携帯が繋がらない時は、自宅電話に連絡してください

携帯電話がつながらない時は、「自宅へ電話」というのは基本的な連絡手段ですよね。ウチの派遣事業所でも採用の合否については、電話で連絡させて頂いております。

 

ですが、携帯に繋がればいいのですが・・自宅にやむなく連絡しないといけない時もあります。急ぎで採用を決めたい会社の場合は、なるべく早く話をまとめないといけないので・・。

その自宅電話の際に、思わぬ落とし穴が待っているケースがあるというお話を書いておきます。最悪、不採用になるかもしれないのでご注意を

自宅電話への採用連絡をして、不採用になったケース

携帯なら間違いなく本人さんが出てくるのですが、自宅になると誰が出てくるか分かりません。その出て来た方の対応によって、ひょっとして不採用になるかもしれないのです。

ぼくが電話で知らせた時のトラブルではないのですが、同僚の派遣営業が連絡したときの話。

 

まず出て来たのは、採用が決まった本人さんのお父さまらしき人。

同僚「もしもし、私○○派遣会社の○○というものです」

お父様「ん??派遣会社~?」

同僚「はい。先日お越しいただいた○○さま(息子)にご連絡がありお電話させて頂きました」

お父様「今は息子はおらんよー、あんた息子の携帯にはかけてみた?」

同僚「はい、携帯にご連絡を差し上げたのですがお出になられなかったので・・」

お父様「もう一回かけてみてくれるー?こっちにかけられても困るがなー」

同僚「はい、かしこまりました。大変失礼いたしました」

ということがありました。自宅電話で連絡を受けることは問題ないのですが、このままこの方は不採用ということになったんですね。

 

折り返しの電話をお願いする前に、またかけ直してというご家族の対応。同僚も頼みにくくなって言えなかったそうです

これだけで?と思うかもしれませんが、なぜ不採用になったのかを書いておきます。

 

家族の対応もチェックポイントになってしまうことがある

これは、同僚のケースで極端な家庭に当たった場合なのですが。この場合、採用になった方の家庭環境を見た時に不安が強くなったことで不採用にしたようです。

これっきりのやり取りでいいなら問題なかったのですが。今後も、携帯が繋がらない時にご家族に連絡することがあったり、採用になった企業サイドから連絡することもあります。

 

そうなった時に、家族の対応から人材の評価が変わってしまうことがあるんですね。少なくとも、このお父様の元にいる状態で電話対応がきっちりできる人材かと言うとビミョウ。

マイナス要素に家族さんの対応で取られてしまうわけです。まだ小さなお子さんならわかるのですが、もう団塊の世代である男性の電話対応としては明らかにナシなので・・。

 

家族さんの対応を通して、携帯では見えなかったことが見えてしまって不採用になったケースでした。企業側に急いで返事が必要だったこともあり、連絡がつきにくいというのは大きな理由だとは思いいます。

 

企業側から採用を求めていても、折り返しの電話も受けにくかったため派遣側で「採用辞退」と扱っていました。

今後の企業さんとの取引の中でも、「ひょっとしたら自宅電話をする際にマイナスになるかもしれない」と抱かせる要素が見つかると不利になることもある。それが起こってしまったわけです。

 

派遣会社としても、「ことあるごとにお父様に電話をすることになる可能性があるのは気になってしまった」など自分は悪くないけど家族の対応一つで・・というのはちょっとキツイ話です

派遣には、こういうこともあるんだなと勉強になりました。

 

電話トラブルを無くしたければ、携帯に確実に出るか家族に伝えておく

今回のような「採用のはずが不採用」にならないためには、まずはしっかり携帯で本人さんが電話にでることです。自宅電話でも大丈夫ですが、面接した会社からいつ・どのタイミングで知らせが来るかは意識しておくべき。

同時に、もし自宅電話で家族さんが出てくるのであれば「会社から連絡が来るので対応は頼むよ」とお願いしておくこと。思うに、この想定が家族に伝えられてなかったのでは無いかとも思います。

実際、奥さんに黙って転職活動している人など、家に電話した時に初めて伝わることも。「ウチの主人の個人情報はどこで知ったのですか?」なんて奥さんから聞き返されることもあるくらいです(汗)

 

そのため、家族さんが電話に出てもテンパらずに求職者に引き継げば問題ありません。もしくは折り返しをきっちりする。これだけで大丈夫です。

よっぽどのことが無いと、今回のようなトラブルは起こらないですからね。

「急な自宅電話で不採用」とならないように、しっかりとした対応で挑むことをオススメしておきます30代転職サイトをまとめていますが、家族の理解を得て行動に移ると安心です。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。