ハローワーク失業保険申請手続きを終えました。

通院していたのと、腰痛悪化が原因ということで、通常の失業なら3ヵ月待たねばならないところを、すぐに貰えるようになりました。

医師の診断書ではないのですが、簡単な意見書を貰わないといけないので、病院でもらってハロワに提出しています。

 

そこで問題なのですが、申請して承諾されるのは良いのですが、説明会を聞きに行かなくてはいけません。

前もそういえばこういう事あったような・・。説明会で上図のようなものが貰えるらしいです。

 

9月の中旬ちょっと過ぎに行くのですが、手続きだけでもすごく面倒な制度だったんだなとブログと言う報告をする場を設けて気がつきました。

といっても、僕は介護で給料も少なかったのでそんな良い金額は貰えないのですけどね。

 

また、それでも失業保険が振り込まれるまでの期間はおおよそ1か月以上先になります。「待っていれば不労所得が俺の元に!!」と考えたいところですが、年齢的にも38歳。

あまり不労所得だと騒いで給付を待つのも時間が勿体ないような気がして

 

「30代の転職は余裕」と言いつつも、腰の状態もあり仕事を選ぶことになりそうなので、早めに仕掛けて行こうと思います。

そこで、転職ブロガーとして今後の見通しを書いておこうと思います。僕もなるべく頑張ろうと思うので、就活中の方たちも一緒に頑張りましょう。

38歳の僕が、これからの就活で使う求人サイト(予定)

言うまでもなく、ハロワにはあまり期待していないというところがあります。

過去に色々とあったのが主な原因で、求人サイトや派遣会社なら「お客様扱い」してくれるので優しくされたいなと(笑)

 

また、単純に就活の結果を書いてもつまらないので、実況ゲーマーのごとく就活をレポートしてみたいと思ってるんですね。

就活サイトを使いたいけど、実際のところ使った人の感想を聞けないんだけど!」という人向けにも書きたいので。

奇しくも僕が就活側に回ることになったので、「30代でも余裕で採用される!」を実証しようと思います。「もうアラフォーだろ!w」というツッコミはやめて下さい・・w

 

リクナビネクスト

リクナビNEXTはとりあえず大手なので、避ける必要がありません。

単純に求人の数が多いので、ざっくり見ただけでも選ぶ権利は与えられるんですよね。もちろん、採用の可否は会社側にあるんですがw

 

腰痛があるので、介護を始めとしたあからさまな肉体労働は避けようと思います。

土木系とかはもともと体力がないので無理ですし、飲食店など立ちっぱなしもきついかなと。デスクワーク主体に探したいなぁ・・。

そういう意味では、仕事の幅があるリクナビから攻めるのが、王道の就活になると思っています。

リクナビネクスト

 

リクルートエージェント

またリクルート系列なのですが、リクルートエージェントはちょっと敷居があります。

というのも職種によっては少しだけスキルが必要なんですね。

 

ただ、これからは所得アップも目指したいので、ダメもとで受けておくのも良いのかなと思いました。

ちょっとした背伸びですけど、少しだけパソコンなどの特技はあるので、挑戦する予定です。あくまでも「いい会社があれば応募する」というスタイルですね。

 

DODA

DODAは30代と言わず、40~50代くらいの人も採用しています

僕が年齢を気にしている30代なので、使ってみるのもいいかなと思いまして。ブログで「30代頑張るぞ!」とか言いながら、アラフォーという事実は気にしているんですよね(汗)

 

DODAも仕事の幅で言うとそこそこあります。

「給料とかいいから、とりあえず就職したい!」という方ならリクナビNEXTとここを押さえておけばいいというわけです。

 

俺たち30代にも、就職口が必ずある!

これら3サイトを見渡すと、それ相応に求職はあるんですよね

30代と言っても悲観する必要はないかなと。「仕事を選ぶな」と言う輩もいますが、普通に30代は仕事を選ぶ時期だと思います。

 

なぜなら、仮に35歳で転職しても定年まで働いたとして25年~30年あるんですよ!?

これを考えずに選ぶ方が地獄だと思います。少しでも納得できる職場に出会って僕は仕事をしたいですから。

さっさと仕事を見つけて、再就職手当を貰って美味しい物でも食べに行きたい(笑)

 

(参考:バイト歴が多くても履歴書の書き方次第!)


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。