スマップが解散するようです。上の問題とはいえ、人間関係が悪化してしまうと修復が不可能なのだと思います。内情はゴタゴタしているようで、スマップレベルで仕事をしている人たちでさえ人間関係には悩まされるというのは社会の難しさを物語っていますね。

ただ、スマップだからこその決断力。もうだめだと思ったら、ずるずる続けないというのは大事な思考です。「ファンがいる」とか、「大きくなりすぎて社会に影響を与える」、「周りに迷惑」などもあったかと思いますが考え抜いての決断でしょう。

何よりいちばん大事なのは、働く当事者が幸せな道を選べるかどうかです。

労働というのは、本来は幸せになるためにやることなんですよ。スマップは転職というわけではありませんが、人間関係が最悪になり、回避不能となり次の道を選び始めました。

賛否両論がありますがプロの決断力と言えるでしょう。彼らの解散を僕たち一般人に置き換えて考えると、学ばされるものが多くあるためまとめてみました。離職に必要な考え方だと思います。

①無理だと思っている仕事を継続するのは、ダラダラするということ

「人間関係の問題」とはいえ、”スマップの解散と、一般労働者の離職”を一緒にするなと思う人もいるかもしれませんが、そんな事はありません。どちらも根底にある「改善できない人間関係」から、その場を離れるという意味で同じです。

「もうこの関係はダメだな」と思った瞬間、たいていの職場ではなかなか修復できないのが普通です。他人同士ですからね。そしてダラダラと継続してしまい、最終的には嫌な思いを抱えながら不幸な仕事を続ける。これは過去の僕の話ですが・・w

ダメだと思ったからこその決断。すなわち切り替えの速さも社会では求められます

スマップも「無理だ」と感じていたようで、休止という形も取らなかったと言われていますが、この感覚は大事だと思います。「無理!」と思いながらやる仕事って能力の半分くらいしか出ないと思うんですね。

僕も経験上、嫌な人間関係の中で働いていると、それだけで気持ちが前に出ないんです。生きる以上、人間関係の問題は付きないといますが、絶対無理のラインを越えたら辞める勇気も必要だと思います。

②同じ職場にしがみつくのは、終身雇用制度の名残

また、職場で嫌なことが続いて、メンタルがボロボロになっても離れられない人は「少し昔の考えを引きずっている傾向」にあります。いわゆる「会社はずっと継続するもの」という概念ですね。

これは終身雇用制度の名残で、継続すれば将来にわたって面倒を見てもらえるという条件があってこそ成立していた話

しかし、今はどこが潰れるかわかりません。「ずっと継続するつもりで頑張るぞ!」と決めて、人間関係もボロボロになりながら我慢して倒産・・なんて話になると目も当てられません。

嫌々で通っている職場なら、今一度なぜ自分がそこに通うのかを考えるのも人生視野を広げる意味で大切です。

③どこに行っても人間関係の悩みは出てくる=大嘘

 

そして、勘違いされている世の常識があります。「どこに行っても、人間関係の悩みは尽きない」という話。これ嘘ですよね。僕の転職の経験上どこに行っても同じなんてことはありません。入った職場には職場の空気、雰囲気があります。

他者との関係を重んじない職場もあれば、人間関係が離職の原因になると考え手を尽くし、なるべくトラブルも起こらないよう意識しているところもあるのです。ちょっとした習慣で、スタッフ同士が配慮しあうルールを作っていたり。

僕の今の職場もこういうルール(スタッフ間で良いところを伝えるよう帳簿にメモを残す)があるからなのか、人間関係の悩みは今までのところに比べてすごく少ないです。転職せずに、その場にいる人にはわかりませんが職場によって差は必ずあるんです

 

このように、社会に出ればいくらでも仕事場はあるのです。スマップクラスになると、確かに辞めるためのしがらみは大きすぎるのですが、解散で人生が終わるわけでもありません。「個々の幸せのために、新しい道を模索していくこともできるんだ」ということを、トップクラスのプロとして教えてくれたと僕は思います。

また、辞める場合は下準備として新しい職場環境を探すのもいいでしょう。リクナビNEXTなどは、メールでおすすめの仕事を教えてくれたり、個々の強みを診断してくれる無料ツールなどもあり優秀です。僕も強み診断はしています

大手サイトに1つでもいいので登録することは、良い職場がめぐってきた時にすんなり離職・転職を考えられるというメリットに繋がります。無理に今の職場に居続けることで、メンタルだけは壊さないように。

以上、潰れた経験のある僕からのアドバイスでした。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。