女性は年収が低い男性とは結婚してくれない・・

ぼくの勤める派遣事業は、仕事に関係した相談であればウェルカムな姿勢で運営されています。派遣会社なので当たり前ですが・・w

 

相談の中には、かなりプライベートな話をされる方もいます。男性だと「年収が低いことで、女性との結婚がムリだ」という方など多いですね。

 

ぼくは正社員になって頑張っていれば、ひとまず結婚のラインはクリアしてると思っているので正規雇用を目指すよう助言するのですが・・。

年収も大事ですが、安定した立場で働けるかも重要視されているので、間違いは無いんですけどね。過去にも書いた通りです。(参考:年収より、まずは正社員を目指そう)

 

こう伝えても、「それでも結婚できない」という人は出てきます。ここをお読みの方も、正社員だけでは・・と思っている方もいるかと。

そこで、派遣営業をしながら見ている結婚と低所得の関係をお話したいと思います。男性が抱える年収問題は、どう解決すればいいのか参考にして下さい

「結婚できる=年収が多い」の価値観の人は、総じて結婚できてない

ひとまず、ウチの派遣事業に来られている方で、年収が低くて結婚にハードルを感じている男性は結婚できにくい傾向があります。と言っても、ふつうに年収400万とかの方でも収入に悩んでたりするんですよ。

こういった方は「結婚する人=年収が多い」という価値観なので、かなり偏った考えがあるんですね。女性が求めている収入情報(例えば600万)を信じ込んでいる

 

すると、相対的にじぶんの年収を低く見積もって、自信喪失していたりするんです。「収入が原因」と思っている本人の思考が、いちばん結婚できないパターンを作っているということ。

別に年収200万~300万でも、そのまま結婚されている方もいるんですね。違いがあるとすれば、年収と結婚をかなり混合しているかどうかという点。

 

「結婚は所得に関係なくできる」という世界もあることを知れば、少しは考え方も変わるはず。実際、バイトなどで年収200万切ってる派遣スタッフの男性でも結婚しちゃってるんですよね。

これは派遣の現場だからというより、「年収=結婚」という価値観がリンクしてないカップルだからこそ成立してるわけです

 

とはいえ、年収が低いことを気にする人の価値観を変えるのは容易ではないですよね。そこで、どう動くかをお答えしてきます。2パターンがあります。

 

パターン①収入そのままなら、同レベルもしくは条件を下げた結婚相手を選ぶ

「年収が低いと結婚出来ない」と言いつつも、こういう男性は全く女性に相手にされないことはないんですね。「彼女はいたけど、結婚したいと思える相手じゃなかった」など相談されることもあるのでw

つまり、条件的に選り好みしているケースも多いということです。そうやって女性を物色していると、ゲットしたい女性は収入もそれなりで無いと結婚できそうにない高根の花を見つけていたり・・。

 

結婚とは、周りを見ればわかりますがそこまで格差のある関係って生まれないんですね。収入だけでなく、家柄や学歴や、生活リズムとか。フィーリング。などなどがトータルで決まります。

そこでバランスが取れた関係と、結婚しているというのが一般的。男女どちらかがガッツリ得をする結婚なんて、ほぼ無いですから

 

そのため、こっちが上を望まずに同じくらいのレベルの方と結婚を考えれば早くなります。あまり条件を付け過ぎないという感覚ですね。

もしくは、条件を下げる。「妥協しろ」とまでは言いませんが、収入そのままで・・というなら見直す必要はあります

 

パターン②収入を上げて結婚する道を目指す

 

逆に年収コンプレックスを埋めるため、とにかくお金を稼ぐ道に進む人もいます。こちらもウチの派遣事業では定期的に見かけます。

結婚を考えたいので、今より収入を上げられるところを」と指定されるので。

 

こちらの考えはポジティブで、仕事の環境は変わるけれど、「収入」という問題を稼ぐことで解決しようとする手段。上に向かうスタイルなので、何も問題は無いと思っています。

この間も、フリーターの方が年収200万を400万に上げたいということで転職を決められていました。本人さんが、ゆくゆくは500万を目指すというので歩合制ではあるものの、営業を選んで行かれましたね。

 

営業もピンキリですが、稼げる場所は本当に稼いじゃうので。フリーターという初心者からでもやれる業種なのでチャレンジする彼に期待です。(参考:営業は初心者でも働ける)

このように、収入と向き合う方法はいくらでもあります。

 

まとめ 「低所得」がコンプレックスなら、給料が上がりやすい業種に転職する

解決法としてまとめると、「低所得」をコンプレックスにしているなら給料を上げるしかありません。価値観として、この収入で良いと思えることがベストではあるのですが。みんながそうは行きませんからね。

そのため、解決策としては実際に収入をアップさせることが必要になります。業種的な問題で、収入が上がりにくければ異業種に動くという転職策がいちばんでしょう。

 

ちなみに、先述した年収200万のフリーターの方は、工場労働に進まれました。就労場所さえしっかり選べば、稼げるというのは求人でもわかりますからね。(参考:おすすめ工場求人サイト)

低所得は今の時代はふつうに起こる事なので、じぶんを内面的に変えるか、稼ぐ仕事に変わるか。個々に応じてどちらにせよ変化しないといけないことは確かです。

変化はどちらにしても大変なことなので、ぜひ頑張っていただければと思います。

 

転職に迷いがあるなら、求人サイトよりも派遣やエージェントなどコンサルタントの相談を受けるといいですよ。ぼくも使ったことがあるDODAもしくは、リクルートエージェントがオススメです。


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。