蔦屋のセルフレジって、客観的にブラック労働に近くないですかw

僕は漫画が大好きで、レンタルで済ませれば安く読めると思って利用しているんですけどね。

そんな中で、ツタヤがセルフレジの導入に進んでいます。「ポイント2倍になるから使ってくれ」とカウンターで言われるわけです。ポイント2倍となると、お得感はありますからねw

しかし、このセルフレジ。ポイント2倍だからと乗っかると、ブラック企業で労働させられているような気分になるんですよ

というのも、ポイント2倍と言っても、実質的に貰えるのは、微々たる量に過ぎないからです。

そこで今回は、ツタヤのセルフレジを利用している人は、「1分で3400円の会計をしないと割に合わない」という話をします。

セルフレジは、労働に対する見返り発生装置

なぜ「ポイント2倍くらいだとブラック労働だ」と言い切れるのかと言うと、セルフレジは労働に対する見返り発生装置だと考えるからです。

ツタヤスタッフの代わりに、会計処理を行うことになる

まず、ツタヤではレジに行けばスタッフの方が会計処理を行いますよね。

それに対して、セルフレジになると、あなたが自分で操作を行う必要があります。

これはつまり、スタッフの代わりに働かされるという認識になってもおかしくありません。せこいけどw

言うなればレジ業務を、お客さんにやらせるということなので。

セルフシステムの業態は他にもありますが、セルフにするなら相応の見返りが無いと納得できません。

見返りとしてポイントで支払うというシステム

そこで見返りになるのが、ツタヤの場合はポイント2倍という考え方。

200円につき1ポイント(1円相当)なので、例えば1000円分の会計をすれば、5ポイントが余分に貰える仕組みになります。

この見返りが、果たして適切なポイントかな?と考える必要があるんですよね。

あなたの時給価値VSセルフレジの2倍ポイント

ここで計算ですが、セルフレジを使うなら、あなたの時間をある程度奪われる覚悟をしないといけません。

例えば、時給1000円で働いている人がいるとします。これを、分給に直すと・・

時給1000円÷60分=16.6円(四捨五入で約17円)

つまり、1分で終わるセルフレジの場合は、17ポイントはつかないと、あなたの時給に見合わない労働をさせられていることになります。

 

しかも、1分で終わらなければ、さらに時間を取られてしまいますよね。仮に3分かかったら、17円×3分=51円という計算。

正直、17円分のポイントでさえ、一度の利用ではなかなかつかない計算です。

17ポイントをもらうなら、3400円の計算ですからね

レンタルでこんなに使う人は、そもそも少数派。しかも3400円分を1分で処理できるかというと・・かなり厳しいです。

 

【セルフレジ利用でお得になる条件をまとめると以下3つ】

  1. 時給1000円の人は、1分あたり17ポイント貰わないと割に合わない
  2. 17ポイントは3,400円分のお会計をする場合のみ貰える
  3. 1分以内に会計を終えないと、残りはサービス残業に

もはや無理ゲーとしか言いようがないですよね。

そもそも利用金額が少ない方ほど、レジを通してさっさとやってもらったほうが良いでしょう。

バーコードがなかなかスキャンできず、やり直して何度も・・とか。面倒臭すぎですよ。

時給が700円だったら?

ちなみに、田舎だし時給1,000円もないという方もいますよね。そこで時給700円で分給計算してみました。

700円÷60分=11.6円(四捨五入で12円)

12円なら、1分間に2400円の処理を行えたら得という計算です。まあ、2400円もの会計処理を、1分で終えるのはかなり厳しいと思いますが(笑)

結論 ツタヤのセルフレジは、あなたの時間給を超えることはない

いやー・・、なんでこんなことを書いているのかと言うと、ツタヤがセルフレジになってからというもの、毎回のようにレジで「ポイント2倍になるのでいかがですか?」と言われるようになったからなんですね。

昨日もツタヤを使ったのですが、「よろしければレジ操作をお教え致しますよ?」と言われまして。仕事で疲れてるから、さっさとレジに並んで済ませたいのに・・。

当然ながらブラック労働になるので「ここでお会計をお願いします」と伝えるのですが、あからさまに不満な顔をされたんですよね。

 

それなら最初から「セルフレジしか置かないことになりました」というシステムにすればよくね?と思うのですが。

「セルフレジで少しでも仕事の手間を客負担させたい」という思惑を感じています。

 

ツタヤもこのシステムで広がっていけば、かなり美味しいんでしょうけど。

「ポイント2倍なのでレジを使いましょう」と、お客さんに得をさせた気にさせつつ、さらにツタヤは儲かるわけなので。不満を書きましたが、それでも僕はツタヤを使いますw

みなさん、セルフレジを使われていますか?もしご意見があれば、お聞かせ下さい。


★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。