お久しぶりです。しばらく更新できていなかったのですが、まれに見る転職チャンスの風が人材業界では漂っているので書いておきます。

新卒者が内定取り消しなどにあっているので、いま就職したり転職するのは厳しいのでは?と思われがちですが。

しかし、むしろコロナショックが起こっているからこそ、転職したい人に取ってはラッキーゾーンに入っていると言えます。つまりはチャンス。

  • 今はどこも不況で雇い止めしてるのでは?
  • コロナの影響で、より就職が厳しくなっているのでは?

こういった疑問をお持ちの方に向けて、人材業界で働く身としてお答えしておきます。

なぜコロナショックが転職チャンスと言えるのか?3つの理由

不況になると会社は人を雇わないといった話が出ていますが、実はそう単純な話でもないんですよね。

理由を3つ述べておきます。

僕自身が人材業界で働いていなければ、この事実に気づくこともなかったかも・・と実感しているところです。

辞めにくい会社でも辞めやすくなっている

まず今の状況下においては、仕事がびっくりするほど辞めやすいです。

だいたい例年なら、この2~3月は人材会社に相談に来られる方でも「転職したいけど、もうちょっと会社にいなきゃいけないんですよね」といった辞めにくさを言うんですね。

しかし、今年は様子が違っていて「以前から辞めたかったし、いつ感染するかわからないリスクのある仕事をしてるから」といった理由でスパッと辞められる方が多いです

販売系で人と常に接している方や、飲食関係の方など多数の人を受け入れてる業種の方などは特に多い傾向に。

重要なのは「コロナを理由に辞めるなんてありえない」と思っている方々が、あえて「コロナのせい」にして辞めている点です。

「もともと辞めたかった」という話を、「コロナ不安もあるので転職しようと思います」と会社に告げて辞める。

こうなると、嫌がられているコロナも扱い方次第なんだなと思わされるばかりです。

コロナウイルスを警戒して人の動きが鈍くなっている

また人材業界は相変わらず動いているのですが、一般的にはコロナウイルスを警戒している動きもあり、登録者は例年に比べて減っている傾向にあります。

うちの会社は例年の2割は減りました(汗)

ただこのコロナ警戒によって動かない人を、今の段階なら出し抜けるとも言えます。

別に転職しなくていいので、人材会社に行って話をしておくだけでも少し優遇されやすくなるんですよ。

例年なら人が溢れてい弾かれそうになっている人も、今年は人材会社もより登録者を欲している状況なので気にされません

コロナに感染する確率を考えれば、さっさと動いておいたほうが得とも言えます。

例年なら2~3月が繁忙期なのですが、今年はこのタイミングでコロナなので・・。ある意味で、人が減っている今がチャンスという事実があるのです。

人手不足に悩まされている業種が狙い目

マスコミの報道では、新卒の内定取り消しや、倒産、業務萎縮などネガティブな話ばかり出ています。

そういった状況下で、新しい仕事を見つけるのは難しくないか?と思われがちなんですよね。

しかし、需要と供給の問題なので、必要とされる仕事はいくらでも出てきます。飲食店が潰れそう、物流系は止まっているなど聞くのですが、それはコロナの影響が大きいから。

逆に配送需要が高まったり、マスクなど工場作業は人手が足りないどころの話ではありません。

派遣などで扱われやすいコールセンターの仕事など、人が多いからという理由で普通に避けられたり。

日本全国を見ても、感染率で言うとごく少数の限られた場所でしか発生していないのですが、イメージ的に人が集まると感染ると思う人も多いですからね。

ある意味、人手不足の今なら仕事探しは有利。正社員の枠を欲している人なら、尚更狙うべきと言えますね

注意点 コロナの影響が直撃している業種はおすすめできない

注意点として、コロナショックで業績がもろに影響を受けているところはよっぽど好条件でないと見極める必要があります。

例えば、旅館業など日本人を相手にしている老舗なら問題ないのですが。

インバウンドを期待して外国人客を多く取っているところなど、いつどうなるかわからない不安がありますよね。

「この仕事はコロナショックの影響を受けやすいな」と思えば避ける。という意識だけ持っておいて下さい。

まとめ いまコロナショックを味方にできる人は就職チャンスにある

すごく世間的にネガティブな空気がありますが、ピンチはチャンスという言葉のとおりです。誰かが不遇にあっているとするなら、その裏には誰かが得をしてるんですよ。

「今は仕事がない」といった話にも裏はあって、すでにコロナショックが儲けを生みまくって事実もあります。

ドラッグストアなんかはすごく業績がいいですし、ネット通販なども売り上げが伸びています。

何が仕事として転がっているかはタイミング次第ですが、チャンスに切り替えられるかどうかは動いた人のみぞ知る世界。

ちょうどフリーターをしている方など、せっかくなら正社員枠を目指してみることをおすすめしたいです。そういうチャンスがこのコロナ騒動から見えています。


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。