残業クレームの無い業界」について書かせていただきましたが、「残業の無い会社」の探し方について触れておきます。みなさんもよく見ている、求人票にヒントは書かれてあります。

 

それは、「残業についての記載がしっかり書かれてあるかどうか」ということ。もちろん、求人票には「残業月○○時間程度」などと書かれていることもありますよね。

これらをより掘り下げ、読み取る力をつけることで残業の無い会社に就職できる確率もアップするのです

「求人票に書かれた残業時間」は、いちばん良い状態と考える癖をつけよ

求人票を見ていると、勤務時間〇時~〇時と書いていますよね。これに併せて、残業時間も書かれていると思います。

ハローワークなどで求職活動をされている方は、見たことがあるのではないでしょうか。これは、ネット求人なども同じで掲載されているのでまずはチェックすべきです。

 

ただし、表向きに掲載されている情報が必ずしも正しいとは限らないのは、ぼくも転職を繰り返す中で学んできました。

同時に、掲載されている情報というのは、いちばんその会社にとって都合のいい状態であることがほとんど。

履歴書をこちらの都合のいいように書く話と同じなのです。(都合の悪いことが書けない人のための、履歴書の書き方)

 

つまり、残業の無い会社に就職するためには、「インチキ残業情報」に引っかからないことが重要なのです。ポイントをまとめていますので、チェックしておきましょう。

 

① 「残業アリ」の記載があるなら、残業は覚悟せよ

当たり前ですが、率先して会社側が情報として「残業がある」と知らせているならば残業はあります

これは、前提としてウソが無いように企業が前もって知らせてくれるいい例。当たり前の事なのに、感謝してしまう例とも言えます。

 

残業時間も「月20時間」と仮に書かれていたならば、その時間は良いように書かれていると受け取りましょう。つまり、実質的にもう少し増えると踏んでおいた方が良いのです。

残業が無ければ、「残業が無い」と書いてしっかり良い人材を確保しにくるはずですからね。

 

こういった残業について触れておいてくれる企業なら、入社した後に違いがあっても「話が違う!」と辞めやすい状況も作れるので助かると言えば助かるのです。

辞めないに越したことはないのですけどね(笑)

 

② 目立つ位置に「残業なし」と書かれていると、残業は限りなく少ない

① の真逆になりますが、「残業なし」と全面的にアピールしている会社は、本当に残業が無いのか、あっても少ないということが言えます。

大事なのは、全面的にアピールしているという点。求人サイトなどで、応募タイトルにでかでかと「残業なし」と書かれているなら基本的に信用しても構いません。

 

言っていた話とまるで現実が違えば、せっかく雇ったスタッフも逃げていくわけですから。それだけ堂々と「残業の無さ」を誇れる会社は、まがいなりにも残業は少ないということです

ぼくの勤めている派遣事業所からも、求人依頼を出す際にはこの法則が当てはまっています。企業担当者も、「残業が無い」という事実を誇りに思っているからですね。

求人に目立つように書かれている「残業なし」は狙い目なので、ぜひチェックすべきでしょう。

 

リクナビネクストで検索すると、「残業なし」はこんなにある

試しに、リクナビで検索をかけてみるとよくわかります。キーワードによっては出てこないこともあるので、ここでは「残業」と入れてみます。

これにより、残業について言及している会社が多く掲載されていることが分かるんですね。述べてきたように、都合の悪いことを隠す会社が多い中、しっかり残業に触れているのは好感触なのです。

ハローワークより、残業についてしっかり記載されているので、応募式の求人を利用予定の方はリクナビを活用されるといいでしょう

 

登録はこちらから⇒リクナビNEXT

 

DODAで検索すると、「残業なし」にプラスしてアドバイスを受けられる

DODAも、リクナビ同様に豊富な求人数が目立ちますが、さらに必要に応じてエージェント制度を使うことも可能です。

アドバイザーさんに相談すれば、企業内部の様子をうかがえるわけですから、求人に書かれている残業の事実について聞きやすいのです。

 

ぼくたち派遣営業マンも、派遣スタッフに登録された方には、しっかり企業の残業情報などは流しますので。

リクナビNEXTDODAとどちらも大手の求人サイトなので、大々的に掲載されている「残業なし」に興味があれば利用することをオススメします

派遣営業マン厳選!おすすめ派遣&エージェント





派遣&転職エージェント選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各求人会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事でのモチベーションとなるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要です。

そのため派遣営業マンとして実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んでおります。
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんのレベルが高いDODAのサポートが非常に良いです。

    成長企業の筆頭格であり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため就職しやすいですね。

    もし転職に悩む30代の方であれば登録で見れる非公開案件だけでも聞きにいかれると違います。 資格・スキルがある方はもちろんフリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため充実感は得やすいのでオススメです。

    DODAに登録する
  • リクナビネクスト


    リクナビネクスト

    派遣が中心ではありませんが求人サイト利用者の8割が使っているリクルート系列の総本山です。

    フリーターはもちろん、現役の正社員向けに網羅された非公開求人は登録することで全て見れます。

    ぼくの派遣事業所に来られるスタッフさんのアンケート結果でも良く使っていた求人サイト№1だったので間違いありません。

    登録と同時にリクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断も使えるようになってオトク。派遣以外の通常求人でも就活する予定なら外せないですね。

    リクナビNEXT
  • リクルートエージェント




    リクナビネクストのエージェント版というポジションです。上記2社と同じように、実際にお世話になりました。

    取り扱う求人は少なくなりますが、現職場(ハケン事業所)への求人紹介はここで見つけています。無職だったのですが、経歴なども一緒に作成してもらい感謝感謝。

    上記2社の求人に納得できなければ、抑えとして利用されることをオススメします

    リクルートエージェントに登録する
派遣営業をしていると分かるのですが、やはり大手であるDODAやリクナビのポジションになると条件交渉で優位に立てます。

知名度のある会社ほど、企業側も予算を組んで出してくれるので使わない手は無いです。

スキルや資格を条件に紹介してくれるところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、まずは登録しないと分からないことも多いです。

まずは登録して見られる非公開求人をチェックして、そこから進むと意外と早く仕事が決まるのでまずは行動を起こして良い転職を決めちゃいましょう。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。