ニートやフリーターといった、社会的に窮屈な思いをしている人たちを見ていると「バカだなぁ・・」と思うことがあります。

そして、このバカな部分があまり無かったから僕は正社員に進めた・フリーターを脱出できたところがあるのです

それは、9割のニート・フリーターは現状を「自分のせい」にする傾向が強い事です。

 

例えば、ニートの方で心療内科などに通院し、メンタル的な病を抱えた人は「自分の心の弱さ」を責めます。

また、勉強などができず学歴社会の下層に置かれた人は「自分は頭が悪い」と責めたり、「もっと勉強すべきだった」と悔やみ続けます。

 

他にも、「ハローワークに怖くて行けない自分」を責めたり、仕事を継続できない「自分の根性の無さ」を嘆いたり。自分の事を責めますよね。

でも、これっておかしくて。そうなるまでの過程が完全に無視されているんですよ。要はみんな、「自分のせい」にし過ぎなんです。

「自分のせい」で現状が流れるほど、世の仕組みは甘くない

ニート・フリーターだから死にたい人もいるでしょう。しかし、そうなるのは「自分のせい」とは言い切れないんですね。

0か100かじゃないんです。そうなるには周りの環境が良い意味でも悪い意味でも必要。「悪い影響」を受け続けたら自分を責めるしか道がなくなるんです。

 

これ、かつての僕だったんですが「自分はダメだ」「俺が病むのは弱いからだ」と自己責任をひたすら追及しました。

でも、これってある種の甘えでもありました。

 

自分に厳しいようで、自分を究極に甘やかしているのです。

「自分のせい」って思えるうちは楽なんですよ。

俺はだめだー能力がないー死にたいーと落ち込むという現実逃避ができます。これが、「自分のせい」にすること。

 

考えてみてください。面接で失敗してもめげずに次を探せる人を。いちいち「自分のせいで落ちた」と思っていたら行動なんてできないですよ。

「ここは俺を見る目がない会社だったな」と会社のせいにしなければ動けません。

 

彼らも口では「俺もしんどいんだ、努力して次の会社に向かわねば」とキレイごとを言ってますが、そりゃみんな自分が努力してるって言いたいんですから。

次に進める時点で、精神的な病みとか絶望とかからはかけ離れています。

 

このようにクソ真面目に、自分の力量がなかったと責めるのは行動停止を促すための「甘え戦略」なんです。

世の中は、自分のせいでどうにかなるようにはなっていません。

僕が正社員に向かい続けたのも、「俺は悪くないし不況社会の政治問題」という前提があったからです。

 

本当に外的要因で人生は決まるから怖い

話せば長くなるので省きますが、生まれた瞬間から人の人生計画・人生設計は始まっています。

これは自分では作れません。周りにいる大人が、あなたに対して色んな事を教えるわけですから。教えない人もいますが・・。

 

おもちゃにしろ、教育にしろ、やりたい事を与えられ選択肢を増やす人・増やせない人。褒められる人・褒められない人で自信に影響します。

何かをやると行動を評価され、常に探求心や好奇心を満たす人と、すぐに「そんなのは無理だ」とストップをかけられる人。

 

挙げれば切りはないですが、人として成熟するための土台は他者から受け取るものです。

人間関係もそうでしょ?たまたまいい人に巡り合えて、仕事の楽しみを知りながら働ける人もいれば、ゴミパワハラ上司の元に就職して仕事を大嫌いになる人。

 

これらは、ランダム人生では誰にでも起こり得る事象なので、これらを込みで考え受け入れろという人もいます。

しかし、そういう人は自分がそういった中で成功しているからこそ言えるんですよ

 

僕もここで、偉そうに言ってますが偶然ながら周りに恵まれて働けているからにほかなりません。

外的要因で人生が決まるというのは本当です。特に負のスパイラルにはまる9割のニート・フリーターは何らかの影響が悪く作用しているだけです。

 

「周りが悪かったのかな」と考えると、自分に向き合えないという人もいますが、向き合い続けた結果に自分を責めて止まっている人が多いのです。

無責任に「向き合わせる」だけでは意味がありません。向き合うというのは、「自分の置かれた現状を肯定的に見る」からこそできるんですよ

 

僕も「周りのせいにしろ」といいつつ、今は自分を肯定しているので向き合えるんですね。

「正社員として働きつつ、収入を増やすには頑張らないと今のままでは努力が足りない」とかね。

 

これは、自分がひとまず安定して給料を得ているからできることなのです。

環境的に余裕がないのに、不健全な場で自分に向き合うだけで収穫は少ないのです。いうなれば不衛生な場所で食事しているようなもの。

おいしく食べられる環境で食べてこそ、身体にいい作用があるというものですよ。

 

一つアドバイスを残します。実は、真面目に抱え込み過ぎがちな経歴。

これもまた、フリーター職務経歴書テンプレを使うなどして「真面目に書かねばダメなんだ」というマインドを溶かす方法などもあります。

何かあっても「ネットに書かれてあった方法のせい」と思えたら、何ごとも気楽になる。そういう感覚で就活する、生きていく姿勢も頭に残しましょう。

派遣営業マン厳選!おすすめ派遣&エージェント





派遣&転職エージェント選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各求人会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事でのモチベーションとなるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要です。

そのため派遣営業マンとして実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んでおります。
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんのレベルが高いDODAのサポートが非常に良いです。

    成長企業の筆頭格であり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため就職しやすいですね。

    もし転職に悩む30代の方であれば登録で見れる非公開案件だけでも聞きにいかれると違います。 資格・スキルがある方はもちろんフリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため充実感は得やすいのでオススメです。

    DODAに登録する
  • リクナビネクスト


    リクナビネクスト

    派遣が中心ではありませんが求人サイト利用者の8割が使っているリクルート系列の総本山です。

    フリーターはもちろん、現役の正社員向けに網羅された非公開求人は登録することで全て見れます。

    ぼくの派遣事業所に来られるスタッフさんのアンケート結果でも良く使っていた求人サイト№1だったので間違いありません。

    登録と同時にリクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断も使えるようになってオトク。派遣以外の通常求人でも就活する予定なら外せないですね。

    リクナビNEXT
  • リクルートエージェント




    リクナビネクストのエージェント版というポジションです。上記2社と同じように、実際にお世話になりました。

    取り扱う求人は少なくなりますが、現職場(ハケン事業所)への求人紹介はここで見つけています。無職だったのですが、経歴なども一緒に作成してもらい感謝感謝。

    上記2社の求人に納得できなければ、抑えとして利用されることをオススメします

    リクルートエージェントに登録する
派遣営業をしていると分かるのですが、やはり大手であるDODAやリクナビのポジションになると条件交渉で優位に立てます。

知名度のある会社ほど、企業側も予算を組んで出してくれるので使わない手は無いです。

スキルや資格を条件に紹介してくれるところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、まずは登録しないと分からないことも多いです。

まずは登録して見られる非公開求人をチェックして、そこから進むと意外と早く仕事が決まるのでまずは行動を起こして良い転職を決めちゃいましょう。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。