何も才能がない人はどうすればいいのか

30代就活。これといった経験を持っていない人や、挫折経験が多い人は「何も才能が無い」と嘆いていることはよくあります

 

ぼく自身も同じ経験をしており、「仕事を通じて発揮できる才能がない」と落ち込みながら生きてきました。ただ、転機はあったんですね。それが35歳から始めた介護です。

一般的に35歳くらいから仕事を始めると遅いと思われるかもしれませんが、特にこれといった才能のなかったぼくもここから人生の巻き返しが始まったと思います。

 

これには正社員に就職できたからという意味だけでなく、「作業速度」を明確に意識するようになったことも大きな変化。

ぼくの人生経験から語る話ですが、「仮に今35歳のニートだとしても人生は変えられる」ということをお伝えしてみたいと思います。

会社に評価される人材は、スキル所持者より「作業速度」が速い人

30代くらいから就活・転職する場合は、特別なスキルを持たない人でも採用される仕事は多くあります。ぼくが介護に入ったように、そこまで経験を積まなくてもいい仕事はまだまだあります。

ただ、入社するだけだと「じぶんには才能が無いからやっていけない」と考え不安にもなりますよね。

 

実際、ぼくの派遣事業所にも「何も取り柄がないんですが・・」という人がよく来ているので。でも、こういう方ほど「作業速度」を意識した仕事を心がけて頂くと上手くいくことも増えてきます

「何も才能が無い」といっても、一般職はひとまず未経験者でも募集していますし、30代であろうと道は開かれているわけです。才能はわかりませんが、どんな仕事もまずやってみないと分かりません。

 

その中でも、特に「作業速度」についてはどんな人でも会社の評価がつくようになります。年齢もスキルも学歴も無関係で

企業さんと話していてわかるのですが、評価基準としてのトレンドは、「仕事を早くしてくれる人」を求めているわけです。もう時代は特別なスキル・技能じゃないんですよ。

中途からでも始められるがゆえに、ポイントとなるのはそこからどうスピーディーに作業をしようと心がけてくれるかということ。才能とかの次元は少し古い価値観とも言えますね。

 

なぜ作業速度が速い人が評価されるのか

なぜ作業速度さえ早ければいいのかというと、会社という組織は営利目的の団体だからです。当たり前ですが・・(笑)

そのため、短い時間でやるべきことをやってくれる人がいれば、会社としては大きく売り上げに反映されますよね。逆に仕事が遅いと、雇っているのにコスパが悪いと言われます。過去のぼくがそうでした・・(汗)

 

ひと昔前なら、いい大学を出ていてスキルや資格を持った人を大事に評価する仕組みがあったのですが・・もう無くなりつつありますよね。

企業そのものが、「人を育てる余裕もなくなっている」ということです。「良い大学」を出ている人や「スキルを持った人」も、最初はペーペーなわけです。

 

育てる余裕はあまりなく、それよりもササッと仕事をしてくれるかどうかをチェックしたいのが今の企業ということ。

「仕事を速くする系」の書籍が多いのも、こういった背景が強くでているからです。

 

ぼくは35歳になって作業速度も意識するようになった

作業は早い方が良いというのは、ぼくがフリーター時代に意識せずに怒られていたから考えるようになったのがキッカケです。

もちろん、派遣営業をしていて企業サイドから意見をもらうことでも重要性が高いことを知ったのもありますが。気づけなかったのは、ぼくが何も考えずに働いていたのも大きいです・・・。

 

たとえば介護はチームワークなので、それなりにペースを合わせていく速度が求められるんですね。そのため、ぼくは仕事の早さだけを意識するようになりました。

特別に上手いテクニックや、スキルというのはあるに越したことは無いのですが・・。それよりも、「周りからさっさと仕事ができているよね」と評価されることを目指したわけです。

 

過去には、仕事が遅いと怒られてきたことが多いのですが35歳でスピード感の重要性をやっと知っていくことで変われたようにも思います。

これだけで、周りの評価も変わり僕の中では長い介護就労を送れたのも要因としてありました。といっても腰を痛めて辞めるまでの数年ですがw

特に何も才能がなくても、「早く働く」は効果があるということです。

 

何も才能が無い35歳からの仕事をするなら、「急ぐこと」を意識すれば変わる

けっこう世の中の仕事に誤解を持っている人っていますよね。ぼくもですが、何だか特別に得意なことがあって能力や才能を活用して働いているみたいな。

ぼくが正社員を目指すときも、この万能感とも言える社会の空気に圧倒されていたこともあるのですが・・。仕事を経験するなかで、別に中途から始めて仕事を早くするだけでも評価される対象になることを知り不安が薄らぐようになったわけです。

 

30代になっているけど「何もできる自信が無い」という人ほど、どうすれば与えられた仕事が速くなるのかを考える工夫をしてみて下さい。

働き始めると教えたがりの上司や先輩はきっといます。何も才能なんて要りません。ただそこに、急ごうと少しでも思う意識があれば、ぼくのように35歳・・いやもっと年齢が上でも人生は変わっていきますから。

 

たとえば仕事を探すにも、未経験や資格スキルなしの案件が多いリクナビNEXTはおすすめです。同時にスカウトメールも登録することで、じぶんが働いても良いなと思える仕事の知らせが来ることもよくあります。

可能性を広げる意味でも、リクナビ&スカウトメールでまずは一歩を踏み出してみると良いですよ。たった3分の登録から始まる就活。重い腰を上げるのに最適なのでオススメです。

30代向け履歴書」や「30代向け職務経歴書」など、応募については書き方をまとめているので参考にどうぞ。


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。