働き始めなので、電話を取っても意味がわからないことが多い

電話から逃げていませんか?新人として働き始めると、職場にかかってくる電話に出ても意味がわからないことが多いですよね。

ぼくも今の派遣事業所に就職して、2ヵ月が経つのですが、今も意味の分からない問い合わせがある・・という状態。電話は難しいです・・。。

 

しかし、それでも入社してから臆することなく電話には出続けています。その影響か、電話を取るだけで好感度はアップしているように感じます。

コミュニケーションが苦手なタイプなので、勝手に好感度が上がってくると楽。これらの話を織り交ぜつつ、新人は電話を取るべきという話をします。

職場内にかかってくる電話は、応対するのが面倒くさいのが基本

業種にもよりますが、「電話を置いていない会社」というのは基本的にありません。分かりやすく言えば、お店に電話が無いということですから。

お客さまが相手でなくとも、取引先の企業や連携している企業など繋がりゼロでやっている仕事なんてごくごくわずか。

 

電話対応は、基本中の基本の仕事なのです。

ただ、入社したての頃は電話があっても内容の理解ができないですよね。

以前から働いていれば、会社内部の事情も熟知して応対できるのですが・・。新入りには面倒のひと言。

 

そして、これらは新人期を抜けても面倒なんですねww

仕事に集中していて、途中で手が止まることはもちろん、問い合わせに応じてさらなる応対が求められる・・。

みんな口にはしませんが「面倒臭い・・・」という思いは抱えていると思っておきましょう

 

ぼくも、今の事業所にかかってくる電話はやはりわかりません(笑)それでも、電話は取るようにしています。

面倒ごとを引き受けることで、コミュニケーションが苦手なぼくでも、勝手に好感度が上がるポイントにもなっています。代わりに出るだけで違いますから

 

面倒ごとは「はい!よろこんで!」の精神

こんな面倒な電話対応ですから、「誰かが代わりにやってくれ」と思っている人が多いのは事実なんですね。

もちろん、コールセンターみたいな電話をするのがメイン業務ならこれではいけませんが(笑)

 

小さな事業所や、電話はあくまでオプションの仕事では、面倒に感じる人がいるのも事実なのです。

そこでやるべき行動は、新人ほど「はい!よろこんで!」の精神で電話を取っちゃうことです。これはぼくもやっています。

これをすることで、電話対応が早く覚えられるというメリット。

 

そして、わからなければ誰か周りの人に代打を頼めるという気楽さがあるからです。新人の特権なんですね。

それにもかかわらず、「場合によっては一人で解決できる内容」もある。これらは新人だからこそやると得なのです。

 

周りの先輩は、「面倒ごとを率先して引き受けてくれているな」という目で見てくれるわけですから。これを利用しない手は無いという事です。

 

職場における面倒ごとは、電話ではなくてもいい。小さく引き受けろ

「電話が無い」とか「電話は1日に1回あるかないか」という業種の方もいますよね。

 

そういう方は、仕事の中で起こる面倒ごとを、少しでもいいから率先して引き受けてみてください。

たとえば、仕事場で誰かがやらないといけないことなどです。

 

ぼくは、介護をしていたころ、先輩より早く出勤して施設内の換気に窓を開けていたことがあります。

「誰でもできるけど、面倒な仕事」なので、「いつも悪いね」と労ってくれるんですよ。ほんの、先輩より5分早く職場に行くだけなのに(笑)

こういう小さな面倒ごとを受けておくと、コミュニケーションを取らずとも好感度もアップしています。

30代くらいになって、けっして20代のような若さが出せない新人さんでも、こんなアプローチがあると覚えておくと良いですよ。

 

面倒ごとを引き受けて、好感度もアップ!コミュニケーションも取りやすいという働き方を目指す。作戦としてありだと覚えておいてください。

派遣営業マン厳選!おすすめ派遣&エージェント





派遣&転職エージェント選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各求人会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事でのモチベーションとなるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要です。

そのため派遣営業マンとして実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んでおります。
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんのレベルが高いDODAのサポートが非常に良いです。

    成長企業の筆頭格であり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため就職しやすいですね。

    もし転職に悩む30代の方であれば登録で見れる非公開案件だけでも聞きにいかれると違います。 資格・スキルがある方はもちろんフリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため充実感は得やすいのでオススメです。

    DODAに登録する
  • リクナビネクスト


    リクナビネクスト

    派遣が中心ではありませんが求人サイト利用者の8割が使っているリクルート系列の総本山です。

    フリーターはもちろん、現役の正社員向けに網羅された非公開求人は登録することで全て見れます。

    ぼくの派遣事業所に来られるスタッフさんのアンケート結果でも良く使っていた求人サイト№1だったので間違いありません。

    登録と同時にリクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断も使えるようになってオトク。派遣以外の通常求人でも就活する予定なら外せないですね。

    リクナビNEXT
  • リクルートエージェント




    リクナビネクストのエージェント版というポジションです。上記2社と同じように、実際にお世話になりました。

    取り扱う求人は少なくなりますが、現職場(ハケン事業所)への求人紹介はここで見つけています。無職だったのですが、経歴なども一緒に作成してもらい感謝感謝。

    上記2社の求人に納得できなければ、抑えとして利用されることをオススメします

    リクルートエージェントに登録する
派遣営業をしていると分かるのですが、やはり大手であるDODAやリクナビのポジションになると条件交渉で優位に立てます。

知名度のある会社ほど、企業側も予算を組んで出してくれるので使わない手は無いです。

スキルや資格を条件に紹介してくれるところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、まずは登録しないと分からないことも多いです。

まずは登録して見られる非公開求人をチェックして、そこから進むと意外と早く仕事が決まるのでまずは行動を起こして良い転職を決めちゃいましょう。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。