ヤフー意識調査で「転職を繰り返す人についてどう思うか」というアンケートが実施されていました。

僕は「転職を繰り返してきた」側の人間であると同時に、転職を行い自分に最適な職場探しをしてきた自負があります。そのため、「転職は良い事」だと思っています。もちろん、「嫌ならすぐに辞めてしまえ」という考え込みです。

しかし結果は散々。アンケート結果は以下。

「特に何も思わない」という人を押しのけて、「転職を繰り返す人は悪い印象がある」がトップの票を集めていました。が、断言します。この意識を持っている人のところには、一生裕福な仕事観は訪れません

理由と共に述べさせていただきます。

1つの会社に残って働き続けるのは昭和で終わりました

そもそもこの「転職が悪い」という考えには、次のような理由が込められています。

・会社に入ったら、最低でも○年は勤めるべき
・転職を繰り返すと社会的に評価が落ちる
・終身雇用制の名残で「会社は辞めずに続けるもの」と思っている

といった具合に、結局これらの思考は「その場で花を咲かそう」という考えに乗っ取った古い考えだと思うんですね。言い方が悪いかもしれませんが、昭和の思考でしょう。

「勤めていればいい事がある」という神話に近い話を引きずっています。しかし時代はもう2020年の東京オリンピックが来ようとしている時代。雇用は流動的になり、10年続く会社すらわからない。そんな時代に、同じところで頑張るというのは、リスクも高くなります。

僕は、転職をしつつ自分が勤められるところを見極めてきたので、同じところで頑張るという意味が理解できません。このブログでも散々書いていますが、1つの職場にとどまっていじめられて、病んできました。

もし継続していたと仮定しても、その結果に続けていたらいい人生だったと思えるとはとても思えないのです。最悪自殺もあったでしょうね。

会社というのは、外からは見えない不確定な要素が多いのです。結婚相手を探すように、お付き合いして相手をよく見て・・という時間も得られません。「この会社オカシイ」と思えば、さっさと辞めて自分が働きやすさを感じられる場を探すべきです。

「転職=悪」と思うほど、人生の首を絞めている

そして、「転職を悪と考える人は一生貧しい」とも思います。

可愛そうですが、転職を自由に考えられない人には、幸せはありえません。(これは「仕事面での幸せ」という意味です。趣味や家族に幸せを求めることは可能です)

というのも、仕事という人生の大半を注ぎ込む場所を変えることができない時点で、その人の仕事観には限界がすぐに来ます。「転職を悪」と考える人は次のような思考に陥りがち。

・辛い事があっても、忍耐・我慢で乗り切る
・転職したいと思っても「みんな同じだから・・」と頑張る
・コロコロ転職していたら、安定した生活が送れないと思っている

など、やる前から自分の可能性を封じ込めています。また、「周りがそうなんだから、自分も頑張る」という考えを持ちがち。周りなんて意識してたら、一生その思考に振り回されて自分がありません

学生時代は周りと合わせていればいいかもしれませんが、会社に入っても周りを意識する人が多いです。まあ、会社は学校の延長であり協調性を持つ場所なので無理もないですが。

 

会社人生なんて、20~60歳くらいのたった40年ほどしかないのです。自分の直感的に、変わるべきだと思えば変わらなければ、会社に残っていてもこき使われるだけで終わります。

僕は、そういう意味では転職を繰り返したことで、今の場所にようやく着地した感覚があります。もちろんリストラや倒産も考えないといけませんが、自分で納得できる場所を捜し歩いたからこそ、精神的に余裕が生まれているとも言えます

40歳、50歳を過ぎても「転職するやつは根性が足りない」と同じ場所で足踏みしている人がいますが、彼らは例外なく所得も平均ですし、「嫌々でも仕事はやるもの」という窮屈な思考を持っています。ああはなりたくない。そう思われる先輩たちが正しいとは思えません。

安定しているように見えて、中身はただの愚痴吐きオヤジという貧しい人間になる可能性が高いのです。僕は、そういうオッサンになりたくないので、たかが仕事1つを変えることに悪の意識は持つべきではないと考えます。

 

転職したいけど、何かにしがらみを感じている人は、思い切って転職サイトに登録してもいいんです。副業を考えてもいいんです。今いる会社が、自分を幸せにしてくれるという確信があるなら別ですが、そう思えないなら少しの行動から始めるべきだと考えます。

リクナビNEXTなどは、大手の転職サイトなのでもし転職に悩む場合は使ってみると良いですよ。転職の意識があるだけで、同じところにいなくていいという心の余裕も生まれますから

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。