新卒社員の飲み会帰りのような風景を見ました。飲みニケーションが大嫌いな僕は、早くクソ上司から解放されますようにと祈るだけです。そんな新卒の子たちは、バイト歴がなくても会社に入れて羨ましいです。

学校を出るだけで有利な「新卒至上主義」って便利ですよね。僕も、最初の仕事だけは高卒で入ったので効果を感じています。ほぼニートな通信学生が、新卒という理由で「職歴ナシ」で採用されたのですから。先生からのサポートもありますが

でも1ヵ月で辞めたので、実質的にはそこで新卒カード終了。1ヵ月では、社会は職歴と見てくれ無いどころか、遊んでいるように見る人もいます。転職の弊害なので、無視を推奨しますがw

では、こういった経歴がほとんどないフリーターというかニート寄りな人はどう履歴書を埋める?という話です。実際に、経歴がないまま単発派遣などで繋いでるフリーターも多い現代。そういった方が、いかに職歴を採用に向けられるかをお教えいたします。

職歴が無いのなら、基本ベースは”ニート”として考えてしまう。

たとえば僕のケースですが、1ヵ月で最初の職場を辞めたのでその段階でキャリアはゼロです。その後の工場勤務も2年やってますが、そこに入る段階で無職ニート。工場に入る前は「どうしよう・・1ヵ月で辞めてるし経歴といえる経歴なんかない」と焦ってました。

しかし、実際は思い過ごしでした。もうね、仕事をすぐ辞めてて書けないなら、いっそのこと「働いた事が殆ど無い」って言っちゃっていいんですよ。僕が、スーパーを辞めて工場面接用に作った履歴書サンプルです。

学歴

~~~省略~~~

○○年 ○○高校中退

~~~ニートの空白期間~~~

○○年 通信制高校入学

○○年 通信制高校卒業

職歴

○○年 スーパー入社 (1ヵ月で辞める)  ← ここ削除して職歴をナシにしてしまう。ゼロから頑張る姿勢にシフトし、話を進める方法もある。

僕のケースはありえる事例だと思います。僕の友人に長続きしなくて、いつも2~3ヵ月で辞めるやつがいたんですよ。そこで「履歴書どうするんだよ」って聞いたら次のように答えたんです。

「もう、印象に悪いところは端折ってる」

「そんなのアリかw」と僕にしてみれば棚から牡丹餅。絶対書かないといけない事は無いんだと学習。日本社会の風潮でもありますが、履歴書の嘘は嘘でも、働いて無かった経歴を働いたようにしてはアウトです。しかし、働いていた事を隠すのは別に「ふーん」って感じなんですよね。

僕の職場にも1人いるんですけど、前職からやたら間の開いた男性がいます。打ち解けてニートなのか尋ねたところ、「ホストクラブで働いていた」と告白。

聞いた時は「なるほど!」と思いましたね。確かに、働いていたけど業界によっては拒絶反応を起こす企業もある。だから働いて無かったという設定に変えたと。

お水や風俗の過去を伝えずに働く女性がいるのも、結局は偏見があるからなんですね。それならニート・フリーターの方が採用されやすい職場もあるのでしょう。都合の悪いところは消して、前職を隠しておくなんてのもありです

フリーターとして働いた期間を”盛って”もわからない

また、「ニートは嫌だ」というフリーターもいます。「すぐに辞めてるが、ニートだともっと受からない」と考えるなら就労期間の”増し”くらいはセーフかと。人によっては、「前職の事はすべてわかってしまう」というのですが、それって調べたら当然ですよね。

大半の企業は、前職まで電話して聞いたり調査しませんし、何より仕事が忙しいのでそういう事をしないのが普通。特にフリーターからの出発なら、それとなくフラフラしてた事も見抜いています。じゃあなぜガッチリ履歴書を書くのかと言うとマナーなんですよ

面接の為の履歴書とは、最低限の通過儀礼なので仕方なくやり取りしてる企業も多いです。

半年だけ働いた話を1年。1年のところを2年。そう書いても、別に問題はないんです。バイト歴が短いなら「盛る人」はいくらでもいるので、気にしないで良いかと思います。ただ、先ほども書きましたが「働いて無いのに勤めていた」という嘘は辞めましょう

「良いウソ、悪いウソ」というと変ですが、「どんな内容の仕事をしていたの?」と聞かれた時に細かく話せるくらいのレベルは欲しいです。社会通念上で考えると、わかりやすいかもしれませんね。

「何も無かった過去」をポジティブに話して熱意に変えてしまう

「身体が弱くて働いていなかった」といった理由で休まれていた人もいるでしょう。僕は高校を中退してひきこもっていたので、精神的に休んだ事を素直に話した事もあります。そこで大事なのは、過去から今への変化を知らせる事です。

「過去は精神的に弱かった部分もありましたが、多くの方に支えられる中で学ぶものがありました」といったフレーズを交えて、完全復活をプラスでアピールするのです。

・これから社会の役に立ちたい

・正社員として働き、お客様の笑顔を見てみたい

・やればできると思います

など・・なんでもいいので、ポジティブに頑張る姿勢を見せましょう。役者になって芝居してもいいです。「これから自分は頑張るんだ」という気持ちを伝えると、好意的に受け取って採用してくれる可能性もアップします。

僕は、熱意を伝える為に面接してくれた人の目だけは逸らさない方法を使っていました。「後ろめたい事は無い、真剣なんだぞ」という意思を雰囲気で表現します。

本心は「働くとかうぜえw」でしたがw 日本は能力よりも、やる気や熱量を労働者に求める傾向が強いと覚えておくといいでしょう。社内政治とか、人間関係に気を使ってるのは日本特有なように思います。

 


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。