WEB転職の応募フォームを埋めるのはダルい

これ、多くの人が転職サイトを使う際に感じることなんですが、埋められるところは埋めないと損をします。

 

というのも、ウチの派遣事業所にはネットからも登録できるフォーマットがあるんですね。電話でもネットからでも登録できるんですが、フォーマットを埋めてくる人の中にはとんでもない埋め方をする人もいますw

本当に最低限のことを書いて、省略に省略を重ねて応募している的な・・。どちらにしても、来所時にお伺いするのでダメではないのですが・・。

 

ぼく自身も転職活動をしていたころは、「応募フォームを埋めるのが面倒だな」と感じていたので気持ちが分かるんですね。しかし、埋められるところはとにかく埋めた方が良い。

なぜ埋めなければいけないのか、「埋めないと損をする理由」を書いておきます。

応募フォームに書かれたことは、企業サイドが検索に使うことができる

なぜ埋めた方が良いのかと言うと、企業側がデータとして使うからなんですね。

応募フォームに書かれたことは、企業側がいちいち目視でチェックしているかというと違います。あくまでデータとして取り扱うことが一般的。

 

応募フォームに書かれた求職者のデータをもとに、企業側と一致する条件にある人物を探す。

よくスカウトメールなどのサービスがありますが、あれも1つ1つ見てから企業担当が送信しているわけではありません。

 

みなさんが希望の求人を探すように、企業側も「おおよそこういう人物が欲しい」という検索をかけているんです。ちなみに、ぼくの勤める派遣会社はこういう機能がありませんw

そう考えると、少しでも書いておいた方が有利になることが増えてきます。「応募フォームは面倒くさいから適当に埋めておいて、面接に進むことがあればその際に伝えれば良い」と思わないこと。

 

書いておかないと、せっかくお声が掛かるチャンスを逃してしまう可能性があるわけです。せっかく登録するなら、損をしない活用を目指すべき!

 

フォームに書くことが無くても、丁寧にじぶんの状況は伝えよ

また、これはデータとして検索される能力やスキルが無くても有効です。そうじゃないと、「じぶんは何もないから意味がないや」となりますよね。

上記で述べた話は、確かに検索されるような経歴・能力・資格を埋めよという意味で書いています。

 

ですが、こちらから積極的に応募した際には、絶対に担当者が目を通すことは間違いないんですね。

「じぶんから応募してくる」ということは、積極的にやる気のある人材ということですから。「見ない」という選択は企業にありません。そこで応募フォームが役立つわけです。

 

ここでキチンと丁寧に書かれていると、受け手はどう感じるでしょうか?少なくとも適当に埋めているよりは、目立った能力が無くても「丁寧に書かれている人の方が良く見える」ということ

そういう意味でも、応募フォームは心を込めて書くべきなんです。空欄ばかりが目立つと損をするということにもなりかねません。

 

求人サイトにこれから登録する人、もしくは登録を済ませている人。読んだ人が、「この人材は丁寧だな」と思ってくれるかどうかを基準に書いてみることをオススメします

ちなみに、応募フォームに入力する内容で困ることがあれば、下記の記事を参考にされてみて下さい。雑な応募フォームの埋め方は、ぼく自身もやっていたなと今思えばチラホラ浮かびます・・。反省を活かして前進しましょう!

参考:履歴書に書ける強み・長所の作り方

参考:これさえ読めば経歴が上手に書ける


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。