありませんので。

 

ちなみに、関係が出来ている人の方が言いやすいかと思います。ぼくも、馴染みのスタッフさんから「有給どうなってますかー」と聞かれることも多いので。

人間ですから、知ってる人からそう言われたら濁せないですw 仮に、是が非でもスタッフさんに有給を取らせない悪質な派遣があればさっさと乗り換えてしまう方がいいです。

 

そういう会社は、有給うんぬんよりも労働者の権利を蔑ろにしている可能性があるからですね。良い有給取得の方向に向かえるよう、応援しております!

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。