フリーターをやってきたので正社員経験が1度も無い

正社員経験が無かったころのぼくは、とにかく履歴書を書くのが億劫でした・・。30代中盤で正社員になれてはいるものの、それまでは面接に行っても不安定なイメージを持たれて辛かったです。

 

しかし、正社員経験がなくても「なぜ正社員として働けていなかったのか」を説明できれば問題ありません

派遣営業として、採用担当者から伺っていることを暴露していこうと思います。盆休みですし、お盆明けに使える人が出てくるといいですね。

正社員になれない人が多いことを、企業側も理解している

まず前提として、「正社員になれない人が多いことを企業も理解している」と知って下さい。雇用情勢があまりにも不安定で、非正規雇用で取らないと運営できない会社も多いですから。

実際、ウチの事業所に人材派遣を申し出てくる企業さんも派遣スタッフを求めているわけで。(もちろん正社員を予定して採用したい企業さんも多いです)

 

仮に30代フリーターだとしても、企業もそれなりに就職が大変なことは理解してくれるので正社員経験がないことは気にしなくていいです。

ただ、「不況で雇用されにくかったので・・」と言ってしまうと責任を社会に丸投げしたように受け取られるのも事実

 

そこでフリーター経歴しかない人には、次のような意思表明をして欲しいのです。それは、「会社組織に属したい」と思っていることを。

 

会社がフリーターに求めるものは「帰属意識」である

述べてきたように、正社員歴がない人の事情も会社は理解しています。

今は3~4人に1人が非正規と言われいる時代。珍しい話でもありません。ぼくも35歳で正社員になっています(汗)

 

そんな正規未経験の人材でも、「会社組織に手堅く就職したい」という意思表示が強く出れば十分採用されます。ぼくの勤めている派遣事業所でも、やはり会社に属したいフリーターの方は正社員になりやすいですね

 

ぼくは、正社員になれない時期に「どうせここも非正規のまま辞めることになる」と思い込んで就活していたんですよ・・。

でもこんな考え方だと、面接では「ずっと働ける人材でありたい」という意思は表明しづらかったですし、何より会社側も「どうせ辞めるのでは?」という目で見てきます。

 

せっかく正社員になりたいのに、「ここでも今までのようにフリーターとしてのんびり働くつもりでは?」と受け取られたら損ですよね(汗)

なので、「会社にしっかり根付いて働きたい」という意思表明が重要になるということ。これらに注意して、以下のことを伝えられる履歴書作成・面接対応を心がけると変わります。

 

次の2つを履歴書に書けば、フリーター経歴も気にされない

ぼくが採用担当の方とお話をしていて、「求職者のこういうところを知りたい」とよく聞く話を2点にまとめました。これを使って、企業への帰属意思を明確化させるといいですよ。

  • 正社員経験が無かったのはなぜか
  • 会社に帰属する意思表明

 

まず正社員になれなかったことを、じぶんの中で分析することです。「雇用が不安定な時代だから」という責任放棄スタイルではなく、じぶんに何が足りず正社員経験が無いのかを伝えられればOKです

そして口を酸っぱくして書いてきた、「帰属の意思表明」ですね。もうフリーターを辞めて、正社員として長期的に働いていく意思を固めていることを伝えます。

 

「スキルを積み上げたい」とか「専門的に頑張っていきたい」といった継続を連想させるワードで攻めるなどいくらでもやり方はありますから。

派遣営業をしていると、やはり過去のぼくみたいに「今ひとつ正社員になりたいのか、なりたくないのか分からない人」もいます。

そうではなく、「正社員じゃなきゃダメだ」という意思をどんどん明確化していきましょう。びっくりするほど、今までとは違った反応を貰えるようになりますから。

 

お盆が明けたらすぐに調べられるように、30代転職サイトをまとめているので正社員を目指されている方はチェックされてみて下さい。


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。