転職したいけど、土日休みの仕事が見つけられない・・」

「土日は休む前提」で仕事を探されている方は多いですよね。

ぼくは今の派遣事業所(土日休み)で働くまで、ずっと介護(シフト制)をしていたので転職希望する際に休みへのこだわりはありませんでした。

 

ただ、土日を休むことが当たり前のまま30代になった方は、転職する際にも土日休みを求めがち。結果的に、仕事探しが窮屈な状況に陥っている人もいるわけです

30代で転職を希望される方は「土日休み」を選ぶのか「シフト制」を選ぶのか。どちらに進むことがベストなのかを書いてみますね。

転職市場は土日休みが人気している=競争率は高い

結論から申しますと、ぼくは「平日休み(シフト制)」をオススメしています。理由は単純ですが、転職市場では「土日休み」が人気の傾向にあるからです。競争率が高くなるという話ですね。

求人サイトを含め、「土日祝休み」のチェック項目があるように、やっぱり土日は休みたい人が多いわけです。ぼくの勤める派遣事業所でも、土日休みを希望される方は多め

 

と言っても、露骨に土日休みが人気しているわけではないのですが。傾向的には土日休みの方が、応募倍率が上がってしまうという話です。

 

そのため30代転職に挑まれる方には、わざわざ競争率が高いところで勝負しなくてもいいのではないかと思うようになりました。これは派遣で営業をしてわかったことですが。

土日休みの競争率が少し高いことを知って応募するのと、知らずに応募するのでは意味合いがまるで変ってきますからね

では、「平日休み(シフト制)」の仕事は妥協して選ぶものなの?という考えに陥りがち。大丈夫です。シフト制はシフト制で魅力はあるんですよ。

 

「シフト制」と聞くだけでネガティブなイメージを持つ人もいる

まず、「平日休み(シフト制)」というだけで人気がない仕事は確かにあります。

ぼくの派遣事業所に来られる方の中にも、少しシフト制の仕事を提案するだけで「いや~・・シフト制は・・」と拒絶されることも。

 

このように、「シフト制」と聞いただけで拒絶されることがあるのは「シフト制」の仕事ならでは。

「土日休みですが・・」と言われて、「え~・・それは困る」という人は少ないのでw

 

ただ、シフト制の職場の良いところを知らないから「土日に休めない」という点をデメリット化するのも仕方ないです

 

サービス業で働いてきたぼくが、それでも「シフト制」をおすすめする理由

「シフト制は嫌だ」と思っている方に誤解があるとすれば以下のようなところです。

 

シフト制は土日休みが無い

一般的に土日に周りが休むことに対して、シフト制の仕事をしていると「休めない」という不安はありますよね。

  • 友人の多い方なら、友達と遊ぶ日が作れない。
  • 家族がいる方なら、子供たちと関わる時間が少ない。

土日休みが中心となっている社会では、確かにシフト制で平日休みになることへのデメリットは感じやすいはず。

 

ただ、それでもシフト制はオススメなんですよね。特に転職できない30代の方には。

まず、述べてきたように競争率が下がることはもちろん、問題視している「休み」もそこまで悩むことじゃないことにあります。

 

「平日休みだから土日は休めない」というのは、一種の錯覚のようなもの。シフト制でも土日に休みを取る人は多いのです。

シフト制ですから、「原則土日出勤」となっている感覚ですよね。そのため、土日に休むなら前もって職場に伝えておけば希望も通せます。

ぼくもシフト制で働いていた頃は、周りに伝えて土日で連休を取って友人と遊んでたりしましたから。こう考えると、休みたい土日も気楽に休めます。

 

そもそも論ですが「毎週土日を休まなきゃいけない」と考えるのもおかしな話。

毎週の休みに誰かと会ってみたり、家族をどこかに連れ出して・・ということをしていれば身体も持ちません。ぼくはそういう意味でも、シフト制の仕事における融通性は便利だと思っているのです。

 

介護など、実際にシフト制だったからこそ続けられたところがあるので。3日働いて休んで、2日働いて休むなど、合間に休めるのも気分的にラクですから。

30代転職を有利にするなら、派遣やエージェントの担当者に「休みの希望日は特にない」と伝えることです。

 

担当者も色んな条件を合わせていくと紹介できる仕事が減りますが、「シフト制OK」であることを伝えるだけで選べる幅も広げてくれます。

出来る限り優位な転職をするためにも、ぜひ「シフト制」も検討されることをオススメします。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。