• 正社員になっても将来的に安心できる給料はもらえていない
  • 正社員になれなくて死にたい

派遣事業所で働いていると人々の悩みが露骨に見えます。たとえば、紹介予定派遣から正社員になった方などが事業所に出戻ってくるんですね。

 

そして、冒頭のように「正社員だけど何だか不安だ」とお金の悩みを訴えます。

悩みを聞くのも仕事なので、雑談を交えて聞いていますが問題は深刻な様子。(といっても、ぼくより給料が多い人の悩みがほとんどw)

 

思うに、人のお金に対する不安って消えないんですよ。フリーターとか、正規雇用とか関係なくて、いくら月30万円もらっても、それがずっと続くわけでは無いですし。

そこで重要になるのが「大人の勉強」です。ニートだろうと、フリーターだろうと勉強はした方が良い。「大人になってからの勉強の重要性」に気づいていない人ほど知って欲しい話です。

大多数の人は「大人になると勉強をしなくなる」という現実

ぼくもですが、学生が終わって社会に出るとまともに勉強している人って少ないんです。最低限、仕事の内容を勉強する人はいますが・・それもじぶんの仕事だからやらされているみたいな。

これは「勉強している」のではなく、「仕事の一環」なだけ。本質的な勉強とは思わないようにして下さい。逆に、大人になってからの勉強をしている人はどんどん有利な展開が待ってるんですよ。

 

たとえば「資産運用」などを知っている人は、お金を銀行に預けておくだけで終わらせません。前回書いた話と繋がりますが、世間の状況に合わせて利息の良いところに投資する仕組みを学んでいたりします。

もちろん、投資におけるリスクはあるので「投資せよ」という意味ではありません。ただ、現実問題として「勉強しない」という選択は、物事を知らないまま生きざるを得ない状況を生むんですね

 

じゃあ、どのように対処していけばいいか。それは単純に「勉強する」。これだけです。

 

勉強をするのが嫌いな人、何を勉強したらいいのか分からない人は?

とはいえ「勉強すればお金の不安が消えていく」と言われてもイメージが湧かないですよね。勉強するのが嫌いな人はストレスになるし、何を勉強すればいいか分からない。

こういった方々は、まずは好きなことから勉強していくんです。

ジャンルは何でもいいのですが、いくつか参考例を出してみます。ぼくの例ですけどw

 

① 資産運用について

ぼくで言うと、以前から「金利が少ないので貯金は意味がないなー」と考えていました。「お金を貯めておけば将来が安心」と思い込んでいたので(苦笑)

ですが、預金していても実質的な金利は0.01%とかですからね。そのため、資産運用としてソーシャルレンディングの話を聞いた時に勉強しようと思えたんですよ。

 

最初は「ちょっと分かりにくい」とは思いましたが、興味が金利にあるので「まあ興味もあるし勉強だけしておこう」と考えられました。調べる気にもなりやすかったので、今も続けて学んでいます。

資産運用や金融リテラシーを無視して生きていたので、仕事の疲れも吹き飛ばして学べるところがぼくには合っているようです

 

② ネットビジネス

過去に書いていますが、ネットを使った副業を学んでいたこともあります。ヤフオクでモノを売るとか、アフィリエイトを学ぶとか、クラウドソーシングをやってみるとか。

ネットでできる仕事なんかも、学んだだけで始められたりするので。

 

「手っ取り早くお金を作れる方法としての学び」として、ネットビジネスを考える人が増えているのも事実。

パソコンが好きという方は、参考にしていかれるといいのではないかとぼくは考えますね。

 

③ 経済新聞を読む

コミュ障っぽいところがあるぼくは(ネットならベラベラしゃべるけど)、経済紙を読んで話題を拡大させたいと思い読むようになりました。

経済には関心が無かったのですが、世の動きを知っておくと「お金の流れやトレンド」が見えてくるんですよ。衰退していく業界、伸びてくる業界なんかが分かるようになる感覚。

 

知識として「○○な業界が成長する」と知っていれば意識的に情報を取れるようにもなります。

誰かの前で物事を知っていることをアピールしておくと、人は安心して関わってくれるようになります。ちょっと経済紙に書いてたことを話すだけでも「よく業界について知っていらっしゃいますね」なんて言われますから。

 

どんな業界でも、詳しい人に何かを任せたいのは人の心理。

こうやって勉強しつつ、仕事も取ってくるので役には立っています。これ、仕事を辞めても他業種で活かせるので保険的な意味にもなるんですよ

 

勉強してお金に変換できれば何でもいいと思う

また、ぼくの友人に働きながらもギャンブル研究をしている人がいます。この友人は、勉強嫌いで基本的に学びたくないそうですw

だけど、熱心にプロ顔負けのパチスロ攻略をしてるんですね。

 

何をどうやっているのか知りませんが、半年で30万ほどの収入を得られるといっていました。負けずに勝つみたいなことが出来るそうですが、ぼくにはわかりませんw

ただ、好きなパチンコを研究してお金に代わるならストレス発散も兼ねてアリでしょう。ギャンブルは推奨できませんが、お金の増やし方は人それぞれ

 

何でも「好き」を突き詰めて、勉強しつつお金に変えていく。それだけで、お金の悩みは少しずつ軽くなるんですよ。不味いのは、何もしないまま「お金が少なくて困った」と動かないこと。

まずは勉強です。大人だから勉強しないのではなく、大人だからこそ勉強をする。この習慣を見つけるべく、興味のあることを始めるといいですよ。

 

幸いみなさんは30代。これから勉強する時間はあるわけです。「就職したから終わり」ではなく、継続して学んで豊かな人生を送れるよう頑張ってみて下さい。

元ニートのぼくも、月に少しずつお金を貯蓄しつつ資産運用できるようになっているので、希望はまだまだあるわけですから。30代向けの就職応援サイトなのですが、その後もサポートする気マンマンなブログになって参りましたw


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。