フリーターを抜けて介護職をしている僕ですが、ずっと介護を続ける気はありません正社員促進ブログをやっている身でありながら、こういった考え方をしているのにはれっきとした理由があるからです。

それは、これからの時代は「同じ仕事を継続する=首を絞め続けること」でしかないと考えているからです。ひと昔前なら、同じ会社で働く人は真面目で勤勉な性格とされていたのでしょうが、今はちょっとバカだと言われても仕方がない。終身雇用がなくなった今、同じ会社でやるメリットなんてないんですよ。

また、今やっている仕事が3年後、いや1年後もきっちり回ってくるかわかりません。

というのも似たような仕事、同じような仕事が続くというのは長期的に見ると「同じような人材が増える」という意味なのですよ。例えば僕の働いている介護は、継続して10年。それだけやっても、周りと格別の差をつけるほどスキルが伸びるわけでも、知識が増え続けるわけでもありません。ましてや年収も100万上がればいい方。

根本的には同じようなことが続くでしょう。これの何がまずいいのか、ましてや一社に勤め続けることなどというのは、これからの時代どれだけ危険なことなのかを書いてみたいと思います

みんながプロ野球選手になれない

こういうと申し訳ないですが、現在正社員で働いている人の危機意識は絶望的に低いです。昭和的価値観の人が多いと言いますか。「一社で勤め続けていれば、将来はなんとかなる」と思っている人が多いんです。

先ほど書いた通りこれから似たようなことしかできない人材は、いつか淘汰されていくことになるにも関わらず。フリーターも正社員も関係なく、同じ仕事を追求しても、その中では秀でた人しか残れません。

さんざん言われていますが、会社組織で出世しても、そこから上の立場につける人は限られていますから。

例えば野球選手を目指す子供たちは、いつかは壁にぶつかります。プロに行ける子は一握りだという人がいますが、これは実社会でも同じ。同じことをしていてトップに行ける人は限られるんですよ。

僕も介護を続けていても、ある一定のラインで天井が見えるわけです。どれだけ頑張っても、施設長や施設経営まで。働く目的である金銭は豊かになるかというとそうでもない。前述したとおり似たような人材の中でしのぎを削るって苦しいですよね。

ではどうすればいいのか?

これは、フリーターも正社員も関係なくできることなので書いておきます。

これからの時代は、職業スキルの掛け算が収入に直結する

この話を書こうと思ったのは、近所にあるバーのマスターと話していて気がついたことがきっかけです。

バーのマスターは50歳くらいのおじさんなのですが、30代くらいまではずっとスーパーで働いていたそうです。しかし仕事に飽きたという理由で、せっかくチーフになっていたのに辞めたとのこと。

そこから40代にかけて酒屋で勤務。お酒も好きで、体力にも自信があったのでお酒について学びながらがむしゃらに働いていた経歴です。一聞すると長続きしないオッサンなのですが、ここに来て過去にやってきた仕事とやりたい事がつながるようになったといいます。

「お店を出したい」という夢があったそうで、何の店をやるかは決まってなかった様子。しかし、スーパーの時代は青果という野菜や果物を扱い、専門知識を高めていたこと。

また酒屋でお酒について詳しくなっていたことがミックスされ、ひらめいたのが「美味しい野菜・旬な野菜を提供するベジタブル・バー」だったのです。

「人生の掛け算になった」と彼は言いますがまさにその通りで、彼が仕事を分散させたことで夢をかなえることに成功しています。今は、若手のアルバイトを雇い入れマスターとして経営して、収入も伸びていると嬉しそうです。

昭和的な価値観で、スーパーを継続していたらどうなったでしょうか?酒屋に転職してスキルを分散させ掛け合わせたことで仕事に幅ができ、オーナーとしてバーを経営できるようになったのです。

正社員生活が長いよりも、フリーターや転職歴が多いというのもスキル

ここでお伝えしておきたいのは、フリーターも決して無駄な仕事をしているわけではないという事です。フリーターとして掛け合わせられる仕事を経験すれば、過去と現在を繋げることも可能です。

これは正社員として真面目に同じ仕事をしていると見えない境地です。そういう考えもあり、僕はある程度のことは介護の世界で学び、満足するスキルを手にすればあえて別に進もうと思っています。

たとえば、僕はパソコンが好きですがパソコンに絡めて、介護の世界と繋げる仕事をやってもいいと思います。お年寄りはこれから増えますが、そういった方が困ったときに頼める身近なパソコン教師になることも可能です。

パソコンスキルを極めるのは難しくとも、お年寄りに対する対応などは普通のパソコン教室の先生よりは自信があります。このように掛け合わせることを意識しながら働ける人材が、これからは必要とされるのです。

派遣で働くぼくが選ぶ!おすすめ派遣会社ランキング





派遣選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各ハケン会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事をする上でのモチベーションになるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要なのです。

そのため派遣会社で実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んだのでご活用いただければと思います。
  • パソナ




    非常に強い人材派遣の会社です。 ぼくもお世話になった経験がありますが、用意されている求人の報酬がとてもよかったのを覚えています。

    大手ゆえに、他事業に負けない規模でスタッフが集まるため、 企業側も信頼して高時給でパソナを通していることが多いのです。

    派遣登録に迷うのであればパソナは抑えておいて損はないでしょう。大手から抑えることは、仕事選びの鉄則とも言えますね。

    ちなみにパソナで働いていたスタッフさんが、ぼくの派遣事業所にくることもあります。 希望を伺っていると、やはり高時給の案件を扱われていることがわかるんですね。

    派遣の相場を知る意味でも、まずは比較材料にもなるパソナに行ってみることをオススメします。

    パソナキャリアに登録する
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんにお世話になるのですが、DODAのサポートも非常に良いです。

    成長企業の筆頭格でもあり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため利用しやすいですね。

    ぼくは残念ながら、不採用になった経緯しかないのですが・・(汗)

    ふつうにお勤めの方で30代の方であれば案件だけでも聞きにいかれると良いでしょう。資格や、スキルがある方は特に有利になってきます。

    フリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため気になる仕事があれば選ばれることをオススメします。

    DODAに登録する
  • リクルートエージェント




    こちらは、ぼくが就労を決めるきっかけになったリクルートエージェントです。

    まともな経歴が、介護くらいしか無かったので、今にして思えばマグレで採用された感じなのですが(汗)

    親身に電話相談を受けて下さったので、救われたという感覚です。

    気になるフリーターとしての転職の多さがマイナスにならなかったので、まずは話してみることが大事だと思いました。

    リクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断なども使えるようになります。 派遣以外の通常求人でも就活するならアカウントを取る意味でも損が無いので魅力が高いです。

    リクルートエージェントに登録する
  • 4位 ヒューマンリソシア




    ヒューマンリソシアも全国区で、社員さんの質が高いです。ぼくも実際に20代の頃にお世話になりました。

    取り扱う求人も多様で、当時は大手企業への紹介をしてもらえました。 無職だったのですが、経歴などは一緒に考えて作成してくれました。

    面接の練習など、時間を作ってもらって頑張ったのは思い出です。

    ヒューマンリソシアに登録する
同じ派遣先でも、紹介してもらえる派遣会社としてもらえない会社などもあります。

スキルや資格を条件に紹介するところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、ある程度の会社は見てみないと分からないこともあります。

いくつか登録して話してみる中で、必ず相性のいい派遣会社が出てくるので、しっかり探していただければと思います。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。