一生懸命に就活しているんだけど、なかなか仕事が決まらない!

こう感じつつも、仕事を探している方がいます。ぼくも、何度も何度も面接を受けて落とされていた頃は、同じような気持ちになりました。

ブログ書いてましたけど、去年の就活でもふつうに病みかけてましたので(汗)

じぶんの能力って、そんなに評価されないもんかね?」とか、自暴自棄になりそうで。

 

こういう方は、単純に一人で悩みを抱えているケースが多いです。そして悩みを抱えてしまう場合は、一人どこかの求人サービス担当者を付けた方が良いでしょう。

この「担当者」というところがポイントで、つけるべきメリットを書いておきます。もう担当さんはいるよ?という人にも、役立つお話です。

担当者がバラついてませんか?

仕事が決まりにくい人は、じぶん一人で就活をしている可能性が高いです。仮に、ハローワークや、派遣会社で担当者の方がいても、関係が密でなければ担当者というには無理があるのです。

基準は、じぶんが相談に行った際に、「ああ!○○さんですね!」と覚えられているかどうかです。

ハロワに行って、派遣に行って、転職サイトに行って。いろんなところで探す方が、なかなか担当者さんと連携が取れていないケースもあるんですね。担当者側も、密に会わないので忘れるというループ・・

もちろん、色んなところで仕事を探せば、それに応じて見つけられる仕事の分野が広がるのですが。

 

「様々なところで、ある程度の仕事量」から選びたい人にはいいのですが、単純に就職したい時には足かせになっていることもあります。それが担当者との関係構築の不足になっているということ。

そのため、「この人」と決めて就職を目指すと、すんなり決まる方も多いです。では、担当を絞るメリットを3つ述べますね。

 

1 担当者にも適度なプレッシャーが掛かる

担当さんを固定すると、当然ですが関係が密になります。時々しか会わない人と、頻繁に来る求職者では見方も変わりますよね

たとえば、ぼくの働いている派遣会社であれば、同じ人が1ヵ月もずっと通わなければいけないというのは問題なんですね。

 

なぜなら「仕事を上手く提供できていない」というレッテルを張られる可能性があるからです。もちろん、個人と個人の付き合いとしても、「仕事を紹介しなければいけない」というプレッシャーが掛かります。

こうなると、必然的に人間ですから一生懸命に応援したくなるもの。頻繁に顔を出して、担当者と打ち合わせて二人三脚する姿は、ヒット作を世に送り出したい漫画家のような状態です。

お互いが、適度な緊張感で仕事を探せるというメリットを活かすのは大きいですよ。

 

2 求人サービス登録に行った人だけが知れる非公開求人のおいしさ

また、「非公開求人」は直接足を運んでくれている人にだけ見せている派遣会社は多いです。登録しても、電話やメールだけだと教えてくれなかったり。

求人サイトであれば、登録者に見せていく形ですが、事業所を構えているところは「来た人」に限定しているのです。

 

足を運んでやってくる=働く気マンマンなので、担当者もどんどん出しやすいんですね。

非公開求人は、求職者に登録してもらいたいとか、来て欲しいという意味に思われがちですが、実は違うんですね。

ムダに見せないのは、他社に取り扱っている求人を見せない意味もあるのです。

「あっちの事業所で扱っているなら、こっちで扱っていただいた方が良い人材を紹介できますよ」というアプローチで仕事を奪う企業もいるので。どことは書けませんが・・(汗)

何度も足しげく通ってくれる人は、邪険に扱えないわけです。そのため、固定して会いに行くだけで「美味しい非公開求人」が手に入るというのはよくあると覚えておきましょう。

 

3 通う事そのものが、自己アピールになっていく

最大の強みは、担当者の元に通い詰めてしまうとその段階でアピールができてしまうことです。このアピールで突破できる求人が増えてきます。

たとえば企業側からは、希望条件を提出されます。そのため、担当者としては「条件に一致した人材だけ」を企業にお伝えすることしかできません。

 

こうなると「条件とは違うけれど、良い人材がいるから採用してくれ」というのは、担当者側の押し売りに近い状態。企業も、人材を押し売られるなら逃げていくため、原則こういった活動はダメなのです。

しかし、担当者も「この人物は!」と思う時には、あえて「紹介してみたい人材がいる」という伝え方をするんですね。(もちろん、人材が不足しているからこそ、条件から外れていてもおすすめしてみるのですが)

 

その時に、「熱意があり仕事探しをずっと続けている人物がいる・・」と紹介してもらいやすくなります。

機械的に派遣会社から派遣される人の中には、「とりあえず仕事をやっておけばいいや」ということも多いので、熱意は企業も歓迎してるんですね。

 

ぼくの派遣事業所でも、昨年末に頑張っていた方がいたのですが、担当している先輩が「ずっと通い詰めていてやる気のある人だから・・」と企業に電話して伝えていました。

年明けしても、仕事をすぐに探しに来られたので熱意は確かなものでした。このようなケースは、人と人がマッチングするサービスでは往々にしてあるものです

 

今回は、担当者との関係について書いてきましたが、「密度の濃い担当者についたことが無い」という方は、担当を絞ることをお勧めします。

「ここで就職してやるんだ」という強い気持ちを持っていれば、必ず助けてくれるのです。

派遣会社を中心にして、キャリアコンサルタント・アドバイザーなどに相談に行ってみてはいかがでしょうか。おすすめは、当サイトの派遣ランキングをお使いくださいませ。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。