転職の成功は、目標設定で8割決まる

こんなことを言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、目標設定によって転職成功は8割決まります。設定にミスると、8割には入れないので読んでみて下さい。

 

と言いますのも転職を目指されている30代の方は、目標を作って日々頑張られているはず。ここでいう目標は、何でも構いません。

「収入が○○万円以上」でも良いですし、「自宅からの通勤時間が○○分以内の場所に就職」と考えてもオッケー。こういった、就職に求める目標基準は若いころに比べて決めて取り組む30代の方は多いはず。

 

そして、この目標設定が転職の成功・失敗を分けていくことになります。

今回お話するのは、ぼくの勤務する派遣事業所でもやっている目標設定法なので、ぜひ読んで目標達成してください。ぼくも30代のころにやっておくべきだった・・。

大半の人が間違っている、目標設定の仕方

さっそく目標設定の仕方をお伝えしますが、就職・転職におけるじぶんの目標は手に届くものを意識的に作っていませんか?

たとえば、「月収15万円以上をもらう」を目標にするとしましょう。ちなみに、これは過去のぼくです。(*地方住まいなので正社員でも珍しくない金額です)

 

当時は、フリーター真っ只中で考えた目標。「ちょうど良いくらいだろう」と思いながら月収15万円に届く職場に応募していました。

しかし、これが大半の人が間違う典型的な目標の作り方。実際に15万円を目標にして就活してみると、意外に希望収入に届かない・・。

 

「楽勝で15万くらい行けるでしょ!」と思うなかれ。じぶんで15万円と設定するとそれとなく15万円の求人を見ていけそうかいけないかを判断するようになるんです。

そうしていると、もはや世界は月収15万取れるかどうかの視点でしか見えません。せっかく横に月収20万円の求人があっても、レベルが高そうだと思い込むようになるんです

 

冗談に聞こえますが、これは本当の話です。フリーターで自信を失っていたので、さらに15万円も稼げそうにないと思うようになるんです。仕事が見つからないだけなのにも関わらず。

では、こういうケースはどうすればいいのか。

 

ずばり、目標設定は高く高く上げてしまうのです。このケースなら15万円と言わず、月収25万円と大きく伸ばして考えるといったことでオッケー。これが正しい目標設定になります。

 

正しい目標設定は、「できる」より「できない」と思うレベルに引き上げること

ここでウチの派遣事業所の話になりますが、派遣登録に来られた方にはもれなく目標を聞いています。そして、目標が先ほどの昔のぼくのように「月収15万円くらい」という方がいれば、修正してもらいます。

(月収15万円が悪いのではなく、どんな目標もこちら側から上に向かえるように促しつつ考えてもらうという意味です)

 

月収15万円なら、20万円を狙うとか。あくまで人によって変わるのですが、本人さんが「無理だな」と言うところまで上げてしまうのがポイントです。

なぜかというと、人は決めた目標に合わせた視点で物事を見るようになるから。さきほどの、ぼくが15万円の求人しか見なかったころ「20万円の求人はレベルが高すぎて見えなくなった」と言いましたがまさに。

 

人は、できることを見るようになると、都合よくその物事だけ見続ける習慣ができるんですよ。そのため、「月収15万以内の仕事」を目指していても、実際はそこにたどり着けなかったり、大きく下回ることもあるということ。

 

逆にここで「月収20万」と決めれば、できないと思いつつも「20万円を目指す前提」で物事を考え始めるので状況は変わっていきます。少なくとも、「月収15万円」の世界より上の場所でもがくからですね

出来るか、出来ないのかは、チャレンジして始めてわかること。まずはレベルを引き上げてみようと、派遣事業所ではアドバイスしています。

 

これは派遣サイトや転職エージェントも同じで、「もっと上を目指してこんな求人はどうでしょう」と提案するスタイルに似ています。

条件が良ければそちらを目指せばいいですし、勧めている側も報酬の高いモノだったりとウィンウィンの関係が生まれているかと

 

「できないレベル」を目指してこそ、ようやく目標は達成される

つまり、先ほどから書いている目標に照らし合わせると「20万円」が稼げなくても、妥協した結果として「18万」「16万」と稼げていることはザラにあるんです。

「20万円は無理だけど、じゃあ・・18万円のところで考えてみようか」

この思考に切り替わることが大事。

 

ぼくは似たようなことをよく言いますが、たとえば走高とび。150センチのバーと、100センチのバーを飛ぶのでは全く目標が違いますよね。

「100センチ飛べればいい」と考えている人が、150センチに挑もうと思うとかなりハードルが上がります。しかし、150センチを目指していれば無理だったとしても140センチ、130センチと可能性が残る

 

これが、就職の舞台でも同じように起こっているんです。何となく決めている目標かもしれませんが、今一度よく考えて設定を変えてみて下さい。きっと就活に挑む景色、風景が変わるはず。

以上が「8割の目標は達成できてしまう秘密」です。こういうのは収入じゃなくていいんです。

何でもいいので、「じぶんの希望条件を底上げした位置」で考えてみる。これだけで、まるで狙うポイントは変わってきますから

 

こういった目標設定が出来た場合、それに伴う行動力が必要な時は転職エージェントなどで実際にアドバイザーの意見を借りるのも手。

じぶんは「できない」と思っていることも、意外な切り口で出来るように持って行ってもらうことも可能ですから。それがアドバイザーの仕事でもあるので、ドンドン頼っていくといいですよ。

30代転職サイトをまとめているので、もし目標を上げたいならチェックされてみてはいかがでしょうか


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。