動機は不純であるが、彼女との関係をさらに良くしたいと正社員に向け奮起した。ファミレスバイトを辞め、ヘルパー資格で、とにかく正規雇用を目指すと誓う。正規雇用になって安定したら、彼女に結婚も考えている事を伝えようと思った。

これが後の”フラグ”になるわけなんだけど・・。

友人から教わった参入の簡単な介護業界。ただ入口はある一定の資格保持者であるケースも多い。業界未経験、資格職歴なしで受かるけれど、経歴を持った人材との差別化は当然にある

そこで取得したヘルパー2級だが、言い方が悪いがあってもなくても採用されるレベルの物だった事が発覚。それでもあるに越したことは無い。社会的に勉強する姿勢は「やる気」と受け止められるからだ。「目に見える向上心」でもある。

ただ、正規雇用となるとバリバリ現場で仕事をしている人は「介護歴が長い」とか「介護福祉士」といったスキルを持っている事が前提。もちろんナシで正社員の人もいるけれど、資格ありきで給料も伸びるという感じ。

なので、無資格に近い僕はバイトからのスタートになった。こう見ると、「またバイトをして正社員にならずにフリーターやるの?」と思われがちだが少し待て!実は、このバイト経験もちゃんとした経歴になるのだ

介護業界に、雇用形態は関係ない。フリーターでも職歴になる

給料手当てのつく介護福祉士になるには、勤務歴が必要とされる。色んな道を通って、資格取得に挑むのだけどぼくみたいな中途採用や、学校で専門の単位を持たない人も業界には多い。そういう人は、現場で実績を地道に積むしかない。

「介護に関心のある人」が読むとは限らないのでここでは端折るが、要は勤務実績として介護施設で働いた経歴を求められるのだ。これには雇用形態は問われず、バイトも職歴としてしっかり認められる。

バイトから正社員になるだけでなく、資格取得すれば給料の伸びも良い介護業界。キツイ、汚い、臭いなど「3k」と言われているが、僕みたいな露骨に仕事経験の少ない人には受け皿として機能している面もあるのだ

これから高齢化社会になるので、介護技術は持っておいても損は無い。親の面倒にだって使える技術なのだから、ある意味ではお金をもらいながら学びを得られる。

夜中ぶっ通しの仕事はキツイ!だけど給料はプラスされて良い!

僕が入った介護施設は、特別養護老人ホーム。24時間体制で、ひたすらお年寄りの介護をするのだけどここもファミレス同様シフト制。ただし、夜中の勤務があるので夕方出勤で朝に終わり家に帰る仕事にもなる

慣れない頃は、かなり不規則な生活で疲れが溜まりやすかった。

ストレスがかかるのだけど、時給に換算すると昼間に比べて夜は良い。また、夜中も仕事はあるのだけど、昼間に比べてお年寄りも基本的に寝るだけなので、肉体面での疲れになるような活動が少ないのもメリット

職場や利用者によるけど、本当に当直として「見守り」みたいな存在でいい。もちろん、朝に向けて準備することはあるし、記録するための書類は書いたりするけれど。全体的に、雑務や事務職みたいな状態だ。

例外的に容体の急変もあったり、ドタバタする日もあるけど年寄りというのはそういうものだ。

昼夜逆のシフトで身体はつらいが、お金を短期間で稼ぐならこういう働き方もありだ。しかし、僕の場合は上手くいかなかった。デメリットともいえる、健康面への負担であえなくリタイアに向かう事になる。

彼女のために働くフリーターが、仕事が原因で別れる羽目に

辛かったのは、彼女と会う時間がかなり制限された事。仮に昼間が空いていても、夜間勤務がある日は、しっかり寝ておかないと健康的に悪い。寝ないで仕事に行って、もしミスを連発すれば社会人失格だ。正社員への道も閉ざされる。

そのため、彼女との時間が取れずすれ違いにもなった。正社員を目指しているのに、どんどん気持ちが離れて行く。会っても久しぶりなのに喧嘩したり。フリーターの僕が「俺だって仕事が忙しいんだよ」っというのも何かおかしかった。

この職場は、無資格者やヘルパー2級などの状態だと1年ほどバイト経験が必要な場所だった。そこから正社員になるという流れ。これにより僕の中に焦りが生まれ、結果的に彼女とも上手く行かない。そこから別れの話が自然に出た形だ。

彼女と結婚したいくらいだったので、「別れ=仕事をする理由が無くなる」というレベルまでメンタルが落ち込んだ。ちょうど身体へのダメージも大きく、不眠症気味になっていたので1年間のバイトで辞める事になる

正社員でも、この生活を長く続ける自信がなかったのだ。

ただ、ここで働いた事で1年バイトでも職歴にできたのは大きい。フリーターの人も、「自分はバイトだから・・」と卑屈になる必要が無い事を学んだ。どんな業種も、少しでも働けば僕は経歴になると思う。

「資格取得のための実績になる」ということで働いていたが、仮にならなくても得られる物はある。「バイトが職歴にならない」というのは、ダメ正社員が自分たちの存在を脅かされないようにバイトを牽制しているだけの愚痴だと思えばいい。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。