夜勤手当の分だけお給料は高くなりますよ

どこも同じなんですが、夜勤に入らなければいけない仕事は夜勤手当が付きます。

ぼくも特別養護老人ホームで働いていましたが夜勤を経験しました。

 

今にして思えば、夜勤はニートやフリーター期間があったぼくに取ってはいい経験。

スキルや能力が無い身分だったので、収入を補う意味で夜勤があることでお金も増やせました。

そんな夜勤シフトのある仕事ですが、もし経験できるなら30代の間にやっておくべき理由をまとめてみます。

夜勤シフトを30代の間にやっておくべき理由

夜勤の仕事って関係ないようで世の中には多くあるんですね。

ぼく自身も働いた介護施設などはそうですし、夜間工場や警備の仕事など多岐にわたります。

 

30代で仕事を探し始めると、やはりお金も欲しいという事で選択肢に入れる人もいらっしゃるかと。

今のぼくは派遣事業所で働いていますが、夜勤手当がつく仕事の紹介も頼まれますので。

 

理由① 体力的な問題

夜勤をやるのは体力的にしんどい面もあります。

「夜勤手当がつく」というのは、法律で決められていることもあるんですが体力が何より必要な仕事だから

 

夜中に働き朝帰って寝るというのは、リズムさえ作れたら楽なんですがそうもいかないことはあります。

そこで体力が整えられない場合、最終的には年齢との相談。40代くらいまでは夜勤をやってる方も多いですが、50代はなかなかしんどそう。

 

そういう意味でも、30代の間に夜勤のある仕事を試しておくのもアリ。

実際にやってみないと分からないところはありますが、上手く適応できれば割高なお給料が貰えるので。

体力がある年代は平均的に30代くらいまでと仮定すると、ちょうどベストな時期とも言えます。

 

理由② 夜勤手当で労働時間に対して効率よく稼げる

日勤と比べるより夜勤は効率的に稼げます。

日勤だと時給1000円とかでも、夜勤なら数百円プラス査定してもらえているので

 

ぼくの友人にも、ドライバーで夜勤をやってる人がいます。

日勤より効率的にお金を稼げるので、奥さんにも勧められてるようでw結婚とかを考えるとやはりお金がいちばん。

30代から始めていたので、体力的にも慣れて効率的に稼げている様子。日勤だけだと、同じ時間を働いてもお金が少ないということで彼は張りきってますね。

 

理由③ 夜勤の仕事はしんどい時も一体感で乗り切れる

夜勤をやると仲間内で結束が生まれるのも大きいです。

「寝ずに頑張っているじぶんたち」という苦労を共有できるので、少しくらいしんどい時にも一体感で乗り切れます

 

日勤でしんどそうにしていると、「シャキシャキ働いて!」と周りから言われることはあっても夜勤だと少し違うんですよ。

「みんな寝てるから頑張ろう!」とか言われたり(笑)

 

謎のテンションになるので、働いている側も昼間よりガッツが出る事も多くなります

まあ、しんどいのでその場しのぎですが。やってみると分かるのでオススメですね。

 

まとめ 夜勤経験をするなら30代の間に

30代向け転職ブログだから言う訳ではありませんが、やはり30代の間に夜勤を経験しておく方が後々有利です。

40~50代でも夜勤のある仕事に採用はされますが、全く夜勤のしんどさを知らないままだとどうしてもきついですよね。

体力的に心配になったりするかもしれません。

 

そういうトラブルも、30代の間に経験しておくと後々になって助かるケースもありますから。

将来、仕事が無くなっても夜勤は無くならないでしょう。

派遣事業所にも夜勤職はいくらかありますが、あえて選ばれる40代以降の方は過去に夜勤経験者だったりします

 

夜勤のある仕事もメリットに目を向ければ道は開かれますから。

日勤を希望する人が大半なので、仕事の競争率も低く狙い目。

もし夜勤に興味がある方は、求人サイトに登録すると見られる「非公開求人」をチェックされることをオススメします。

リクナビNEXTなどであれば、好条件の夜勤職が見つかりますよ

派遣営業マン厳選!おすすめ派遣&エージェント





派遣&転職エージェント選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各求人会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事でのモチベーションとなるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要です。

そのため派遣営業マンとして実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んでおります。
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんのレベルが高いDODAのサポートが非常に良いです。

    成長企業の筆頭格であり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため就職しやすいですね。

    もし転職に悩む30代の方であれば登録で見れる非公開案件だけでも聞きにいかれると違います。 資格・スキルがある方はもちろんフリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため充実感は得やすいのでオススメです。

    DODAに登録する
  • リクナビネクスト


    リクナビネクスト

    派遣が中心ではありませんが求人サイト利用者の8割が使っているリクルート系列の総本山です。

    フリーターはもちろん、現役の正社員向けに網羅された非公開求人は登録することで全て見れます。

    ぼくの派遣事業所に来られるスタッフさんのアンケート結果でも良く使っていた求人サイト№1だったので間違いありません。

    登録と同時にリクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断も使えるようになってオトク。派遣以外の通常求人でも就活する予定なら外せないですね。

    リクナビNEXT
  • リクルートエージェント




    リクナビネクストのエージェント版というポジションです。上記2社と同じように、実際にお世話になりました。

    取り扱う求人は少なくなりますが、現職場(ハケン事業所)への求人紹介はここで見つけています。無職だったのですが、経歴なども一緒に作成してもらい感謝感謝。

    上記2社の求人に納得できなければ、抑えとして利用されることをオススメします

    リクルートエージェントに登録する
派遣営業をしていると分かるのですが、やはり大手であるDODAやリクナビのポジションになると条件交渉で優位に立てます。

知名度のある会社ほど、企業側も予算を組んで出してくれるので使わない手は無いです。

スキルや資格を条件に紹介してくれるところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、まずは登録しないと分からないことも多いです。

まずは登録して見られる非公開求人をチェックして、そこから進むと意外と早く仕事が決まるのでまずは行動を起こして良い転職を決めちゃいましょう。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。