ブログ管理人が人材紹介エージェントに実際に足を運びリサーチする

こんなこと、実際に人材紹介の会社で働いてないとやることはないですからね。

ということで関東地方の人材紹介会社で働いているぼくが、会社命令でやっていきますw(スパイになる経緯)

 

「他事業所の特徴を調べるだけ」というの事なので簡単なのですが。

実際に就活している30代の方にもお役立て頂こうとまとめてみました。と言ってもやってることは以下3つです。

  • 実際に転職サイト&エージェントに登録する
  • 求人情報や業種などをチェックする
  • スタッフの対応力やアドバイス内容を判別

こういった情報が気になる30代の方は、転職サイト&転職エージェント探しの参考にして下さいませ。

僕が行ったことがあるところだけ、追加しつつまとめて行きますね

仕事でやってることなので、ハイクラス系の求人エージェントも含まれるのはご了承ください(汗)

30代は何を基準に選べば「理想の転職」が可能になるのか?【3つの目的】

理想の転職をかなえるために、30代では何を基準に選べば良いのか解説しておきます。

普通に働いてこられている方の場合は、以下の3つが転職の目的になるはずです。これらから基準を探すと間違いがありません。

自分がやってみたい仕事内容を重視

30代になって別にやってみたい仕事が出てきた場合は、希望する業種や仕事内容がメインに取り扱われている求人紹介サービスを使う必要があります

求人エージェントも多様化しており、無数の業界を扱わずに絞り込んでいるところも多くあります。

こういったやりたい業種に目星がついているなら、ある程度は絞り込んで利用を目指す方が早く仕事は決まります。

年収UPなど希望収入が増える

年収UPを希望される場合は、主には年収500万を基準として考えて頂ければと思います。個々のスペックにも関わってくる物の、おおよそ年収500万はひとつの壁になるんですね

入社から継続して働いている場合と違い、中途採用で500万をもらおうと思えば、それなりに即戦力になれるかなど力が問われます。

逆に500万未満での年収UPを目指すのであれば、さほど気にせず無理のない範囲で探したのでも十分見つかりやすいです。

マネジメントを含む管理職でのスタートかどうか

30代で転職する場合、過去の経歴から「下っ端から始めるのは嫌だ」という人も少なくありません。そこで役立つのは、過去にマネジメント経験があるかどうかです。

マネジメントができる管理職を経験していたりする場合は、そのまま別の企業でも管理職候補として採用されます

下っ端から働いてもいいというマネジメント経験者もいると思いますが、できればスタートから楽に行きたいのが本心ですからね。

ハイクラス求人ではアピール材料になるので使うべきです。

求人サイト&求人エージェントで転職失敗が続く時の対策

転職活動も上手く行かない時は、対策が必要です。失敗が続く場合の対処策をまとめておきます。

他社にも登録して1社での決めつけをしない

1社の求人サービスに偏って使うのは非常にリスクが高いです。これは人材紹介の世界では当たり前ですが、面倒に思わない範囲で複数社へ登録した方が便利です。

なぜなら、各人材紹介サービスによって扱う求人はまるで異なり、場合によっては希望する仕事がゼロということも考えられるからなんですね。

ぼくも過去に転職してきたり、今現在で人材紹介の会社で働いていたり、他の事業所に登録していると面倒臭いのは理解できるので。

手間と考えるより保険の意味合いで数社だけ登録を増やすべきでしょう

担当コンサルタント、アドバイザーの変更を希望する

人材エージェントを利用している場合、担当コンサルタントやアドバイザーとマッチしていないケースがあります。

例えばですが、担当者によって紹介してみる仕事って実は変わるんですね。

求職者の方を見て、この人には向いている仕事が○○だなと思えば、そこをプッシュしてくれたりします。

 

自分には向いてないと思った仕事でも、なぜか他人に向いていると言われた経験のある方ならお分かり頂けるはず。それだけ、他者の目から見たあなたの特徴は違うということです。

この段階でミスマッチが起きていると、相性の悪い会社や企業を紹介されやすい傾向があるので、担当者をチェンジすることをおすすめします

別のエージェントなどを利用する道などいくらでもありますから。

自分の市場価値について考え直す

転職を考えた時に、ご自身の市場価値が分からなくなっていないか確認してください。例えば、自分は受かるはずなのにと思って受けている会社が全く相手をしてくれなかったら。

そこには、自分の能力や経験が市場価値として足りていないことを指している可能性が高いです。エージェントなどであれば、ある程度は担当者の方が教えてくれるのですが。

ゴリゴリに自分の希望を押している方などは、気づかないまま転職活動をしていたりするのでお気を付けください。

ミイダスなどであれば、簡単な適性検査で市場価値を判断できるので、お試しに使うのもいいですよ。そのまま仕事を紹介してくれる仕組みでもあるので、参考にどうぞ。

実際に利用して分かった転職サイト&求人エージェント別の特徴まとめ

DODAエージェント

  • 求人数、業種は豊富
  • 転職サイトとの連携で便利
  • 一般的に使いやすい人気エージェント
対象地域 北海道、宮城、東京、横浜、愛知、大阪、岡山、広島、九州

就活していたころ普通に使ったのはDODAです。30代向けの求人として、業種や職種の幅は広く、質も良いので満足度は非常に高かったですね

軽くカウンセリングをしただけで、4社も提案をして頂いて応募もしています。4社の内1社しか選ばなかったけど、コンサルタントさんも感じが良く使い勝手も良かったです。

「一般的な範囲」で仕事を決めたい方はちょうどいいです。少し紛らわしいのは「求人のみ」と「エージェント経由」の選択ができる点。

好みに応じて使う事になりますが、個人的には相談した方が早いと思うので、コンサルタントさんとの相談をおすすめします。

リクルートエージェント

  • ハイクラス多数
  • リクルート系列の安定感
  • 年収UPに強い
対象地域 東京、栃木、埼玉、千葉、横浜、北海道、宮城、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡

ぼくが人材系の仕事に就くことになったきっかけは、このリクルートエージェントで紹介されたからです。一般職はもちろん、ハイクラスに寄せた求人も多く扱っています。

年収がすでに4~500万ある方なら、特に気にせず使ってみて大丈夫です。年収650万以上を目指すなら、エグゼクティブエージェントが付くなど、多角的にサポートしてくれるのは嬉しい。

ぼくはたまたま一般職レベルの仕事を見つけられたので紹介している感覚です。どちらかというとハイクラスを目指す方に向いていますね。

少し気になる点があるとするなら、どうせリクルートを使うなら「リクナビNEXT」の方が求人は選びやすかったかなという点。

もちろん、エージェントは相談付きなので、自分のスペックで最大限の給料を狙うならおすすめです

パソナキャリア

  • 求人数は40,000件と業界トップクラス
  • 取引実績16,000社の豊富な求人案件
  • 書類・面接・退職手続きまでアドバイスを網羅
対象地域 関東・関西・東海

だいぶ昔にはなりますが、僕はパソナキャリアを通してデータ入力の仕事をしていたことがあります。今のように働けておらず、自信も無かった頃なので助かりました。

キャリアアドバイザーの方もさすが大手のパソナだけあって、ゆっくり話を聞いてくれ長所に見合う仕事として教えてくれたのは嬉しかったですね。

業界・職種別のチーム体制があるので、専任のアドバイザーさんが配置されているのが強み。

登録者の幅も広く、未経験から応募できるポテンシャル求人もあれば、事業責任者クラスまで扱っているのは魅力です

僕が利用していた頃に比べて、取り扱い求人案件も増えているので、格式の高さみたいなのはさほど感じずに利用して大丈夫になりました。

30代で転職を希望される方が多く使っているので、重宝できる求人エージェントと言えます。

ワークポート

  • 総合転職エージェントとして各業界とのコネクションが強い
  • 未経験者のキャリアチェンジもサポート
  • 大手企業への紹介例多数
対象地域 関東・関西・東海

ワークポートの強みはIT、インターネット業界になります。ワークポート=ITという認識を持っている方も多いんですね。

しかし、ここ4年ほどで急成長しており営業職や、バックオフィス、販売など分野を広げています。つまり、IT企業の紹介だけではなくなっている点は魅力です。

大手企業への紹介事例も増えており、常時15,000件ほどの仕事を紹介してもらえます。高い紹介実績、満足度を考えるとかなり有効な手段になるはず。

僕も実際に登録に行き求人を見せてもらいましたが、40代前半くらいの方までなら仕事に困ることが無いと感じました。

ちょっと困ったのは、担当の方が可愛かった点ですね(汗)僕も仕事で登録してリサーチしている最中でしたが、話していてちょっとテンションが上がってましたw

アイデア・スマート・エージェント

  • 求職者の要望に合わせた仕事のみを紹介
  • 求人事業40年以上の老舗
  • 関東圏での仕事は25万件と豊富
対象地域 東京・神奈川・千葉・埼玉

アイデアスマートは、スタッフさんの対応がとても良かったです。

もちろん、どこもそれなりに好感の持てる対応をしてくれるのですが、何が違うかと言うと要望オンリーでしか紹介しないこと。

エージェントによっては、あまり乗り気でない仕事でもお勧めしている担当者もいるのですが、そういった対応を良く思わないと考えているのがアイデアスマート。

まあ、乗り気でなくても勧められたので働いたという僕みたいなケースの人もいるので、勧められないことが良いこととは言いませんけどねw

自分が持っているこだわりや、仕事に対する譲れない点を伝えると、ピンポイントで押さえた案件を紹介してくれます

ただ関東圏に求人が偏っているのは唯一のデメリットですが(汗)対象年齢は、お話を聞く限り25歳~30代くらいまでの方に向いていると思いました。


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。