正社員になっても、自由な時間が減るなら派遣の方がいい

正社員になることを目標にやってきたぼくですが、かなり衝撃的な話をされるスタッフさんと出会いました。半年前になりますが、ウチの事業所から派遣され働いている36歳の男性スタッフさんです。

 

派遣勤務が半年を超えたことや、真面目に働くことから先方企業の方に「そろそろ正社員に」と打診されるようになっています

派遣⇒正社員の道は今の時代では当たり前なので、当然その流れに乗るかなと思っていたのですが・・。

 

なんと36歳の彼は、手取り13万の派遣社員の現状をそのままキープすると言います。正規雇用されると、19万くらいに変わるのですが・・ふつうに断って派遣を続けているんですよ。

この話を聞いた感じだと、将来が不安な人みたいなイメージになりますが・・。彼なりの哲学があったのでちょっとここに書いてみます。生き方として参考になるなと思いました。

手取り13万あれば、ふつうに暮らしていける

彼の主張としては、「手取り13万もあれば生活はやっていけるでしょ」という言い分。

「正社員になって6万円増えても、自由な時間が減ってしまって人生の質が低下したら意味が無いんです」とまで言っていました。

 

ただ、13万円という金額だけでは物足りないとは思っているようで、他にも仕事をしていたりするんですね。彼は美大を出ていて、アートが得意なのですがイラストでもお金を稼いでいるようです。

ワンダーペイントウエディングのような感じで、ネットで受注して結婚式で使われるカップルのイラストを描いているとのこと。

 

描くことが好きで、それがお金にもなるとのことです。正社員になって描く時間が減ると、腕も鈍ることを危惧しているというわけです。

仮にイラストの仕事が無くなっても、最低限の生活費が派遣会社からあることでこの先もやっていけるという考え方。正社員だけに絞らない働き方に、彼なりの哲学を持っているので参考になるなと聞いてしまいましたね~。

 

36歳非正規の男性は、仕事の「リスク分散」をしていた

彼いわく、「正社員になっても会社が無くなったら意味が無い」と言います。(ウチの派遣事業もそんなに危ない会社とは契約してないのですが・・本質は彼の言う通りですね)

会社が無くなっても、イラストの受注を増やせば最低限の生活ができるとも聞きました。イラストの相場がわかりませんが、人気の人はそれなりに1枚単価が高いんでしょうね。

 

これを聞く限り、彼の中での生活スタイルが確立されているとわかり正社員化はそんなにオススメしないことにしました。不安定な時代における、「仕事のリスク分散」が彼の中で機能しているという話なんですよね。

派遣先に問題があっても、イラストで何とかできる。イラストがダメになっても、派遣先がある。2か所から収入を得ているというのは、彼に取っての「大事な保険」という感覚なわけです

 

ぼくもこれを聞いて、「確かに今働いているウチの派遣事業所も小規模だしな・・」と考えてしまいました。他にできることが無いので、正社員として働いた方がぼくはいいんですけどね。

彼のように「やりたいことがある」と明確にできる事を持っているなら、リスク分散された働き方を見つけるのもありでしょう

 

派遣で働くという話に限ると

  • きっちり定時で帰りやすい
  • 嫌になったら職場を変えやすい
  • 人間関係が正社員より浅い付き合いで済む

こういうところがメリットなので、掛け持ちしたい人には向いています。「正社員だけでやっていくぞ!」という方には関係ない話でしたが、こういう生き方もあるんだなと勉強になりました。

 

「派遣会社」なら、プロの派遣営業マンとして下記に厳選したサイトがあるので参考にされてみて下さい。30代という年齢なら、いくらでも道は開かれますから。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。