介護用品の営業ですが、最終面接まで行ったのにあっさりと落とされましたw お祈りメールww

面接官も「まだ悩んでいる」とか言いながらサクサクっと落とすなよー。。と言いたいところですが落ち込んでも仕方がないw

実は、こういう時のために応募していた職種からも面接を受けさせてもらっておりました。まだ結果待ちですが、同時進行で進めておくのは、就活をスムーズにさせる手ですね

リスク的に同じところの採用結果を待っていると、落ちた時にゼロスタートなので同時で面接は受けておいた方が良いです。

すでに面接を終えてきた、流れを書いておこうと思います。

雑誌の編集にあこがれて応募してみたw

好きな漫画ランキングでも書いたのですが、黒木華が好きでして。ドラマも見ていた影響か、出版の業種に憧れたのは確かですね。

そんな中、介護系の雑誌にまつわる仕事を見つけたので応募しちゃおうかなと。黒木華はマンガ編集でしたが、介護関係の雑誌編集も似たような物かなと(笑)

編集や広告業の経験はないのですが、介護をやっていた人間としての視点はあるのでアピールしておきました。

「介護は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」と言わんばかりに。

編集はデスクワーク。これなら肉体労働ではないので、僕の腰についての負担も少なそうなのでこれで行ってみようという狙いですね。

リクナビのレジュメに書いた経歴について

応募したレジュメの経歴は、相変わらず胡散臭いのですが、ここ数年で介護に携わったことは十分にアピールして送っています。ひとまず面接に行けたのは、やはり経歴を見てもらえているからなのかなという感想。

30代頑張ってる!やる気に満ち溢れている人材を演出しようと、ガンガンに書いておきました。

過去の職歴と職務内容のアピールで強調したのは

  • 現場での介護業務
  • ご家族さまとの面談
  • 他施設での勉強会

など、介護をしていなければわからない視点で色々と書いておくことにしました。「専門的にその仕事に携わらないと分からない事」をぶち込んでおくことが、興味を引かせるコツなのかもしれません。

イメージすれば分かる範囲の仕事はもちろん必要ですが、他業種の人から「そんな仕事もあるんだ」と思わせることは重要だと思います。

プロフェッショナルとして働いてきたことをアピールするチャンスですからね。というわけで、面接に行ってきた話を書いておきます。

出版社というか、意外と小さな会社だった

面接に行った場所は、原チャリで40分くらいのところなのですが予想より小さかったという感じです。出版とか広告ってドーンと大きく構えてるイメージだったので。(失礼)

少数精鋭でやってる会社のようですし、確かにパソコンでひたすら原稿を作るだけならそこまで大きくなくてもいいんでしょうね~。

特に介護なので、そんなに多くの人を集めて取材に出向くという必要もないですから。

ちなみに、出版社は特定されないようにボカシています(笑)

面接で聞かれた事 やっぱ出版業は知識を求めてくるね

さすが介護を専門に雑誌作っているだけあります。質問が思った以上に厳しいw

ここをお読みのすべての方が、介護関係の方とは思えないので、質問された事だけ羅列しておきます。回答はしていますが、専門的な話になるのでここはスルーしますw

  • これからの介護事業に必要な視点、考えについて簡単に説明してください
  • 介護は3Kと言われていますが、イメージを変えるために必要なことは何だと思いますか
  • 高齢化していく社会について、政府や行政に頼らずできることを挙げて下さい

みたいなことを言われました・・w これ、僕の働いてきた職場でも答えられる人は少ないと思うんだけどww

このように「難しいなww」というのが率直な感想で、正直あまり上手い答えは言えませんでした。これは現場で働いてなかったら、まともに答える気力すら失せていたように思います

まあ、雑誌編集というのは専門領域を掘り下げてそれを掲載するので、浅はかな知識では入社できない事を物語っているとも言えます。

どうなるのかわかりませんが、手応え的には不採用臭いんですよねw 引き続き、転職活動を頑張ろうと思います。

経歴もボロボロの38歳の僕ですが、リクナビNEXTはそんなに警戒せずに応募してみると、面接くらい普通に30代でも受けさせてくれる印象になってきました

無駄に「30代は~」と馬鹿にされる風潮がありますが、気にせず応募して受けさせてくれるところに出向くのが正攻法です。

派遣営業マン厳選!おすすめ派遣&エージェント





派遣&転職エージェント選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各求人会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事でのモチベーションとなるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要です。

そのため派遣営業マンとして実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んでおります。
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんのレベルが高いDODAのサポートが非常に良いです。

    成長企業の筆頭格であり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため就職しやすいですね。

    もし転職に悩む30代の方であれば登録で見れる非公開案件だけでも聞きにいかれると違います。 資格・スキルがある方はもちろんフリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため充実感は得やすいのでオススメです。

    DODAに登録する
  • リクナビネクスト


    リクナビネクスト

    派遣が中心ではありませんが求人サイト利用者の8割が使っているリクルート系列の総本山です。

    フリーターはもちろん、現役の正社員向けに網羅された非公開求人は登録することで全て見れます。

    ぼくの派遣事業所に来られるスタッフさんのアンケート結果でも良く使っていた求人サイト№1だったので間違いありません。

    登録と同時にリクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断も使えるようになってオトク。派遣以外の通常求人でも就活する予定なら外せないですね。

    リクナビNEXT
  • リクルートエージェント




    リクナビネクストのエージェント版というポジションです。上記2社と同じように、実際にお世話になりました。

    取り扱う求人は少なくなりますが、現職場(ハケン事業所)への求人紹介はここで見つけています。無職だったのですが、経歴なども一緒に作成してもらい感謝感謝。

    上記2社の求人に納得できなければ、抑えとして利用されることをオススメします

    リクルートエージェントに登録する
派遣営業をしていると分かるのですが、やはり大手であるDODAやリクナビのポジションになると条件交渉で優位に立てます。

知名度のある会社ほど、企業側も予算を組んで出してくれるので使わない手は無いです。

スキルや資格を条件に紹介してくれるところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、まずは登録しないと分からないことも多いです。

まずは登録して見られる非公開求人をチェックして、そこから進むと意外と早く仕事が決まるのでまずは行動を起こして良い転職を決めちゃいましょう。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。