むかしからストレスに向き合う思考術がありますが、近年はミニマリスト思考法という考え方が流行っているようですね。

僕のサイトを紹介してくれた知人がいるのですが、彼の思考法が勉強になりました。というか僕ニート15年とか書かれてるけどそんなにニートしてないですw適当だなぁw

参照:すべてが嫌になる時ミニマリスト思考術

僕が35歳までフリーター生活が長引いた原因でもあるのですが、職場に嫌な人がいた場合すごくストレスを受ける性格なんですよ。

嫌な相手に影響を受けて、そのまま落ち込んでウツになるといった感覚で、経験のある方もいらっしゃるかと思います。過度に相手に合わせようとする性格の人は損ですよね。

せっかく正社員に向けて働き始めるのに、気がつけば嫌な人に引っ張られて疲れきって仕事のパフォーマンスが上がらない。そんな人に向けてアドバイスが書かれていたので言葉をお借りしてまとめてみます。

嫌いな人に接して、精神が消耗しても1円の得にもならない

ミニマリスト思考のブログの記事では、3つのヒントが書かれていました。

① 嫌いな人でイライラするのは損
② 自分の事が嫌いな人は可哀そうな人
③ 可哀そうな人だから、逆に温かい目でみる

解説不要かもしれませんが、この3つの思考はすごく大事ですよね。要は、「自分は自分、人は人」という線引きをしっかり引いてやることです。

僕みたいに嫌な相手と仕事をして、ウツになって仕事を辞めないといけないレベルまで落ち込む人は、これが出来ていないケースが多いように思います。

特に仕事を辞めやすくて悩んでいる人、人間関係が上手く行かない人は読んで考え方に工夫をするだけで楽になるチャンスがあります。

① 嫌いな人でイライラするのは損

まさに本当ですよね。人って自分の限られた時間を生きるじゃないですか。僕の場合は、人間関係で嫌な事があったら仕事から帰っても引きずる事が多くありました。

「あの先輩は最悪だな~」と。

すると、家に帰ってリラックスして身体を休めるはずが、嫌な先輩の事でずーっとイライラしてたりするんですよね。これじゃ身体を休めるどころか、負の感情を溜めこむだけ・・。

いわば毒素をわざわざ生成していることになります。こんな事をしていたら、フリーターとしてバイトをしているだけで「人生なんかもういいや」って諦めがちになるのも無理はないです。

嫌いな人間の為に、自分の大切な時間を使って考えるなんてバカな真似はよすべきですよね。

② 「自分の事が嫌いな人は可哀そうな人だ」と思う

仕事をすぐ辞める人って、どちらかというと心が傷つきやすい人が多いと思うんですよ。あまり人に多くを言わないとか、言いたい事があっても我慢すると言うか。優しい面を持っている人だと思います。

でも、そういう人ってやっぱり言われるんですよ。経験上の話ですが、言い返さないから職場で色々と言われます。でもそれっておかしいなと気がついてもいるんですよね。

例えば、「僕のような本当に何も言わない人間に対して、どなり散らす人たちって可哀そうだよな」と。

 

いまどき、ウツで仕事を辞めて行く人も多いですが「ウツくらいで仕事を辞めるな」とか言えちゃう人って可哀そうなんですよ。ハッキリ言って。

でも、そういう自分に甘そうな人が嫌いな人もいるのは事実です。

まあ、人間なので好き嫌いは仕方が無いんです。だからこそ、「自分の事をこいつは嫌ってるな」と思ったら逆にこう言う人なんだ・・と思うだけでいいんです。

あぁ・・この人、自分みたいな優しい人間にまで当たり散らして可哀そうだな」と。

上から目線で見れる方が、客観性を持てますし、メンタルにも良いので試してみて下さい。ちなみに、今の職場でもコレ思ってますw

③ 可哀そうだから、温かい目で見る

可哀そうな人というのは色々なタイプがいます。僕の場合だと、やっぱり仕事場の人間関係で思いますね。

仕事に追われて人に怒鳴り散らす人なんかはそうですし、いじわるばかりして仕事よりも頑張ってるんじゃないの?という人まで様々。

でもそういう人って、フリーターも正社員も関係なくいるんですよね。そんな人たちのレベルに合わせて一緒に怒るのは無駄です。

ベストセラーの嫌われる勇気に書かれてあった、「怒りは人間の感情の中でいちばん不要」という言葉が指し示すように、本当に起こってエネルギーを消費するのは無駄です。

「可哀そうだけど、この人も事情があるんだろうな」と大人になって考える事で、人として成長できますし、何より温かく人をみるという力も養えます。

 

まとめ:人として生きる以上、嫌いな人は必ず出てくる。そこでどうするか

生きていると、嫌いな人と出会わない事は絶対にありません。みんな好きな人なら戦争なんて起こりませんからね(笑)

嫌だな、合わないなと思う相手と一緒になった時に、気持ちを素早く切り替えて、いかに自分が楽に社会生活を送れるようにするかが肝になるのです。

「自分には無理だ」と思わず、少しずつ嫌な相手との距離の取り方を工夫されてみてはいかがでしょうか。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。