辞めようかと思うのですが・・」

ぼくの勤める派遣事業所から、正社員になった人が辞めたいと相談に来られていました。紹介予定派遣から始められたAさんで、きっちり試用期間も頑張っての正社員。39歳とぼくと年齢が近いです。

 

そんな彼ですが、「別の仕事を紹介して欲しい」と言ってこられました。転職するのは別にオッケーなのですが、せっかくの正社員なので手放すのは勿体ないなというのが率直な感想。

Aさんの辞めたがっている企業は、ちょうどぼくの担当企業なので会社内部のことは知っているつもりです。

 

それもあってか、勿体ないなと思うのと同時に「辞めるべきでない」と感じました。

基本的に「辞めたい」と思う職場は辞めた方が良いと考えるぼくですが、「辞めるべきでない」というケースについてまとめてみます。

単純作業ではなく、「色んな仕事を任されるケース」で辞めるのは勿体ない

「辞めない方がいいのでは?」と思っている理由は、Aさんの辞めたい企業は「色んな仕事を任される」という職場だったからです。

業種はマーケティング販促ですが下っ端も、上の人間も関係なくどんどん仕事にチャレンジを求められる社風。先輩・後輩の壁もなく、入社した順番なども関係ない場所です。

 

ふつうは、正社員であっても上からの命令で「似たようなこと」を繰り返してやる仕事は多いですよね。でも、この企業の場合はその要素が少ないということ。

社長さんの考えとして、「色んな物事に触れた方がキャリアアップにつながる」という思惑があるといいます。

社長自身が若いころ、似たような仕事しか与えられず嫌になった経験からこういった仕事場にしていると企業を訪問した際に伺っているんですね。

 

そのため、ぼく自身もこの企業さんのやり方は好きだったりします。ぼく自身は、今の職場でのデータ入力もさせられてるのですが飽き飽きしてたりするので羨ましい。(愚痴ですみませんw)

そういう事情もあって、Aさんが辞めるには「勿体ない」と感じています。

経験は何物にも代えがたい宝物ですから。特に、今の時代は万が一に会社が潰れた際にも、別の職場で働けるスキルアップの機会が少ない。「希少性の観点」からもお得だと思っています。

 

色んな仕事を任されるのは貴重

総括すると、「色んな仕事を任されるのは貴重」ということです。人によっては、同じような仕事を繰り返している方が楽だし慣れていくという考えもありますけどね。

Aさんの場合は、徹底的に突き詰めて同じことを極めたいタイプの方だったので苦しかったこともあるようです。性質的に、「色んなことをやらなければいけないこと」が苦痛の場合はムリをすることもないのですが。

 

けっきょく、彼の場合は「もう少しだけ続けてみる」という話に落ち着いたのですが、どうなるかは不明です。ウチの派遣会社からは40代でも採用される職場はあるので、後がないということもないので。

「辞めようかな・・辞めない方がいいかな・・」と迷われている方は、今の職場での業務を振り返ってみて下さい。少し先の将来のために、積みあがる物があれば辞める前に点検が必要です

 

考えた結果、まだまだ色んな仕事を任されて経験値が積みあがると思えば、もう少しだけ頑張るという道もあるわけですから。それでもダメなら初めて転職を意識されるといいですよ。

当ブログも30代就活を全力で応援しているので、困ったことがあれば過去記事を読み直すなどして頂ければと思います。

 

(関連記事:出世を諦めて転職を考える場合)


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。