一般教養がないのですが、面接ではどんなことを聞かれますか?

ぼくの勤める派遣事業所にくる方から、「一般教養」について聞かれることがあります。内容としては、「企業側がどれくらいの教養を求めているのか」を知りたいとのこと。

 

面接などで問われることも多いため、気にしている人が一定数いるようです。

結論から言うと、「企業によって異なる」としか言えないので何とも答えにくいところ。ぼくも教養がないタイプなので・・。

 

ただ、それでも一般教養として求められるレベルがあるとするなら、「池上彰さんの解説番組を聞いて理解できる」くらいがベストだと思っています。

なぜ池上彰さんを一般教養の基準に置いているのか。理由も述べておきます。

池上彰の話は、時事ネタを”わかりやすく”扱っている

「池上彰さんの話が分かればいい」というのは、単純ですが時事ネタを扱っているからなんですね。

というのも、企業の担当者さんから、「最近の人って世の中で何が起こってるか関心がないですよね」と言われることがあったから

 

職種にもよりますが、上司や先輩と話す中で「なんで知らないの?」と言われない程度の常識は身につけておくべき。30代くらいだと、だいぶ社会に詳しくなる前提で話す人もいますので。

何でも知っておく必要もないですが、最低限のレベルとして池上彰さんの分かりやすい解説と内容が理解できれば大丈夫

 

面接で、「関心のある話題はありますか?」と聞かれた際に、何に興味があるのか。そして出来事に対してどういう感想を持つか。

これくらいなら、テレビから得られる情報で十分対応できますよ。

 

一般教養を使わない職場もあるが・・

ぼくはこんなことを書いていますが、一般教養をそんなに求められずに働いてきています。なので、そこまで苦にしたことはありませんでした。

テレビもよく見る方なので苦手意識までは作ってなかったのも大きいかと。

さすがに今は、派遣営業をしている手前知らない話が減るようには努力はしておりますが・・。

 

営業などを目指される方は社外の人と話す機会も増えますし、ケースによっては仕事に影響する「ニュースなどを知らなければ話にならないこと」もありますから

 

ぼくが介護をしていた時などは、お話の相手がお年寄りだったので「今より昔の話」が求められたなど特殊なケースもありました(汗)

昭和のこととか、知らないと「ええ!?w」って反応されますので。ぼくも昭和生まれですが、お年寄りとはまた違うので難しいものがありましたね(笑)

 

もちろん、介護の現場でも「介護の制度」についてニュースがあると話には出てきましたけどね。

上司たちになると、「国の制度のこういうところが~」みたいな話をしているので、なるべくわかったフリをしてきましたw

 

30代の転職希望者は、池上彰を流し見するくらいの余力は持つべし

一般教養の話をしてきましたが、もし心配があるとすれば面接でしょう。

しかし先述しましたが、ニュースを見ているだけでも語れる意見や感想には色をつけられます。

 

「新聞は面倒で読みたくない」「ニュースはヤフーだけ」という人が増えているので、逆に言えば池上彰さんの番組を流し見しているくらいで十分な教養になります。

転職できない・・と考えていると、精神的な余裕も薄れてテレビも見なくなることもあろうかと思います。

 

それでも、余力を持ってニュースをチェックするなど出来る範囲で教養をつけるよう意識してみて下さい。

意識の問題だけでも、だいぶ一般教養はついてくるものですから。ぼくも、なるべく新聞は読んでいるのですが・・癖でテレビ欄から見ちゃうのは仕方ないですね(笑)

 

面接の練習などについては、派遣会社や転職エージェントを利用すれば先方企業から何を聞かれるかなどが教えてもらいやすいです。

お顔合わせの場にいる派遣営業の人などに、そのまま「一般教養は何か聞かれますか?」と前もって聞くなど対策はいくらでも取れますので。応援しております。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。